CBDやCBDクリームはにきびや湿疹に効く?塗り方や副作用は?

CBDやCBDクリームはにきびや湿疹に効く?塗り方や副作用は?

経皮摂取によってCBDを取り込むCBDクリームは、にきびや湿疹といった皮膚のトラブルに効果があると言われています。一体どのような効果があるのかをエビデンス付きで紹介し、またCBDクリームの特長やより良い効果を出す方法についても解説します。

CBDやCBDクリームとは?

CBDはカンナビジオール (Cannabidiol) の略称で、大麻草などに含まれる大麻成分 (カンナビノイド) の一種です。

大麻というと、マリファナという麻薬を思い浮かべる方も多いと思います。しかし、マリファナの主成分はTHC [Tetrahydrocannabinol; テトラヒドロカンナビノール] というカンナビノイドです。

CBDはTHCのような精神活性作用はなく、日本の法律でも規制はされていません。また、エンドカンナビノイドシステムと呼ばれる、生体の機能や恒常性を維持するシステムに関与し、心身に多くの良い効果をもたらすことが知られています。

精神のリラックス効果や、痛みやかゆみの抑制、炎症の緩和などがその一例ですが、他にもさまざまな病気の改善にも役立つという説もあり、医療の分野でも注目されています。

残念ながら日本では医療大麻は認可されていないため、CBDを処方薬にすることはできません。とはいえ、医師の中にはCBDを治療に推奨している方もいます。

そのような現状もあり、CBDを病気の改善のために用いたり、日々のストレスや疲れの緩和のためにサプリメントとして摂取する方は近年増えてきています。

CBDを気軽に摂取できるよう、さまざまなCBD製品が販売されています。CBDを口から体内へと摂取するもの、皮膚から染み込ませて作用させるものなど、さまざまなタイプがあります。

CBDクリームはクリームにCBDを配合させ、皮膚に塗り込むタイプのCBD製品の代表的なものになります。

CBDの摂取方法には何がある?CBDクリームの特長は?

CBDにはさまざまな摂取方法があり、またその方法によって使用するCBD製品の種類も変わります。

よく使用される摂取方法には、

  • 経口摂取
  • 舌下摂取
  • 吸入摂取
  • 経皮摂取

があります。

経口摂取は文字通り口からCBDを摂取する方法で、CBDカプセルやCBD配合のグミやガムといった食品類 (エディブル) を使います。

パーティーやアウトドア、スポーツの場面でもよく使用され、効果の持続時間もありますが生体への効率がとても低いのが難点です。

舌下摂取は口の中の舌下部分にCBDを滴下してしばらく置いてから飲み込むことで、CBDを舌の裏の毛細血管から取り込み、全身に巡らせる方法です。

CBDオイルがよく用いられますが、全身に作用し、持続時間・生体への効率ともに高いため、汎用性の高い摂取方法と言えます。

吸入摂取ではVAPEなど電子タバコを使って、気化したCBDリキッドを肺から吸収します。

すぐに効果が現れ、また生体への効率も非常に高いですが、持続時間が著しく短いのが難点です。

今回紹介するCBDクリームは、皮膚に塗布する経皮摂取によってCBDを体内に取り込みます。

CBDは外皮より染み込み、付近の細胞・組織や毛細血管に入り込んで局所的に作用します。

効果が出るまでには最大2時間とブランクがありますが、効果の持続時間は5時間以上と長く、生体への吸収率 (バイオアベイラビリティ) は13~50%であり、他の摂取方法と比較してもかなり高めです。

そのため、しみや炎症、痛み・かゆみなど、身体の一部に起こっている異常に対して、効果的かつ持続的に働きます。一方で、CBDが全身を巡らないため、効果は非常に局所的なものになります。

CBDやCBDクリームはにきびや湿疹、しみに効果がある?

経皮摂取によって取り込むCBDクリームは、にきびや湿疹といった皮膚炎など、身体の表面に起こる異常に効果が期待されています。

実際に、CBDはにきびや湿疹、乾癬、しみなどの多くの皮膚炎や皮膚のトラブルに効果的であると確認されています。

これらの症状は、見た目が老けて見えたり汚く見えることから悩む人も多く、また炎症によるかゆみを伴う場合もあり、掻きむしると痕が残って余計に見た目がひどくなります。

このような炎症やかゆみ、しみや発疹の痕にCBDは効果的に働きます。

CBDをはじめとしたカンナビノイドは、摂取すると体内のエンドカンナビノイドシステムに深く関わることが知られています。

このシステムは、身体のあらゆる部分の機能や恒常性の維持に携わっているため、CBDはさまざまな効果をもたらします。

また、エンドカンナビノイドシステムに関わるカンナビノイド受容体 (CB1, CB2) は、神経系や免疫系にも広く分布しており、CBDなどのカンナビノイドはその働きを活性化します。

そのため、炎症やそれに伴う痛み・かゆみにとても効果的に働くのです。

例えば、2017年のコロラド大学の報告では、炎症性の皮膚炎を抱える21人の患者にカンナビノイドクリームを塗ったところ、8人にかゆみの症状の改善がみられました。

また、十代を中心に悩みの種となり得るにきびにも、CBDは効果があります。

にきびの原因は、皮脂が過剰分泌され毛穴が詰まり炎症が起きることです。

CBDは過剰な皮脂の分泌の防止と、抗炎症作用をもたらすことが確認されています。

そのため、にきびの緩和にもとても効果があると考えられています。

また、湿疹などの皮膚トラブルが起こったり悪化したりする原因には、患部に菌が繁殖することが挙げられます。

CBDなどのカンナビノイドが皮膚疾患の原因となる黄色ブドウ球菌に対し抗菌作用があることが示されています。

さらに、長期的に悩みの種となり得る、しみや治療後も残る湿疹の痕にも、CBDは効果をもたらします。

CBDには抗酸化作用があり、紫外線などの環境要因で発生するフリーラジカルから、皮膚を守ってくれます。そのため、しみの予防や緩和に効果があるのです。

また、湿疹の痕については、イタリアの研究でCBDクリームが乾癬やアトピー性皮膚炎で痕が残ってしまった皮膚の状態を、改善するということが分かりました。

このように、CBDクリームがにきびや湿疹、乾癬、しみなどの皮膚トラブルを改善する効果があります。

しかし、先ほど説明したように、CBDクリームの効果は非常に局所的なものであり、体内の免疫システムにじかに働きかけることはできません。

そのため、より大きな効果を得たい場合は、CBDオイルの摂取も組み合わせるのがおすすめです。

CBDクリームで局所的な湿疹やかゆみを抑え、CBDオイルを舌下摂取することで体内から炎症自体を緩和させることで、身体の内外から根治を促すことができます。

CBDは摂取方法によってさまざまなメリットがあるため、摂取の仕方はいろいろ工夫をしてみるのも良いかもしれません。

CBDやCBDクリームの塗り方は?塗る量はどれくらい?

いざCBDクリームを使用しようとしている方が、注意すべきポイントはどのようなものでしょうか。
まず、CBDクリームをあまり少ない量にしても効果が出にくいという点が挙げられます。

CBDクリームは表皮に塗ることで身体にCBDを取り込みますが、あまりに量が少ないと皮膚から成分がしみ込んでいきません。

そのため、もったいないからと少なめに使っていると、いつまで経っても効果が現れないということにもなりかねません。

しかし、だからといって考えなく大量に使うのも良くはありません。CBDの効き方には個人差があり中には副作用が出る場合もあるため、個々人の適切なCBD量を自分で把握する必要があります。

そのため、はじめは少量で試しつつ、徐々に量を増やしていくやり方がおすすめです。

例えば、はじめは指先に少し取るくらいにして、1週間おきくらいのペースで量を少しずつ増やしていきます。

手に取る量や量を変えるまでの期間は決まっているわけではなく、ご自身のさじ加減で決めていただければ大丈夫です。

よい効果が実感できれば、それが自身にとってCBDの効果が出る最小限の量ということになります。

以上のポイントを踏まえて、ご自身のCBDクリームの適量を見極めていただければと思います。

CBDやCBDクリームに副作用はある?その対処法は?

CBDには依存性もなく、悪影響は極めて少ないと言われています。

しかし、CBDを使用した方の一部に副作用が出ることが報告されています。

CBDクリームを使用した場合にもそのような副作用が出る可能性はあります。CBD自体の影響ではなくても、CBDクリームに入っている他の成分によって、アレルギー症状などの悪影響が出る可能性もあります。

もし、CBDクリームを使用していて、かぶれたりしみになったりなど、余計に症状がひどくなるようなことがあれば、別の製品を検討するなどしましょう。

CBDクリームにも各種あり、またジェルやパッチなど、経皮摂取用に作られた他のCBD製品もあります。CBDオイルを使用することもできます。

よほど悪い影響が出るような場合は直ちに使用を止め、医師に相談するようにしてください。

関連文献