CBDやCBDオイルは薄毛改善に効果がある?選び方や使い方を解説

CBDやCBDオイルは薄毛改善に効果がある?選び方や使い方を解説

CBDオイルは薄毛や育毛に効果があることが期待されています。CBDは髪に対してどのように効果を現すと考えられているのかやCBDオイルやCBDシャンプーの髪への使用方法、またヘンプシードオイルとCBDオイルはどちらが髪に効果があるのかなどを説明しています。

そもそも薄毛の原因とは?

薄毛は様々な内的要因、外的要因によって起こると言われています。

内的要因として広く知られているのが加齢によるホルモンバランスの崩れです。男性ホルモンであるテストステロンの値が高くなると薄毛や脱毛が起こりやすくなります。

薄毛は男性に起こるものと思われがちですが、実は薄毛に悩む女性も少なくありません。

出産によって髪質が弱くなったり、抜け毛に悩まされる方がいらっしゃいますが、それはホルモンバランスが乱れてしまうために起こります。

男性ホルモンは女性の身体でも作られていて、女性ホルモンより男性ホルモンが優位になると女性でも脱毛症になる可能性が高くなります。

また、現代社会では避けることが難しい疲労ストレス、睡眠の質の低下も血管が頭皮に栄養素を運ぶ妨げとなり、髪質を悪くする要因となります。

加えて、タンパク質や亜鉛、ミネラル、ビタミンの不足も薄毛の大きな原因となります。

さらに内的要因だけではなく、紫外線などの外的要因がかかわっています。

夏場など汗で毛穴が詰まってしまうことが抜け毛の原因となることもあります。

その他、飲酒や喫煙、偏った食生活、睡眠不足、紫外線、皮膚疾患、過剰な皮脂の分泌なども薄毛の原因として考えられています。

CBDやCBDオイルは薄毛や白髪改善、育毛に効果がある?口コミは?

CBDやCBDオイルは、私たちの身体のエンドカンナビノイドシステム(ECS)を向上する作用があると報告されています。

ECSとは、身体調節機能のことで、外部環境の変化が起こったとしても体内環境を一定に維持しようとするシステムのことを言います。

ウイルスや細菌などが身体に入っても健康な状態に戻ることができるのは、このECSによるもので、体内の正常な機能を常に安定させようと働いているからです。

さて、そんなECSに作用するCBDやCBDオイルは薄毛や白髪改善、育毛に効果がある可能性があることが示唆されています。

まず、今の時点で分かっているのは、ECSを高めることによって髪や頭皮の損傷を修復し、髪の細胞を健康にした結果、髪の成長を促進するということです。

残念ながらCBDやCBDオイルが薄毛や育毛などに直接的な効果を示すエビデンスはまだないのですが、CBDがECSを高め、ECSが髪の成長を促進するなら、CBD製品が薄毛や育毛の改善に効果を示す可能性も十分にあると言えるでしょう。

また、CBDは不安やストレスを軽減させることも報告されていますので、薄毛の原因の一つであるストレスをCBDが取り除くことによってもCBDが発毛や育毛を促進することが考えられます。

さらにCBDは、湿疹や乾皮などの皮膚疾患に対し、抗炎症作用を発揮して炎症を軽減することも証明されています。

CBDクリームはアトピー(アトピー性皮膚炎)や乾癬に効果がある?CBDクリームはアトピー(アトピー性皮膚炎)や乾癬に効果がある?

このことからアトピー性皮膚炎などが原因の脱毛症に悩んでいる人がCBDやCBDオイルを試せば、薄毛の原因である皮膚炎症をCBDが抑えることによって、健康的な髪の毛の成長が期待できるかもしれません。

髪の毛に対するCBDの効果についての口コミ

CBDが薄毛や育毛に効果を示すエビデンスがまだないことはすでにお伝えしましたが、インターネット上には、実際にCBDを髪の毛に使ってみた際の口コミが多数掲載されていますので、その内容を見てみましょう。

  • ヘンプCBDオイルを頭皮に塗り始めてから数週間で髪の毛がより太く、多くなりました。また、以前は髪の毛が何もなかったところにも新しい毛が生えてきました。
  • CBDは皮膚の炎症を抑えてくれる効果はありましたが、残念ながら髪への効果は感じられませんでした。

このように、CBDが薄毛に効果があったという口コミも、効果がなかったという口コミもどちらも見られました。

CBD製品はそもそも人によって効果の出方が違うという特徴があるため、どうしても結果が二分されますが、効果がある人も中にはいるということからCBDが自分の髪の毛に効くかどうかを試してみる価値はあると言えるでしょう。

育毛や薄毛対策として期待できるCBDやCBDオイルはどんな商品がある?

育毛や薄毛対策として期待できるCBD製品は、CBDオイルとCBDシャンプーなどが挙げられます。

育毛のためのCBDオイル

CBDオイルを髪に定期的に使用すると、育毛効果が期待できます。

すでにお伝えしたCBDが髪細胞を成長させる仮説もCBDオイルに育毛効果がある可能性を示していますが、特にヘンプオイルが含まれているCBDオイルにおいては、ヘンプオイル由来のオメガ3、オメガ6、オメガ9などの脂肪酸が育毛を促進することも分かっています。

ヘンプオイルが含まれているCBDオイルを髪に塗布すると、これらの脂肪酸が髪の毛に水分を閉じ込めることによって髪の毛のキューティクルを守ります。そして、結果的に髪の毛に健康を与えて成長を促進させることができるのです。

薄毛対策のためのCBDオイル

CBDオイルを薄毛対策として使うのは、CBDが髪の損傷を修復する可能性があることとストレスレベルを下げる効果が期待されているからです。

また、CBDオイルは血行を促進する効果があることも示されています。

そのため、CBDオイルを毛根を包んでいる毛包に使用すると、髪に栄養を十分に届けることができ、有害な毒素を減少させて抜け毛を減らすことにつながる可能性も高いです。

CBDシャンプー

CBDシャンプーはCBDが注入されているシャンプーですが、シャンプーの選択には注意が必要です。

シャンプーの中にはヘンプシードオイル含有のシャンプーがあります。

「ヘンプ」という麻を表す名前からCBDが含まれていると勘違いしてしまう人も多いのですが、ヘンプシードオイルと表示してあるからと言ってCBDオイルが含まれているわけではないので気をつけましょう。

ヘンプシードオイルには髪の保湿を保つ脂肪酸は含まれていますが、CBDが髪の毛に示す効果として期待される抗炎症作用はありません。

つまり、ヘンプシードオイルはCBDオイルほど髪に効果的とは言えませんので、CBDを含んだシャンプーを購入したい場合は必ず、CBDの表示を確認してCBDオイル注入シャンプーを選んでください。

CBDオイルやCBDシャンプーの薄毛対策の使い方を徹底解説!

髪へのCBDの効果を得る方法としては、CBDシャンプーなどのCBDヘアケア製品を使用する方法、CBDオイルを頭皮に塗布する方法、CBDを口から摂取する方法の3つが挙げられます。

各方法について詳しく見ていきましょう。

CBDヘアケア製品を使用する方法

いつも使っているシャンプーをCBDオイルが注入されたシャンプーに切り替えて使用します。

CBDシャンプーと一言で言っても、製品によってさまざまな特徴がありますから、自分の髪のタイプに合ったCBDシャンプーを選んでください。

CBDシャンプーで髪を洗う理想的なペースは週に2、3回程度です。頻繁に洗いすぎると髪が乾燥してしまいやすく、髪を痛めてしまいかねませんので注意しましょう。

CBDシャンプーを使用した後は、髪の柔らかさを持続させるためにCBDオイル含有のリーブイントリートメントを使用することをおすすめします。

CBDリーブイントリートメントの使い方は、製品のパッケージに従うことになりますが、CBDリーブイントリートメントを髪と頭皮に塗布し、コーティングすることで髪と頭皮の両方に栄養を与えることが使い方の基本です。

髪を洗い終わったら、CBDが配合されている髪のクリームやジェルでスタイリングをしてCBDの効果をさらに高められるようにしましょう。

シャンプーやコンディショナーと違い、スタイリング剤は洗い流さず、髪に長時間残るため、CBDの成分が髪に浸透しやすいと言えます。

CBDオイルを頭皮に塗布する方法

CBDオイルを直接頭皮に塗布してマッサージしながら頭皮を刺激させる方法です。

CBDオイルの効果をより高めたい場合は、CBDオイルを熱湯で温めて頭皮を5分間マッサージしてください。こうすることにより、頭皮の血流の増加とCBDの吸収率を高めることが期待できます。

使用するCBDオイルの量は、自分で決めることができます。様子を見ながら少量から試すことも可能です。一般的には頭皮に塗布しても垂れないくらいの量が適量とされています。

CBDを口から摂取する方法

脱毛を減らすためのもう一つの方法は、ストレス軽減のためにCBDを口から摂取する方法です。主な方法は以下の4つが挙げられます。

  • CBDオイルの舌下摂取
  • CBDカプセルの経口摂取
  • CBDの食用食品の利用
  • CBDリキッドの吸入摂取

CBDオイルの舌下摂取は、舌の下に垂らして90~120秒ほど待ち、舌の裏側の太い血管から吸収させます。

CBDカプセルの経口摂取は、一般的なカプセル剤と同じように毎回口から飲み込むことで摂取します。カプセルの中のCBD量は決まっていますから毎回同じ量で服用することが可能です。

CBDの食用食品にはグミやスナックなどさまざまな種類がありますので自分に合ったものを選びましょう。ただし、他のCBD製品ほど効果的ではなく、効果が現れるまでにも時間がかかることは覚えておいてください。

また、CBDの効果をできるだけ早く実感したいという場合は、CBDリキッドをアークペンなどの電子タバコを使って吸入することもできますが、吸入できる場所が限られてしまうデメリットがあります。

また、吸入することで肺や呼吸器系にダメージを与える可能性が示唆されていることも頭に入れておきましょう。

CBDを口から摂取するこれらの方法は、シャンプーなどのヘアケア製品のように髪に対する局所的な直接の効果はありません。

あくまでもストレス軽減が目的ですので、毎日摂取しなくてもストレスを感じた時にだけ摂取することも可能です。

関連文献