CBDやCBDクリームとは?どこに塗ればよい?効果・効能は?

CBDやCBDクリームとは?どこに塗ればよい?効果・効能は?

CBDの局所的な効果を期待できるCBDクリームという製品があります。本記事では摂取方法によって異なる全身作用と局所作用の違い、CBDを経皮吸収するメリット、CBDやCBDクリームの効果や効能、CBDクリームを塗布すべき場所、使用する際の注意点などを説明しています。

CBDとは?

CBDやCBDオイル
CBD(カンナビジオール)とは、大麻草の茎や種子などから抽出される成分です。

大麻草の成分の一つであるということから、CBDは危険な化合物なのではないかと勘違いしてしまう人もいるかもしれませんが、CBDの安全性はすでに確認されており、様々な健康・治療効果があると世界中から注目されています。

恐らく、多くの人がCBDに対して感じる不安は、CBDが大麻のように人を「ハイ」にしたり陶酔させたりするような精神活性作用を持っているのではないかというものではないでしょうか。

確かに大麻自体には精神活性作用はありますが、この作用はTHC(テトラヒドロカンナビノール)由来のもので、CBDとは一切関係ありません。

CBDを摂取したからと言って「ハイ」になるようなことは確認されておりません。CBDもTHCも同じ大麻草と言う植物から抽出される成分ですが、性質も構造式も異なる全くの別物と言うことは覚えておいてください。

ちなみに、THCは所持していると大麻取締法違反になりますが、CBDは所持しても摂取してももちろん合法です。

CBDは、多くの健康・治療効果が期待されていて、かつ副作用が非常に少ないということで健康維持や症状の緩和を目的として多くの人が日常に取り入れ始めています。

また、CBDはその人気の大きさゆえに、口から摂取するCBDオイル、CBDグミ、外用としてのクリームやバームなど非常に数多くの種類の製品が発売されています。

そのため、CBDの恩恵を受けたい部分や悩んでいる症状によってCBD製品を使い分けることができたり、初心者に使いやすい製品が選びやすかったりということで、CBD製品は最近ではかなり身近な存在になってきています。
CBDオイルは健康にどんな影響を与える?製品の選び方と使い方は?CBDオイルは健康にどんな影響を与える?製品の選び方と使い方は?

CBDを「塗る」とは?どのような効果・効能がある?

CBDクリーム
CBDは製品により摂取方法が違います。

例えばCBDオイルは、舌下摂取といって舌の下側にある太い血管からCBDを吸収させる方法で摂取をしますし、CBDクリームやCBDバームは、経皮摂取といって、皮膚に塗り込むことで皮膚からCBDを摂取します。

CBDの舌下摂取と経皮摂取の違い、経皮摂取のメリットとは

舌下摂取と経皮摂取の大きな違いは、舌下摂取は全身作用、経皮摂取は局所作用であるという点です。

全身作用は、その名の通り全身に渡って効果を得ることが期待できます。例えば、CBDの作用として期待されている抗不安や抗けいれんです。全身への作用が必要な場合には、全身作用をもたらす摂取方法が適していると言えます。

それに対して局所作用をもたらす経皮摂取は、効果が現れる部分を限定したい場合に選ばれる方法です。

例えば、CBDの効果の一つと言われている疼痛・炎症緩和作用を期待して、関節など特定部分の痛みに対して用いる場合や、一部の皮膚炎症を抑えたい時に適しています。

経皮摂取の最大のメリットは、局所に作用するため、効果を得たい部分をピンポイントで選択できるということです。

また、クリームやバームを皮膚に塗ればよいだけなので、舌下摂取や吸入摂取のような摂取する際のコツも必要なく、簡単に摂取できるという点もメリットの一つと言えるでしょう。

さらに、万が一不快な副作用が起こってしまった場合でも、全身作用ではないため、副作用が起こる場所を限定することができ、対処もしやすいことが考えられます。

CBDクリームなどを皮膚に塗ることでどのような効果が期待できるのか例を見ていきましょう。

関節の痛みや腫れ、炎症の緩和

CBDには抗炎症作用、疼痛緩和作用があると言われています。
CBDやCBDオイルは炎症に効果がある?中毒症状や副作用はない?CBDやCBDオイルは炎症に効果がある?中毒症状や副作用はない? そのため、CBD入りのクリームを関節に直接塗布することにより、CBDが経皮吸収され、関節の痛みや炎症を和らげることが考えられます。

ニキビ防止

CBDは皮脂細胞に働きかけて過剰な皮脂の生成を抑制すると示唆されています。
CBDが配合されたスキンケア製品の美容効果は?シミやニキビにも効果的?CBDが配合されたスキンケア製品の美容効果は?シミやニキビにも効果的?

過剰な皮脂は直接ニキビの原因になるだけでなく、過剰な皮脂により皮膚の汚れや汚染物質が毛穴に閉じ込められることによっても、ニキビを起こしたり悪化させたりする結果に繋がります。

つまり、CBDクリームを顔などの皮膚に塗り込むことによって過剰な皮脂を抑えることは、ニキビの防止や治療に役立つと言えるでしょう。

CBDやCBDクリームを塗る場所について解説!

CBDやCBDクリームを塗る場所は、基本的に局所的な炎症や痛みがある場所になります。

CBDには抗酸化作用があり、活性酸素などのフリーラジカルを除去することでしわや肌のくすみなどの問題を解決できると考えられています。

しわやくすみの防止などのアンチエイジングや、ニキビの防止・治療を目的としてCBDクリームを使用する場合は、クリームを顔に塗布することがほとんどです。

頭、髪

CBDは、エンド・カンナビノイド・システム(ECS)という身体の調整機能を活性化する作用があることが報告されています。
エンド・カンナビノイド・システム(ECS)とは?最新研究も紹介!エンド・カンナビノイド・システム(ECS)とは?最新研究も紹介!

CBDがECSに作用することで髪や頭皮の損傷を修復し、結果的に薄毛や白髪改善、育毛に効果が期待できるということも示唆されています。
CBDやCBDオイルは薄毛改善に効果がある?選び方や使い方を解説CBDやCBDオイルは薄毛改善に効果がある?選び方や使い方を解説 以上のように、髪や頭皮においてCBDの効果を得たい場合には頭部にCBDを塗布することになります。

ただし、CBDクリームでは頭部に塗布しにくいですし、クリームが髪に残ってしまい不快に感じる可能性も高いため、頭部に塗布する場合は透明なCBDオイルを用いる方が適切と言えるでしょう。

CBDの抗炎症効果を期待して、足の筋肉痛や疲労、ひざの痛みを和らげるためにCBDクリームを足に塗布する場合があります。

CBDクリームの中には足専用のCBDフットクリームというのも実際に販売されています。
CBDオイルやCBDクリームはにきびや湿疹に効く?塗り方は?CBDオイルやCBDクリームはにきびや湿疹に効く?塗り方は?

腕や背中、その他の部位

腕の筋肉痛などの痛みや炎症、湿疹などにCBDクリームを使用する際は、腕の患部にCBDクリームを塗り込みます。
CBDやCBDクリームはにきびやアトピー、湿疹、痛みに効く?CBDやCBDクリームはにきびやアトピー、湿疹、痛みに効く? また、痛みや炎症が背中や腰などのその他の部位で起こっているならば、痛みや赤みなどを感じている患部に直接塗布してください。

CBDやCBDクリームを摂取する際の注意点は?

CBDやCBDオイル
CBDクリームを使用する際、最初は少なめの量で試すことをおすすめします。

また、CBD自体が皮膚に合わないという可能性や、クリームに入っているCBD以外の成分がアレルギー反応を起こしてしまう可能性も否定できませんので、アレルギー反応による炎症が起こるかどうかを見極めるためにも炎症がない部分で試して様子を見てください。

その際に、万が一炎症などが起こったとしても気にならない部位の皮膚で試すとより安心です。
CBDやCBDオイルは炎症に効果がある?中毒症状や副作用はない?CBDやCBDオイルは炎症に効果がある?中毒症状や副作用はない?