海外セレブも愛用?CBDやCBDオイルを使っている有名人とは?

海外セレブも愛用?CBDやCBDオイルを使っている有名人とは?

今、世界中で人気を集めているCBDやCBDオイルですが、有名人はその火付け役でもあります。本記事では、海外セレブやスポーツ選手を始めとしたCBDを愛用している日本や世界各国の有名人を紹介します。

そもそもCBDやCBDオイルとは?

CBDとは
CBDとは、Cannabidiol(カンナビジオール)の略称です。植物の麻(学名:カンナビス・サティバ)などに含まれている成分を総称してカンナビノイドと言いますが、カンナビジオールはその一種です。

CBDオイルは、キャリアオイルというベースとなるオイルにCBDが配合され販売されている製品です。

CBDやCBDオイルは危険?日本で違法?

CBDやCBDオイルは麻などの植物が原料です。麻というと、日本では違法薬物として取り締まりの対象となっている大麻を連想される方もいるのではないでしょうか。

違法薬物の大麻と原料が同じであるCBDは日本で違法なのでしょうか。また、CBDやCBDオイルの使用に危険性はないのでしょうか。

結論から言うと、CBDやCBDオイルは日本において違法ではありません。また、CBDやCBDオイルには危険性もありません。

違法薬物である大麻が取り締まりの対象となっているのは、主成分であるTHC(テトラヒドロカンナビノール)に、強い精神活性作用や依存性があるためです。

THCもCBDもカンナビノイドの一種ですが、CBDには精神活性作用や依存性はありません。

CBDは、私たちの身体に備わっているエンド・カンナビノイド・システム(ECS)という仕組みに対して働きます。ECSは、免疫機能や痛み、気分の調整などを行う仕組みであり、精神活性作用や依存性とは全く異なるものです。

大麻取締法にも「大麻草の成熟した茎及びその製品(樹脂を除く。)並びに大麻草の種子及びその製品を除く」とあり、麻の成熟した茎や種子から製造された製品は日本でも違法ではありません。

大麻取締法で除外されている部位からCBDは抽出することもできるため、日本でも合法なのです。日本で製造・販売されているCBDやCBDオイルはこれに該当します。

CBDやCBDオイルは健康や美容業界でトレンドとなっているだけでなく、ECSへの作用に着目した医学研究が世界中で進められており、病気の治療にも利用されています。

使用したCBD製品が体に合わず、アレルギーや副作用を起こすことはまれにありますが、これまでに行われている研究でも重大な健康被害は報告されておらず、CBDは安全性の高い成分であると知られています。

CBDやCBDオイルを使用している海外の有名人、セレブ、アスリートを紹介!

アスリートのCBDの作用
CBDやCBDオイルは、日本よりも先に欧米で人気に火がつきました。ここでは、CBDを愛用している有名海外セレブやアスリートを紹介します。

1人目は、アメリカNo.1セレブのカーダシアン一家からキム・カーダシアンです。キム・カーダシアンは4児の母であり、自身のコスメブランドなども手掛ける実業家です。忙しい中でもよく眠れるようCBDを愛用しているそうです。

また、代理母出産で第4子を迎える前に行ったお祝いのパーティーは、CBDをテーマに盛大に行われたことで話題になりました。パーティーの中では、様々なCBDアイテムが並んでいる様子がうかがえます。

同じカーダシアン一家の長女コートニー・カーダシアンもCBDに注目しており、CBD入りの美容液をプロデュースしています。毎日のスキンケアでCBD美容液を使用することで肌のトーンがアップしたとのことです。

2人目は、ハリウッド俳優のモーガン・フリーマンです。彼は2008年の交通事故の後遺症で線維筋痛症を患っており、その症状を和らげるためにCBDを使用しているそうです。
CBDやCBDオイルは線維筋痛症に効果がある?研究事例も紹介CBDやCBDオイルは線維筋痛症に効果がある?研究事例も紹介 モーガン・フリーマンはCBDやTHCについて、医療用としての使用に関しても積極的な態度を示しています。

3人目は、俳優のマイケル・Jフォックスです。彼は、29歳の時にパーキンソン病と診断され、手足の震えや体を動かしづらいといった症状と闘ってきました。パーキンソン病の症状を和らげるため、CBDを活用しているそうです。

また、マイケル・J・フォックスは、CBDや麻を原料とした医薬品の開発を後押しするため、自身の財団を立ち上げています。自身の闘病経験から、より多くの人の役に立つような研究を進めるべく活動しています。

4人目は、元世界ヘビー級王者のマイク・タイソンです。CBDやCBDオイルは、健康や美容業界だけでなく、スポーツ業界でもかなり人気を集めているようです。

マイク・タイソンは現在、麻の栽培農場の開発やCBD製品のプロデュースを行っており、CBDビジネスに積極的に参入しているようです。

5人目は、ブラジル出身モデルのアレッサンドラ・アンブロジオです。彼女は下着ブランドのヴィクトリアズ・シークレットのエンジェル(ブランドの広告塔のこと)を担っているスタイル抜群の人気モデルです。

アレッサンドラ・アンブロジオがショーのランウェイに立つ際に最も大切にしていることは、前日に8時間以上眠ることだそうです。緊張もありなかなか寝付けない際はCBDオイルを活用していると語っています。

6人目は、アメリカンフットボール選手のロブ・グロンコウスキー選手です。彼は主に痛みに対してCBD製品を愛用していると語っています。また、CBD製品を製造している企業とパートナー契約も結んでいます。
CBDやCBDオイルはスポーツに効果的?ドーピング検査で陽性にならない?CBDやCBDオイルはスポーツに効果的?ドーピング検査で陽性にならない?

CBDやCBDオイルを使用している日本の有名人、芸能人を紹介!

最近では、日本でもCBDやCBDオイルの認知度がかなり上がってきました。海外に比べると愛用者はまだまだ少ないようですが、ここではCBDやCBDオイルを使用している日本の有名人を紹介します。

1人目は、俳優の窪塚洋介さんです。ご自身のインスタグラムで、愛用しているCBDオイルを写真と共に紹介されています。

CBDオイルのメリットが大きいとコメントしており、フォロワーからも多くのリアクションが寄せられています。CBDの含有量が異なる製品を掲載しており、その時々に合わせて使い分けている様子がうかがえます。

2人目は、モデルの吉川ひなのさんです。吉川さんはなんと、ロールオンタイプのCBDオイルをご自身でプロデュースされています。ハワイ在住で、SNSからは自然派の生活を送られている様子が分かります。

ロールオンタイプの製品は持ち運びがしやすく、手を汚すことなく使用できる製品です。ご自身がプロデュースした商品は、3種類の異なるタイプがセットになっているため楽しく使うことができそうです。

3人目は、K-1選手の武尊選手です。インタビューの中で、海外遠征時にCBDに出会って以来、愛用していると話しています。スポーツ選手らしく、CBDオイルだけでなくバームやクリームを筋肉痛や打撲のケアに使っているそうです。

経口摂取の製品としては、CBDグミがおすすめだと紹介されています。様々なタイプの製品を上手く活用しているようです。

4人目は、モデルのマギーさんです。ファッション雑誌の記事で、夏におすすめの美容アイテムのひとつとして、CBDオイルを紹介されています。眠りが浅い時、寝る前に舌にのせて使っているとのことです。

マギーさんは、インスタグラムのストーリーでCBDのフェイスパックを使用している姿をアップしていたこともあるようで、様々なタイプのCBD製品を愛用されているようです。

本記事では、CBDやCBDオイルを愛用している海外と日本の有名人を合わせて10人程紹介しました。紹介しきれませんでしたが、CBDやCBDオイルを愛用している有名人は他にも多数いらっしゃいます。

海外セレブやスポーツ選手などの有名人はトレンドの最先端の愛用者が多く、彼らからは新しい情報をキャッチすることができます。

CBDやCBDオイルの最新情報を得るために、海外や日本の有名人の動向もチェックしてみてはいかがでしょうか。あなたに合うCBDやCBDオイルの活用法が見つかるかもしれません。