CBDアイソレート原料の輸入代理店の比較!価格や最低ロットも紹介!

CBDアイソレート原料の輸入代理店の比較!価格や最低ロットも紹介!

CBDアイソレートはそのまま摂取したり、CBD製品に混ぜたり、CBD製品を作るための原料として使われたりします。本記事では、CBDアイソレートとはどんなものか、CBDアイソレートの仕入れ方、CBDアイソレートの輸入代理店や価格、最低ロットなどについてCBDスタートアップ企業の株式会社麻田製薬が解説していきます。

CBDアイソレートとは?

CBDアイソレートとは、産業用の大麻草からCBDのみを分離させたもので、CBDが99%以上含有されている純粋な結晶粉末のことを言い、CBDクリスタルとも呼ばれています。

麻田製薬のCBDアイソレートその1
麻田製薬のCBDアイソレートその1
CBDアイソレートはそのまま摂取することができます。

CBDアイソレートをそのまま摂取した場合、CBDの純度が高いことから一般のCBD製品よりも少ない量で効果が得られるというメリットがありますが、その一方で口の中で溶けにくく服用しにくいという声もあります。

他にも、CBDアイソレートは、食品に溶かして摂取したり、すでに使用しているCBD製品に溶かしてCBDの濃度を上げたり、CBDリキッドやCBDオイル、CBDクリームなどのCBD製品を作る材料としても使われます。

CBDアイソレートは、純粋でTHCや植物原料などを含まないことから、安全なCBD製品を作るのに最適です。

また、CBDアイソレートは無味無臭でオイルに簡単に溶ける性質があるため、オイルやクリームなどと調合しやすいという特徴もあります。

個人輸入と輸入代理店の違いは?CBDアイソレートはどこから仕入れられる?

大麻取締法の規制により、日本ではCBDアイソレートの原料となる産業用の大麻草を栽培することができませんので、国産のCBDアイソレートというものはありません。

CBDアイソレートを仕入れるには、外国から輸入すること、つまり個人輸入か輸入代理店での購入を選択することが必要です。

ではどちらを選べばよいのか、個人輸入と輸入代理店での購入の違いやメリットを見ていきましょう。

まず個人輸入するメリットは、輸入代理店での購入価格よりも安くCBDアイソレートが仕入れられるということが挙げられます。

CBDアイソレートを個人輸入すると、すべての輸入の手続きを自分で行わなければいけませんが、その分手数料などが節約できるため、輸入代理店で購入するよりも一般的に価格を下げることができます。

それに対して輸入代理店で購入するメリットは、個人輸入よりも安全性や確実性が高いということです。

輸入代理店を通して購入するCBDアイソレートは品質や安全性が確認されていますし、万が一不良品が届いてもすぐに代理店に連絡を取ることができます。

一方で、個人輸入で届いたCBDアイソレートは、品質や安全性に関する保証はありません。

もしかしたらTHCフリーでないものが届くかもしれませんし、輸入中にサンプル採取されるなどしてパッケージが開いたまま届き、中身の品質に不安を感じる場合もあるでしょう。

ちなみに、万が一THCフリーでないCBDアイソレートを個人輸入してしまった場合には、大麻取締法違反になり検挙される可能性があるのでくれぐれも注意してください。

また、輸入代理店は国内に在庫を保有していることから、注文後数日で商品が届くことが多いのに対し、個人輸入では届くまでに想像以上に時間がかかることもめずらしくありません。

例えば、違法成分であるTHCが入っていないことを書類などで証明できないと税関で止められる恐れもありますし、そのようなトラブルがなくても代金を支払ったのに商品が届かないということも個人輸入では十分起こり得ます。

このように、個人輸入と輸入代理店での購入はそれぞれ違うメリットとデメリットがあります。

どちらを選ぶかは個人の自由ですが、個人輸入をしていくら安くCBDアイソレートが仕入れられたとしても、その品質が保証されていなかったり、確実に手元に届かなかったりするトラブルがあります。

確実に安全なCBD製品を作るのが目的でCBDアイソレートを仕入れるのであれば、個人輸入はできるだけ避けて輸入代理店でCBDアイソレートを購入することをお勧めします。

CBDアイソレートの輸入代理店をお探しの方必見!価格・最低ロットを紹介!

CBDアイソレートの価格ですが、例えば都内にあるCBDショップでは、CBDアイソレートが7,000円/1gで売られています。1kg換算だと700万円にもなるのでかなり高額です。

このようにCBDアイソレートは、輸入代理店によって値段も原産国も最低ロットも大きく違ってきます。

値段の安さももちろん大切ですが、信頼できる輸入代理店かどうかや、信頼できる国のCBDアイソレートかどうか、また最小何グラムから購入できるのかも輸入代理店を選ぶ際の重要なポイントです。

CBDアイソレートは決して安いものではありませんので、それぞれの輸入代理店や取り扱っているCBDアイソレートについて念入りに調べ、納得のいくものを購入することをお勧めします。

弊社、株式会社麻田製薬でも、CBDのアイソレート原料の販売を行っています。

東洋経済に掲載された麻田製薬のプレスリリース
麻田製薬が掲載されたメディア
CBDアイソレート原料の販売に関して、各メディア様に紹介して頂いており、安心してご相談頂ければと思います。

CBDアイソレートの原料販売に関して、詳細は以下のページをご覧くださいませ。

10gのCBD原料のサンプルのご提供も承っておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

CBDアイソレートはどのように加工できる?

CBDアイソレートを使ってCBDリキッドやCBDオイル、CBDクリームなどはどのように加工されるのかを見ていきましょう。

CBDリキッド

空のボトルや瓶にプロピレングリコール(PG)を注いで、その中にCBDアイソレートを入れます。

ボトルを軽く振ったり、湯煎で温めたりしてCBDアイソレートを完全に溶かすことができれば、CBDリキッドが出来上がります。

CBDオイル

遮光瓶にココナッツオイルやオリーブオイル、MCTオイルなど好きなオイルを選んで注ぎ、その中にCBDアイソレートを入れます。

少し熱めのお湯で湯煎をしてCBDアイソレートが溶ければCBDオイルが完成します。

CBDクリーム

ボールなどにココナッツオイルやオリーブオイル、MCTオイルなどの好きなオイルを入れて湯煎をして、その後CBDアイソレートとビーワックスを入れてゆっくり溶かしていきます。

クリームの硬さはビーワックスの量で調節できます。ビーワックスの量が多ければ堅めのクリームになります。

ボールが冷えたらローズマリーやペパーミント、ラベンダーなど、目的に応じたエッシェンシャルオイルを加えればCBDクリームの完成です。

CBDエディブル

CBDエディブルとは、CBDが入った食品のことを言います。ここでは、CBDが入ったチョコレートの作り方を紹介します。

まず、板チョコレートとチョコレートの型、CBDアイソレートを用意しましょう。

板チョコレートを湯煎でゆっくり溶かした後、CBDアイソレートを溶けたチョコレートの中に入れてよくかき混ぜます。

CBDアイソレートは脂溶性のためチョコレートにすぐに溶けます。

その後、チョコレートの型にCBDが入ったチョコレートを流し入れて冷蔵庫で固まるまで冷やしたらCBDチョコレートの出来上がりです。