CBDやCBDオイルにはデトックスの作用がある?副作用は?

CBDやCBDオイルにはデトックスの作用がある?副作用は?

ダイエットや健康維持を目的とするデトックスという健康法があります。本記事ではCBDやCBDオイルとは何か、デトックスとは何か、CBDにデトックス作用はあるのか、CBDのデトックス効果によってリラックスしたり便秘を解消したりできるのかなどについて説明します。

CBDやCBDオイルとは?

CBDやCBDオイル
CBD(カンナビジオール)とは、大麻草の茎や種子などから抽出される化合物です。

CBDは、副作用があまりないにもかかわらず、数多くの健康・治療効果があることから世界中の沢山の人々から注目されており、日常に取り入れられています。

しかし、日々CBDの人気が高まっているからと言って、CBDの摂取を安易に始めることはできないと思っている日本人も中にはいるのではないでしょうか。

多くの日本人は、CBDが大麻草の成分の一つであるという部分に抵抗を感じてしまうからです。

大麻草と聞くと、所持することで大麻取締法違反になったり、摂取をすると気分が陶酔したり「ハイ」になったりすることがどうしても連想されます。

そのため、CBDについての有益な情報を得たとしても、大麻成分の一つであるから怪しい、怖いと感じてしまうかもしれません。

大麻を所持して違法になったり、気分が「ハイ」になるなどの精神活性作用があるのは、大麻草の葉や花穂から抽出されるTHC(テトラヒドロカンナビノール)と呼ばれる化合物が原因です。

THCもCBDも大麻草という同じ植物から抽出される成分ではありますが、THCとCBDは性質も化学構造式も全く違う別物であるということは覚えておいてください。

CBDには精神活性作用は一切ありません。所持をしていてももちろん大麻取締法違反にはなりませんし、安全な化合物であるということもすでに証明されています。
CBDとTHCの違いは?相乗効果はある?そもそも日本で合法なの?CBDとTHCの違いは?相乗効果はある?そもそも日本で合法なの? 最も人気が高い製品はCBDオイルです。

CBDオイルとは、CBDをキャリアオイルであるオリーブオイルやココナッツオイルに溶かした製品のことを言います。

CBDオイルが入っているボトルが持ち運びに適していることや、摂取方法が難しくないこと、またCBDの身体への吸収率が高いことなどからCBDオイルは多くの人から選ばれています。

そもそもデトックスってなに?

デトックスとは、detoxificationという解毒を表す英単語を短縮した言葉で、身体の中にたまった毒素を体外に排出するという意味で使われます。

デトックスはもともと、戦争で化学兵器によってダメージを受けた軍人の身体の毒素を排出する目的でアメリカで研究が始まりました。

日本でも、東日本大震災により放射能汚染が騒がれたときにデトックス効果のある食材が注目されましたが、覚えている人も多いのではないでしょうか。

このようにデトックスは、事故などで意図せず身体に入ってしまった有害な化学物質を取り除く健康法として注目されてきました。

毒素は、化学兵器や放射能漏れのような非日常的なものだけから発生するわけではありません。穏やかな日常生活を送っているだけでも毒素が身体の中に入ってくることはあります。

例えば、マグロやカジキなどの魚には食物連鎖によりエチル水銀が含まれていたり、野菜には農薬がかかっていたりすることがあるため、食事をするだけでこれらの毒素を摂取してしまうことが考えられます。

また、家の建築材料や家具にはシックハウス症候群の原因となるホルムアルデヒドが使われていることから、特に新築の家に住む際に様々な健康被害に悩まされることも多いです。

さらにタバコやアルコール、大気汚染などの有害物質も毒素の一つと考えられるでしょう。

蓄積した毒素や老廃物を取り除くデトックスの効果と注意点

経緯は様々ですが、体の中に毒素が蓄積してしまうと病気になったり、倦怠感を感じたり、代謝が落ちたり、腸内環境が悪化したりなど、健康を損なうような様々な不調が現れ始めます。

デトックスによる健康法は、蓄積した毒素や老廃物を、身体から追い出すことで身体を内側からきれいにし、心身の状態を健康に導くことが大きな目的です。

身近な例ですと、運動や食事、正しい呼吸法により不安が解消されたり、便秘が解消して日々快適に過ごせるようになったりということが挙げられます。

また、デトックスにより新陳代謝を上げることでダイエットや冷えの解消効果につながることも注目されています。毒素は脂溶性のため、デトックスで毒素を排出すれば自然に脂肪も落としやすくなるという見解もあります。

ただし、デトックスが有効な健康法だと注目される一方で、断食やハーブ療法などのデトックスの方法や目的によっては逆に健康を害する危険性があるという指摘もあるため注意しましょう。

適切な量の食事や睡眠、水分を摂り、治療が必要になった際は適切な治療を受けるということは健康維持の大前提です。

デトックス法によりいくら有害物質や老廃物を取り除けると言っても、健康維持の基本となることを崩さなければできないデトックス法である場合には決しておすすめはできません。

デトックスを始める際は、決して無理をしないようにしてください。また、試そうとしているデトックス法が本当に効果があるものなのかを見極めながら続けるということも非常に重要です。

CBDやCBDオイルを摂取するとデトックスの作用が期待できる?

CBD
CBDやCBDオイルにデトックス効果があるかもしれないということが示唆されています。

CBDのデトックス効果は、食品などのデトックスのように毒素を体外に排出するというのではなく、CBDが毒素を体の中で攻撃して破壊することから発揮されるのではないかと考えられています。

なぜなら、CBDが強力な抗酸化物質であり毒素となる活性酸素を破壊することが研究により示されているからです。

CBDやCBDオイルにデトックス効果があることを証明するには、さらなる研究が必要ですが、その可能性は大いにあるようです。

また、デトックスによってどのような作用を感じたいかを考えることで、CBDの利用が適切かどうかを判断することもできます。

CBDは、内因性のカンナビノイド受容体に作用して、エンド・カンナビノイド・システム(ECS)を活性化します。

ECSとは、たとえウイルスや細菌が外部から体内に入ってきたとしても、健康な状態に戻ることができるように体内環境を一定に保とうとする体の重要なシステムのことです。

CBDは、このECSを高めることによって様々な健康・治療効果を発揮します。

例えばCBDには、抗不安作用や、痙攣性便秘の緩和作用、抗炎症作用、抗腫瘍作用、ニキビ防止作用などがあると考えられています。

デトックスと言うと、リラックスや便秘解消効果をイメージする人が多いでしょう。

CBDには不安の緩和や自律神経の乱れが原因となる痙攣性便秘の緩和作用がある言われているため、ストレス解消の目的でCBDを使用すればこれらの問題を解決できるかもしれません。

ただし、便秘の原因がストレスでない場合にはCBDでは便秘解消効果は現れないことが考えられます。

また、CBDの効果の現れ方は症状によってだけでなく、人によっても違います。CBDを摂取する際には自分の症状に効果があるかをよく観察して、CBDを続けていくかどうかを判断してください。

CBDやCBDオイルに副作用はあるの?

CBDやCBDオイルの副作用
どんなに安全と言われている医薬品にも副作用が必ずあるようにCBDやCBDオイルにも副作用が報告されています。

CBDやCBDオイルの副作用として挙げられているものは、吐き気や口喝、強い眠気や下痢といったものです。

副作用があると聞いただけで不安になりがちですが、CBDの副作用は、症状が非常に軽微なものや、副作用が起こる可能性自体が低いものがほとんどです。

また、吐き気の副作用が起こった場合には、食後にCBDを摂取することで副作用を回避できることが多いですし、口喝に関しては水を飲むことで症状をすぐに緩和することができます。

このように、たとえ副作用が起こったとしても自分で対処できるものも多いため、CBDの副作用に対して過剰に心配する必要はないでしょう。

一番気を付けなければいけないことは、自分に必要なCBDの最小用量を見つけ、過剰に摂取することがないようするということです。CBDを適切な量で摂取することは、副作用が起こるリスクを大幅に下げることにもつながります。

それでも万が一、不快な副作用の症状が起こってしまったときは、早急にかかりつけの医師の診断を受けてください。すぐに診察をすれば症状が軽度のうちに対処することが可能です。

CBDやCBDオイルに嘔吐や吐き気の副作用がある?CBDやCBDオイルに嘔吐や吐き気の副作用がある?

関連文献