高品質のCBDやCBDオイルの見分けるポイントを紹介!注意点は?

高品質のCBDやCBDオイルの見分けるポイントを紹介!注意点は?

病気の改善や健康維持に期待が集まるCBDオイルですが、日々使用するという意味で高品質な製品を選ぶことが重要になってきます。高品質なCBDオイルを見分けるポイントや購入前の注意点について解説し、おすすめの高品質のCBDオイルも紹介します。

CBDやCBDオイルとは?

CBDオイルの魅力
CBDはカンナビジオール (Cannabidiol) の略称であり、主にカンナビス・サティバ (Cannabis Sativa) という麻の植物から抽出されるカンナビノイドと呼ばれる天然成分の一種です。

カンナビス・サティバは「大麻」と呼ばれることもあり、マリファナの原料としても使用される植物です。

ご存じかと思いますが、日本では大麻取締法によって大麻を厳しく規制しています。実際に、大麻を所持していたとして著名人が逮捕されるなどのニュースがよく流れます。

しかし、CBDは大麻に含まれる成分ではあるものの、CBD自体は法律上大麻には認定されていません。

そのため、規制対象にはなっておらず、CBDが含まれる製品を日本で所持・使用しても違法にはなりませんので安心してください。

また、日本ではマイナスのイメージが強い大麻ですが、海外では医療大麻として治療目的で使用するなどの例もあり、使用の仕方によっては生体にプラスに働くという意見もあります。

CBDはカンナビノイドの中でも、特に良い効果が確認されている物質です。

精神のリラックス効果、抗炎症作用、痛み・かゆみの緩和、内臓機能の促進、血圧・循環器系の調整など、実にさまざまな生体機能に作用します。

その理由は、CBDが生体のあらゆるところで働くエンド・カンナビノイド・システム (ECS) に作用するためです。

ECSはさまざまな生体機能や恒常性の維持に貢献するシステムと言われており、CBDはその働きを促進することで、心身にプラスの効果をもたらしているのです。

さらに、そのようなCBDの作用は、多くの病気の症状を改善することも知られています。

うつや不安障害、不眠症、てんかん、関節炎・リウマチ、アトピー性皮膚炎、がん治療など実に多くの症状への効果が期待されています。

日本では大麻は禁止されていますが、CBDは認められています。そのため、何か病気などの症状に悩まされている方が、それを緩和する目的で個人的にCBDを使用しても問題はありません。

また、そこまで深刻な症状でなくても、仕事の疲れやストレスを癒したい、ちょっとした身体の不調を緩和させたい、といった日々の健康維持の目的でCBDを使用することもできます。

現在、CBDを摂取しやすいよう、さまざまなCBD製品が開発されています。

CBDオイルはその代表格と言えます。

CBDオイルは、CBDを天然由来のキャリアオイルに配合しており、健康食品に分類されている製品です。

高品質のCBDやCBDオイルはどんなもの?

このように、病気の症状改善や日々の健康維持に役立つCBDやCBDオイルですが、安心・安全に使用するためには、高品質な製品を選ぶことが大切です。

しかし、どんなCBD製品が高品質なのか、特に初心者には分かりづらいと思います。

そこで、まずは高品質なCBDオイルとはどのようなものなのかを解説します。

CBDの純度が高いことが前提

当然のことですが、目的とする摂取物であるCBDの状態が良いことが絶対条件です。

CBDの抽出時に、その構造が壊れず安定した状態で配合されているかどうか、CBDオイルを購入・摂取するうえではまず気になるところでしょう。

しかし、健康食品であるCBDオイルには、他にも高品質であるための条件があります。

農薬・重金属などの不純物が含まれていない

CBDオイルは口から取り込む製品ですので、身体に悪いものが入っていないかどうかがポイントになります。

CBDの抽出に使われる麻の栽培に農薬が使われていないことや、製造過程で重金属などの危険物が混入していないことは、品質の高さを論じるうえでは外せないでしょう。

THCには要注意!

CBDとTHCの違い
農薬などの不純物もそうですが、CBDオイルに絶対入ってはいけない物質があります。

それはTHC [Tetrahydrocannabinol; テトラヒドロカンナビノール] です。

THCはCBDと同じカンナビノイドですが、マリファナの主成分でもあり、摂取すると精神活性作用 (「ハイ」になる作用) をもたらします。

日本ではCBDは認められているものの、THCが配合された製品は所持しているだけで違法となってしまいます。

しかし、先述の通りCBDもTHCも麻から抽出される物質であり、海外ではTHCが合法であったり少し含まれているだけでは違法にはならない国もあります。

そのため、CBD製品にTHCが含まれてしまっている可能性は十分にあります。

以上のことから、日本でCBDオイル使用するならば、THCが入っていない製品を選ぶことは必要不可欠と言っていいでしょう。

CBDの効果をより発揮するアントラージュ効果

高品質の定義とは少し異なるものの、CBDには効果を高められるアントラージュ効果と呼ばれるものがあります。

具体的には、CBDは単体でも効果はありますが、カンナビノイドの性質として他のカンナビノイドやテルペンといった麻由来の成分と一緒に摂取した方が、より高い効果を得られるという性質です。
例えば、CBDのみを摂取していった場合、ある程度の摂取量までは効果は上がっていきますが、一定量を境に効果の大きさは横ばいになっていきます。

つまり、摂取量に応じた効果の効率は下がっていくことになり、グラフにした時の形状からこれを釣鐘効果と呼んでいます。

一方で、他のカンナビノイドやテルペンを同時に摂取した場合は、効果の上限はなくなり摂取量に応じた効果が期待できるようになります。これをアントラージュ効果といいます。

したがって、より大きな効果を期待したいのであれば、CBD以外の麻の成分も一緒に配合されているCBDオイルを選ぶのが良いでしょう。

ただし、このような他のカンナビノイドが含まれているCBD製品を選んだ場合、THCが配合されている危険性があるなどのリスクが伴います。

日本ではこれらの分類が曖昧となっていることがありますので、よほどCBDを使い込んでいる人でない限りは、まずはCBD単体での効果を実感してみるのが良いでしょう。

天然由来・食用のキャリアオイルが使われている

CBDオイルのキャリアオイルには、MCTオイル、オリーブオイル、ヘンプシードオイルなどの天然由来の食用オイルが使用されています。

キャリアオイルにエッセンシャルオイルを使用しているものもありますが、それは一般のCBDオイルとはまた異なるCBDエッセンシャルオイルという製品です。

エッセンシャルオイルは (飲む健康法もありますが) 一般的には食用ではなく、アロマテラピーやマッサージに使用するものです。そのため、専門家の指導なく口から摂取することはしないようにしてください。

CBDオイルは健康食品です。安心して摂取できるように、天然由来で食用のオイルが使われているものを選ぶようにしましょう。

高品質なCBD製品が生産されている地域とは?

ヘンプの畑
ここまでで、高品質なCBDオイルの条件を紹介しましたが、実は産地によってもCBD製品の品質の程度は変わってきます。

そのため、高品質なCBD製品が多く作られている地域で、CBD製品を探した方が品質の良い製品に出逢う確率は高くなります。

そのような地域としてまず挙げられるのが、アメリカのコロラド州です。

アメリカはCBD大国として有名ですが、中でもコロラド州は以前から大麻に対して寛容な地域として知られ、質の良い麻の開発に力を入れています。

また、今や世界的になりつつあるCBDビジネスの波、グリーン・ラッシュの先駆けとなった地域でもあります。

そのきっかけになったのは、難治性てんかんの発作に苦しむ少女、シャーロット・フィジーをCBD配合の大麻オイルが救ったことでした。

週に最大300回も発作に見舞われていた彼女でしたが、CBDを摂取してから症状が劇的に改善し、2020年4月に13才で亡くなるまで発作はほとんど起きなかったといいます。

そのような素晴らしいCBDオイルを製造しているシャーロット・ウェブ社をはじめ、アメリカ・コロラドでは高品質なCBD製品を製造しているメーカーが多数あります。

アメリカにおけるCBD製品の浸透とヘンプ産業の爆発的な拡がりアメリカにおけるCBD製品の浸透とヘンプ産業の爆発的な拡がり

もちろん、アメリカ・コロラド州以外にも、品質の良いCBD製品を生産している地域はあります。例えば、ヨーロッパはアメリカと並んでCBD製品の生産が活発であり、日本でも多くの製品が流通しています。

上記の地域を含め、高品質なCBD製品は世界のさまざまな地域で生産されているため、色々と比較検討して使用することで、ご自身にとって最適なCBD製品に巡り合うことができるでしょう。

高品質のCBDやCBDオイルを見極めるには?

CBDやCBDオイルの選び方
高品質なCBDやCBDオイルについて「条件」と「地域」の観点から紹介しましたが、実際お手元のCBD製品が高品質かどうかを見極めるには、どこに着目すれば良いのでしょうか。

以下に、見極めるポイントについて紹介します。

第三者機関に検査を依頼している

良心的なCBDオイルのメーカーは、自社の製品の検査を大学や研究所などの第三者機関に依頼しています。

検査によって、CBDオイル中に含まれているCBDや他の成分がどのくらい含まれているのか、THCや農薬・重金属などの有害物質が含まれていないかを確認します。

検査済みの情報は、たいていは自社のウェブサイトなどに公開しています。

中には検査結果の詳細を公表しているものもあります。そのようなメーカーの製品は、内容がしっかり確認できるという点でより信頼がおけると言えるでしょう。

超臨界二酸化炭素抽出法

CBDの状態が良いことが、高品質なCBDオイルであることの絶対条件です。

実はCBDがどのように抽出されているかも品質判断の基準になります。

CBDの抽出法にはさまざまなものがありますが、中でも超臨界二酸化炭素抽出法という方法はCBDの構造を壊さず、安定した状態で抽出ができると言われています。

ただし、他の抽出法がまったく良くないというわけではありません。例えば、VAPEなどの電子タバコを使って摂取するCBDリキッドは、エタノール抽出法の方が気化しやすく、摂取しやすいと言われています。

このように、それぞれの抽出法で特徴はあるものの、精度の良いCBDを抽出するという意味では、二酸化炭素抽出法であるものを選ぶのが最適と言えるでしょう。

オーガニック栽培

原料である麻の栽培方法にも注目するポイントはあります。

農薬や化学肥料を使わないオーガニック栽培を選ぶのが良いでしょう。

オーガニック栽培を用いない植物は、農薬や化学物質が混合しており、環境汚染の原因になります。

また、そのような植物を人間が摂取した場合、すぐには影響はないかもしれませんが、汚染物質が体内に蓄積し、長期的なスパンで影響を与える可能性があります。

時には、自分自身ばかりでなく、世代を超えて子孫にまで悪影響を及ぼすかもしれません。

健康になるために摂取するCBDですので、原料となる麻も悪い物質が含まれないオーガニック栽培のものを選ぶようにしましょう。

オーガニック栽培についてはこちらのコラムで詳しく紹介していますので、もっと知りたいという方は参考にしてください。

オーガニックのCBDやCBDオイルは安全?どんな効果や種類がある?オーガニックのCBDやCBDオイルは安全?どんな効果や種類がある?

CBD製品を購入する際の注意点を解説!

実際にCBDオイルなどのCBD製品を購入する際には、どのような点に注意しなくてはならないのでしょうか。

持病があったり薬が処方されている人は医師に相談する

ECSを介してさまざまな症状に作用するCBDですが、その分効果の現れ方は個人の体質、体調、抱えている症状によって異なります。

特に持病を抱えている方は、CBDを摂取する前にかかりつけの医者に相談した方が良いでしょう。

また、薬を処方してもらっている人にも同様のことが言えます。

CBDには薬物相互作用が確認されており、特に肝臓で代謝を受けるタイプの薬はその薬理作用に大きな影響を与えます。

その理由は、CBDが肝臓のシトクロムP450という酵素群の働きを止めてしまうためです。シトクロムP450は代謝によって薬の成分を分解する作用がありますが、この働きが止まると薬の成分が体内に残り続け、過剰な影響を与えてしまいます。

また、そのような薬でなくても、CBDが薬効に影響を与えてしまう可能性もあります。

そのため、処方薬を飲んでいる方は、事前に医師や薬剤師に相談し、場合によっては薬の種類を変えたり、量を調整したりという対処をしてもらうようにしましょう。

THCフリーの製品を選ぶ

先述の通り、THCが入っている製品は日本では違法です。

したがって、CBD製品を購入する前に、必ずその製品がTHCフリーである (THCが含まれていない) ことを確認するようにしましょう。

また、THCの有無を確認するのに、第三者機関の検査結果を参照するのも有効です。

THCの検査項目が「N. D. (未検出) 」になっていれば、より安全性の高い製品であることの証明となるでしょう。

副作用に注意

CBDは安全な成分と言われており、持病がある場合や薬の飲み合わせなどの注意点はあるものの、基本的には悪影響はほとんどないと言われています。

とはいえ、微量ながらも副作用が出ることは報告されています。

めまい、倦怠感、強い眠気、食欲不振などがその一例です。これらは通常の医薬品で懸念される副作用よりも軽度で対処することが可能な症状がほとんどではあるものの、ご自身の最適な摂取量を把握し、過剰摂取はしないようにしましょう。

また、車の運転など、集中を要する作業を行う前には摂取を控えた方が賢明です。

CBDの効果が実感できない人はどうすれば良いか

高品質なCBD製品を選んだ方が、より良い効果が期待できるのは事実です。

しかし、高品質なCBD製品を摂取しているからといって、必ずしも効果が実感できるとは限りません。

なぜなら、CBDの効果の現れ方には個人差があるためです。

個人差が出る理由としては、その人の体質や体型、体調などがあります。

例えば、元々体内のECSがよく働いている人は、CBDを摂取してもそれほど効果を実感できないかもしれません。

また、健康な人は病気の症状に悩んでいる人に比べて、CBDから受ける恩恵は少ないかもしれません。

そのような方は、CBDの摂取量や摂取のタイミングなどを変えることで、より効果を感じることができるかもしれません。

もしCBDを摂取しても期待したような効果が現れない場合は、製品のCBD濃度を上げたり、摂取する時間帯や摂取回数、1回あたりの摂取量を変えてみる工夫をしてみましょう。

しかし、それでも効果が実感できない方もいらっしゃるでしょう。

だからといって、その方にとってCBDを摂取することに意味がないのかというと、そういうわけではありません。

実感があるほどの効果はなくても、わずかながら体内で作用しており、長期的なスパンで摂取することで少しずつ体調が良くなっていく可能性もあります。

焦らず、持続的に摂取して様子をみることも、よい手段の一つといえるかもしれません。

CBDやCBDオイルが効かない?その原因と対処法を紹介します!CBDやCBDオイルが効かない?その原因と対処法を紹介します!

CBDの専門家が厳選!高品質のおすすめCBDオイルを紹介

今まで述べてきた高品質のCBDオイルの見極め方をまとめると、

  • 第三者機関で検査を行なっている
  • 超臨界二酸化炭素抽出法を用いている
  • オーガニック栽培をしている
  • 天然由来で食用のキャリアオイルを用いている

ことがポイントとして挙げられます。

CBDは大麻成分であるため安全性に配慮した品質にこだわっているCBD製品が欲しいと感じる方も多いのではないでしょうか?

今回は、このような条件を満たし品質にこだわって製造しているCBDオイルの中でも特にCBD専門家推奨のCBDブランド「THE CBD」をご紹介します。

THE CBDの高品質へのこだわり

THE CBDのCBD原料には、世界最高水準の品質と言われるコロラド産の完全オーガニックな純度99%以上のCBD原料を使用し、最高品質のCBDオイルを追求して製造されています。

品質管理についても、成分分析の実施・第三者機関の検査済みで、GMP認証(医薬品の製造が許可されている認証)されている安心・安全の国内工場で厳格な品質管理のもと製造しています。

CBDの抽出方法も超臨界二酸化炭素抽出法により、抽出しています。

品質が心配だと考えている方もこれなら安心して摂取することができます。

目的と好みに合わせた3種類の商品ラインナップ

THE CBDは3種類のCBDオイルを販売しています。今だけのキャンペーンとして割引価格で販売しています。

濃度5% 「THE CBD Oil 」(オリーブオイル配合)


THE CBDで最も人気の商品です。CBD500mgをオリーブオイルに溶かした濃度5%で内容量10mlのCBDオイルです。限定価格は業界最安値帯の3,980円(税込4,298円)です。CBDを初めて使用しようと考えている方に特におすすめです。

濃度15%「THE CBD Oil 」(オリーブオイル配合)

CBD製品
上記のCBDオイルの飲みやすさはそのままに、濃度が3倍の15%になりより効果を感じやすく楽しめるようになった製品です。内容量は10mlで、限定価格は、10,980円(税込11,858円)です。現在使用中のCBDオイルの濃度ではなんだか物足りない…と感じている方に特におすすめです。

濃度15%「THE CBD Oil C8 MCT」(MCTオイル配合)

THE_CBD_OIL_C8_MCT_1500mg
キャリアオイルに希少価値の高いMCT C8オイルを配合した高品質のCBDオイルです。MCT C8オイル抗菌作用やダイエットなど、健康・美容効果が広く注目されています。内容量は10mlで、限定価格は、18,980円(税込20,498円)です。このCBDオイルは、通常のCBDオイルの作用に加えて、さらなる美容・健康作用が期待できるため、至高なCBD体験をしたい方におすすめです。

ご自身の目的やオイルの好みで選ぶことができます。キャンペーン価格で提供している今だけのチャンスです。是非一度お試しください!