CBDやCBDオイルはスポーツに効果的?ドーピング検査で陽性にならない?

CBDやCBDオイルはスポーツに効果的?ドーピング検査で陽性にならない?

2021年に予定されている東京五輪は、CBDが使用禁止薬物リストから外れる初めての大会です。制限の多いスポーツ選手にとって、CBDやCBDオイルはどのような良い効果があるのか、また実際にCBDやCBDオイルを使用している選手を紹介します。

CBDやCBDオイルとはどんなもの?

CBDは大麻草などから抽出されるカンナビノイド成分の一種です。カンナビノイドは摂取することで体内で様々な効果をもたらします。

体内には神経系や免疫系などの調節を行うエンドカンナビノイドシステム(ECS)が存在しており、CBDによりECSが活性化されることで疼痛や炎症、不安、心身の緊張、睡眠サイクルなどを整える役割があります。

CBDは一般的に使用されている痛み止めや睡眠薬などのように、特定の神経伝達物質や受容体などを必要以上に強制的に阻害したり刺激したりするようなことはありません。

そのため、重篤な副作用や依存性が起こりづらいことも特徴です。

CBD製品には様々なタイプがあります。その中で、CBDオイルはヘンプなどから抽出されたCBDをココナッツオイルやオリーブオイルなどキャリアオイルと混合した製品です。

CBDオイルは舌下粘膜からCBDを血管内へ吸収させることができ、全身に効果が早く現れます。最も広く使用されているCBD製品です。

また、CBDは粘膜だけではなく、皮膚からの吸収も行われます。皮膚に塗布するCBD製品はCBDトピカルと呼ばれ、クリームやジェルなどのタイプがあります。

トピカルは全身への効果はなく、クリームなどを塗った範囲だけ局所的に炎症や疼痛を抑える効果があります。

CBDやCBDオイルはスポーツをするのに効果的?

CBDやCBDオイルは様々な面でアスリートをサポートします。

スポーツ選手にとって適度な緊張感は感覚を冴え渡らせて集中力を向上させます。ノルアドレナリンによって抹消の血管は収縮し、筋肉などの重要な臓器へ血流量を増加させることで良いパフォーマンスに繋がります。

しかし、過度な緊張感は心身に悪影響を与え、選手が実力を発揮することを難しくさせます。また心身の緊張は思わぬ怪我などにも繋がります。大舞台や大事な試合などでは特に精神状態は結果を左右することになるでしょう。

CBDやCBDオイルには不安や緊張を軽減する作用があります。

これまでにも数々の検証が行われており、心身へのストレスの多い状況において、CBDオイルを摂取した被験者は血圧や脈拍数が低下が見られ、リラックス効果があることが証明されました。

また、CBDやCBDオイルは試合後やトレーニング後などの疲労や筋肉痛の回復を早めることができる可能性があります。

激しいトレーニングなどにより疲労した筋肉は、筋繊維の損傷により炎症を起こしている状態で、腫脹や疼痛を伴います。

CBDやCBDオイルには炎症をコントロールする免疫系に作用し、炎症や疼痛を軽減させることにおいて非常に有効です。

また、競技によっては特に体の特定の部位に負担がかかったり、怪我や手術などによって慢性的な痛みを抱えていることがあります。

そのような場合はCBDオイルと併用して、局所的に炎症や疼痛を抑制するCBDスポーツクリームなどを使用するとさらなる効果が期待できます。

CBDやCBDオイルは炎症に効果がある?中毒症状や副作用はない?CBDやCBDオイルは炎症に効果がある?中毒症状や副作用はない?

そして、疲労の回復には良質な睡眠が欠かせません。細胞を修復する成長ホルモンであるメラトニンは睡眠中に分泌されます。

CBDやCBDオイルを寝る前に摂取すると、心身をリラックスさせ、さらには睡眠と関わりの深い神経伝達物質に作用して入眠を助けます

また、スポーツに怪我はつきものですが、頭部に衝撃を受ける機会も数多くあります。

例えば、フィジカルコンタクトの多いアメリカンフットボールの選手やボクサーなどは、繰り返し脳に衝撃を受けることで慢性外傷性脳症(CTE)と呼ばれる脳の変性疾患を起こしやすい傾向にあります。

CTEは競技を引退してから十年以上経過した後に、頭痛や人格の変化、認知障害などが出現します。CTEの症状はアルツハイマー病やパーキンソン病などと非常に似ています。

CBDは強力な抗酸化作用があり、脳細胞や神経をダメージから保護する役割があります。CBDオイルのアルツハイマー病やパーキンソン病などに対する治療効果は、これから研究が進められることが期待されています。

頭に激しい衝撃を受けた後はもちろん、トレーニングや試合などが終わってからすぐにCBDやCBDオイルを摂取することで、脳へのダメージを軽減したり、CTEの予防ができるのではないかと考えられています。

CBDやCBDオイルはドーピング検査で陽性にならない?

国際大会などでアスリートの使用禁止薬物を規定するのは世界アンチ・ドーピング期間(WADA)です。日本でのスポーツ大会においても基本的には同じルールになります。

2018年に、WADAは使用禁止リストから「CBDのみ」を除外しました。したがってCBDやCBDオイルなどは使用してもドーピング検査で違反とはなりません。

しかし、CBD製品の中にCBD以外のカンナビノイド成分が微量でも含まれている場合には、違反となる恐れがあるということに注意をしなければなりません。

まず、向精神作用のあるカンナビノイドであるTHCですが、そもそも日本では違法な成分となるため、基本的には購入が不可能です。しかし、輸入されたCBD製品にはTHCが微量に混入している場合があります。

CBDは単体で摂取するのではなく、ヘンプに含まれるテルペン類やビタミン類、CBD以外のカンナビノイド成分などと一緒に摂取する方が相乗効果を得ることができます。

通常はフルスペクトラムやブロードスペクトラムのCBDやCBDオイルが推奨されることが多いです。しかし、フルスペクトラムのCBDオイルは製法の特性上、0.3%以下のTHCが混入する可能性が高いです。

また、CBDやTHC以外のカンナビノイド成分であるCBGやCBNなどについても、法律上は違法ではありませんがドーピング検査の結果は陽性となります。

したがって、プロのスポーツ選手やドーピング検査を行う可能性がある場合は、CBDアイソレートやアスリート用のCBD製品を選択すると間違いがないでしょう。

CBDやCBDオイルはどれくらい体内に残る?薬物検査は大丈夫?CBDやCBDオイルはどれくらい体内に残る?薬物検査は大丈夫?

CBDやCBDオイルを使用しているスポーツ選手は?

アメリカでCBDやCBDオイルを支持していると公表しているスポーツ選手の一例を紹介します。

アメリカンフットボール・Terrell Davis

まず、アメリカンフットボール(NFL)の多くの選手は様々な理由で医療用大麻を使用して罰則を受けてきました。激しくぶつかり合うスポーツは常に脳震盪やスポーツ性外傷、強い不安などが付きまといます。

Terrell DavisはNFLの選手から医療用大麻の活動家に転換しました。特にCBDを支持しています。もしも現役時代にCBDを使用していたら、もう少し長く現役を続けられたのではないかと考えています。

現役時代は膝の怪我が影響し、出場メンバーを外されました。現在はCBDのおかげで、膝を含めて一切の体の痛みがありません。また、CBDの摂取を始めてから痛み止めを飲んでいないとのことです。

現在ではCBD入りスポーツドリンクのブランドを立ち上げ、アスリートを支えています。

バスケットボール・Al Harrington

次に、アメリカプロバスケットボール(NBA)はアメリカ国内および世界中で最も人気のあるスポーツの一つです。シーズン中は2日に一度のハードなスケジュールで試合をこなします。

Al Harringtonは1998年に高校からドラフトで直接NBAチームから選ばれたエリート選手です。16年の選手生活の中で7チームで活躍しました。

2011年に膝の手術の後遺症に悩んでいた時にCBD製品を紹介され、すぐにその効果に興味を持ちました。CBDについての勉強を重ね、引退した現在ではアスリートのためのCBD製品の会社を立ち上げました。

テニス・John Isner

そして2019年には現役のアメリカ人テニスプレーヤーであるJohn Isnerが世界で初めて、CBDスポーツドリンクの会社であるDefyとスポンサー契約を行いました。

大麻から作られたCBD製品が堂々とスポーツの世界で名前を出されることは異例でした。Defyは元NFLプレイヤーであるTerrell Davisによって立ち上げられた会社です。

Isnerによると、わずかな差が勝敗を分ける非常に集中力を要する勝負において、CBDスポーツドリンクは最高のコンディションでパフォーマンスすることを可能にする商品だと話しています。

関連文献