CBDやCBDオイルはなぜ舌下摂取なの?やり方も解説します!

CBDやCBDオイルはなぜ舌下摂取なの?やり方も解説します!

CBDオイルの摂取方法として一番人気があるのは舌下摂取です。本記事では、なぜCBDオイルの舌下摂取が人気なのか、舌下でのCBD摂取のコツやCBDの味が苦手な場合の対処法、他の摂取方法との違い、またCBDやCBDオイルの効果などについて説明しています。

CBDやCBDオイルとは?どのような効果がある?

CBDはカンナビジオールとも呼ばれる化合物で、大麻草の茎や種子などから抽出される成分です。

大麻草というと、人をハイにさせたり、陶酔させたりするなどの作用を思い浮かべる人も多いでしょう。しかしこれは大麻草の葉や花穂から抽出されるTHCと呼ばれる化合物が持つ作用で、CBDにはこのような精神活性作用は全くありません。

CBDやCBDオイルは精神活性作用を一切持たないということから、安心して摂取することができます。

また、ただ安心というだけでなく、近年CBDやCBDオイルが健康効果をもたらすことが注目されています。さらに医療においてもCBDやCBDオイルを幅広く利用できるのではないかと期待されています。

CBDには以下の効果が期待されています。

  • 悪心・嘔吐の軽減
  • 抗腫瘍作用
  • けいれんの抑制
  • 不安や鬱の改善
  • 精神性障害の改善
  • 神経変性疾患の緩和
  • 炎症性疾患の緩和

このようにCBDやCBDオイルは様々な疾患の治療に役立つと考えられています。

CBDオイルを舌下摂取をする理由は?

CBDオイルを摂取する際に一番人気がある摂取方法は、舌下摂取です。

舌下摂取は、舌を上に持ち上げながら舌の下側の部分にCBDオイルを垂らし、しばらくオイルが舌の裏側に接するように維持して摂取する方法です。

CBDオイルの摂取方法には、舌下摂取以外に経口摂取やベイプ(VAPE)による吸入摂取などがありますが、中でも舌下摂取が人気な理由を3つ示します。

短時間で効果が出る

舌の裏側には大きな血管があり、CBDオイルを舌下摂取する際にはその血管からCBDが吸収されます。

CBDオイルを飲んで摂取すると食道、胃、小腸、肝臓などを通ってから血管に入るため、時間がかかりますが、舌下摂取は摂取してすぐに血管に入るため、効果が短時間で出るという利点があります。

ちなみにCBDオイルを舌下摂取した場合の効果が出るまでの時間は、15分~1時間です。

例えば、心臓発作を起こしている患者にニトログリセリンを投与したり、血圧を急に上がった患者にニフェジピンを投与したりするときには経口投与ではなく舌下投与が用いられます。

これらはどちらも急を要する事態に薬の効果を早く出すことを目的として、舌下から薬を吸収させています。

このような例を見ると、CBDを舌下投与することで効果が短時間で現れることがよく理解できるのではないでしょうか。

またCBDを舌下摂取した際に、肝臓の分解を受けにくいことから効果が4~8時間続くという特徴もあります。

効果が短いほど摂取頻度を増やさなければいけないことも考えるため、CBDの効果を長時間実感することができる舌下摂取は、合理的な摂取方法とも言えるでしょう。

吸収率が高い

舌下摂取されたCBDオイルは、肝臓を通過しないため、吸収率が経口摂取に比べてかなり高めです。

データによると舌下摂取によるCBDの吸収率は13~35%、経口摂取によるCBDの吸収率は6〜20%となっています。

せっかくCBDオイルを摂取しても吸収率が低ければ、十分な効果が現れないことも考えられます。より効果を実感するためには、経口摂取よりも吸収率の高い舌下摂取がおすすめです。

摂取法がシンプル

舌下摂取はVAPEのような特別な機器が不要で、摂取方法がとてもシンプルなことも人気の理由の一つです。

また、吸入摂取のように摂取場所を選ぶ必要がないこともメリットと言えます。

CBDオイルを舌下摂取をする方法を解説します!

CBDオイルを舌下摂取するにはまず、舌を上に持ち上げながら舌の下にCBDオイルを垂らししてください。

そのまま、90秒~2分程度オイルが舌の裏側に接するように維持し、舌の裏側の血管から吸収されるようにします。

垂らしたオイルすべてが舌下から吸収されるわけではないため、時間が経って口の中に残ったオイルは飲み込みましょう。

舌下摂取のコツと対処法

CBDオイルの舌下摂取は舌の下にオイルを垂らすだけなので、一見簡単そうに見えますが、慣れないうちは少し難しく感じるかもしれません。

舌の下にCBDを滴下しなければならないため、スポイトの先が見づらく正しい位置にスポイトがあるかが分かりにくい上に、CBDを何滴垂らしたか確かめることが難しいからです。

慣れるまでは洗面台などの鏡を見ながら摂取してみてください。また、スポイトのどの位置までCBDを取り出せば、自分にとってのCBDの一回量になるのかを覚えておくと便利です。

そうしておけばCBDオイルを滴下する際に滴数を細かく数えなくても、スポイトに入ったCBDを全て滴下すれば必要量が摂取できます。

初心者必見!CBDやCBDオイルの摂取量は?含有量の計算方法も解説!初心者必見!CBDやCBDオイルの摂取量は?含有量の計算方法も解説!

CBDオイルの味が苦手な場合の対処法

CBDオイルの味自体が苦手で摂取することが難しいという人も中にはいます。

その場合には、ペパーミントやチョコレートなどのフレーバーがすでについているCBDオイルを選ぶとよいでしょう。CBDオイルそのものの味をペパーミントやチョコレートが隠してくれて摂取しやすくなります。

また、CBDオイルを舌の下に滴下する前に、チョコレートのかけらやスプーン1杯のはちみつを舌の下に加えてみるのもよいでしょう。CBDオイルの苦手な風味をごまかしてくれるかもしれません。

さらに、歯を磨いていないと口腔内を薄い膜が覆っている状態になり、その膜にCBDオイルに入っている油が付着することがあります。

そのような状態でものを飲み込んだり呼吸したりすると、膜に付着したCBDオイルの味を感じる可能性が高くなるので、CBDオイルを摂取する前に歯を磨くのも苦手な味の対処法として効果的です。

他にも、オレンジジュースと一緒に飲んだり、コーヒーや紅茶などのホットドリンクと一緒に飲んだり、食品に混ぜたりしてCBDオイルを摂取する方法もあります。

だだし、これらの方法はCBDを経口摂取することになるため、舌下摂取に比べて吸収率が悪くなったり、効果の発現時間が長くなったりすることがあることは頭に入れておきましょう。

CBDの他の摂取方法との違いは?

CBDの舌下摂取以外の摂取方法として、経皮摂取、経口摂取、吸入摂取が挙げられます。

経皮摂取

CBDオイル製品の中にはローションや軟膏の形で販売されているものがありますが、CBDの経皮摂取とはローションや軟膏、オイルなどを直接皮膚に塗布して吸収する方法です。

経皮摂取は、CBDオイルなどを皮膚の毛穴から経皮吸収させて局所的な効果を期待する方法のため、CBDが直接血液中に到達することがなく、舌下摂取のような全身性の作用は現れません。

そのためCBDローションや軟膏は、足の痛みなど局所的な痛みの緩和などに使われることが多いです。

皮膚に塗布されたCBDの吸収率は13~50%で、効果の持続時間は5時間以上です。また、効果が出るまでの時間は最大2時間で、塗布した局所のみにおいて効果を現します。

経皮摂取と舌下摂取の吸収率や持続時間などのデータを比較してどちらが効果的なのかと考えてしまいがちですが、そもそも経皮摂取は局所作用で舌下摂取は全身作用と、期待する効果が違います。

経皮摂取か舌下摂取かを選ぶ際には、吸収率などの数値を比較するのではなく、期待する効果が全身作用なのか局所作用かをまず考えて、摂取方法を選択しましょう。

経口摂取

経口摂取は、一般的な医薬品や食品のようにCBDオイルやCBDカプセル、CBDエディブルなどのCBD製品を口の中に入れて飲み込む方法です。

ちなみにCBDエディブルとは、CBDが入った食品のことを言います。

経口摂取のメリットは、CBD製品をただ飲み込んだり食べたりすればいいだけなので、舌下摂取のように鏡を見て摂取する必要もなく手軽で簡単にCBDを摂取できるということが挙げられます。

しかし、CBDオイルやCBDカプセル、CBDエディブルを摂取した後、消化管や肝臓を通るときに消化や解毒分解などを受けるため、CBDの吸収率が舌下摂取に比べて低いというデメリットがあることも重要なポイントです。

CBD製品を経口摂取した際の吸収率は6~20%、効果が出るまでには30分~2時間かかります。また、CBDオイルやCBDカプセルを経口摂取した際の持続時間は4~6時間で、CBDエディブルの持続時間は最大12時間です。

舌下摂取に比べて吸収率が低いだけでなく効果の発現時間が長いです。

これらのことからCBDを効率的に摂取したい時や、なるべく早くCBDの効き目を発現させたい場合には経口摂取はしないほうがよいと言えます。

吸入摂取

吸入摂取は電子タバコやアークペン、気化器などでCBDオイルを気化して、それを吸い込むことでCBDを直接肺に吸収させる方法です。

この方法のメリットは、直接肺に吸収させることで、数秒~10分程度でCBDの効果を現すことができ、また吸収率も34~56%と舌下摂取に比べて高いことが挙げられます。

これらのデータを見ると吸入摂取は、舌下摂取よりも効果的な方法だと考えるかもしれません。

しかし、吸入摂取は効果の発現が早い反面、持続時間が30分~1時間ほどしかないという特徴もあるため、長時間の効果を期待する場合には吸入摂取ではなく舌下摂取を選ぶ方が効率的です。

また、吸入摂取をするにはアークペンなどの特殊な機器を購入することが必要なため、舌下摂取ほど手軽ではないことや、煙草などの吸入摂取が許可されている場所のみでの使用しかできないというデメリットがある点についても覚えておきましょう。