CBD化粧品はスキンケアに効果がある?日本に輸入できる?

CBD化粧品はスキンケアに効果がある?日本に輸入できる?

CBDは健康や美容業界で注目を集めており、CBDを配合した化粧品は有名ブランドも含め多くの製品が販売されています。本記事では、CBD化粧品がスキンケアに効果的なのか解説していきます。また、海外製のCBD化粧品を日本に輸入できるのかどうかも解説します。

CBD化粧品の原料であるCBDとは何?

CBDとは、植物の麻(学名:カンナビス・サティバ)などに含まれている有効成分カンナビジオール(Cannabidiol)の略称です。

麻に含まれている有効成分を総称してカンナビノイドといいます。CBDは数あるカンナビノイドの中でも主要な成分で、テトラヒドロカンナビノール(THC)とともに、2大カンナビノイドともいわれています。

私たちの体にはエンド・カンナビノイド・システム(ECS)という仕組みが備わっており、免疫機能や気分の調整、痛みの制御などを行っています。CBDはECSに働きかけることで、様々な効果を発揮すると考えられています。

この仕組みに着目し、様々な疾患分野でCBDに関する医学的研究がこれまで何年にも渡って行われてきました。また、健康維持のためにCBD製品をサプリメントのような感覚で活用する人も増えています。

最近では、欧米を中心に美容業界でもCBDへの注目度が非常に高くなっており、CBDを原料に含む様々な製品が人気を集めています。

この流れは日本でも活発になってきています。美容業界において、流行の最先端のひとつといってもいいでしょう。

CBD化粧品は、これまでも広く使われているスキンケア製品やメイクアップ製品に、CBDの成分が配合された化粧品です。CBD特有の効果を期待して、CBD化粧品の数や種類は増えてきています。

CBD製品にはどんな種類がある?化粧品として使える?

それでは、具体的にどのような種類の製品が販売されているのでしょうか。

CBD製品は元々、CBDオイルやVAPE(ベイプ)といった製品が主流です。しかし、最近では種類が多様化してきており、CBDクリーム、CBDグミ、CBDキャンディといった様々な形で販売されています。

製品の種類により、摂取方法も異なります。CBDオイルは舌下投与、ベイプは専用の加熱式タバコの器具を使う方法が一般的です。CBDオイルは飲み物に混ぜるなどして経口投与したり、肌に直接塗ることもできます。

化粧品としてスキンキア効果を期待するならば、CBDオイルやCBDクリームといった製品を肌に直接塗布する方法が使いやすくおすすめです。

CBDオイルとCBDクリームでも使い心地は異なるため、継続して使用するためには自身の好みに合う製品を選ぶことが大切です。

その他にも、CBDを配合した美容液やバーム、リップなども販売されており、CBD化粧品のラインナップもかなり豊富になってきています。普段の生活に取り入れやすいものから試してみて、自分に合うものを探してみてください。

筆者のおすすめの方法を紹介します。お風呂上がりに必ずボディクリームなどで全身を保湿するという方は、この保湿剤をCBDオイルやCBDクリームにしてみてください。

また、1年中唇が乾燥しリップクリームを手放せないという方は多いのではないでしょうか。リップケア製品をCBD入りのものにしてみる方法は、手軽に取り入れることができるので男性女性ともにおすすめです。

CBD化粧品はアトピーやニキビに効果はある?

CBD化粧品がスキンケアとして期待される理由は、CBDには抗炎症作用が認められているからです。CBDの抗炎症作用についてはいくつかの研究結果が発表されており、アトピーやニキビに効果があることが示唆されています。

CBDやCBDクリームはにきびや湿疹に効く?塗り方や副作用は?CBDやCBDクリームはにきびや湿疹に効く?塗り方や副作用は?

冒頭で説明したECSは、CB2受容体にCBDが結合することにより働きます。CB2受容体は全身の様々な部位に存在しますが、特に免疫細胞や皮膚組織に豊富であるといわれています。

2014年に発表された研究ではCB2受容体が特に免疫細胞や皮膚細胞に多く分布していること着目し、皮脂細胞などに対してCBDがどのような反応を示すかを調べています。

この研究では、皮脂の異常な生成や炎症を引き起こす物質であるサイトカインの抑制効果が確認されました。

また、細胞や動物ではなく、人の皮膚疾患に対してCBDオイルやCBDクリームを使用した例も報告されています。

2018年に発表された論文では、3症例と小規模ですが、表皮水疱症という皮膚難病の小児患者にCBDを局所投与(患部に直接塗布)した結果、水疱の減少や水疱による痛みの抑制効果が得られました。

CBD化粧品がアトピーやニキビに効果があるということが、これまでに大規模な臨床試験で証明されたわけではありません。しかし、効果を示唆する研究結果は多数報告されており、さらなる研究の発展が期待されています。

これまでの多くの研究でCBDの重大な副作用は報告されておらず、CBDはかなり安全性の高い成分であるといわれています。

CBDは植物由来の自然な成分で刺激がそれほど強いものではありません。肌に気になる症状がある場合には、CBD化粧品を試してみるのもひとつの選択肢になると思います。

CBDクリームはアトピー(アトピー性皮膚炎)や乾癬に効果がある?CBDクリームはアトピー(アトピー性皮膚炎)や乾癬に効果がある?

海外のCBD化粧品を日本でも購入できる?

CBDに関連する市場は日本よりも海外の方が活発です。そのため、CBD化粧品も海外のものの方が豊富なラインナップが揃っています。海外のCBD化粧品を日本に輸入したり、日本で購入したりすることはできるのでしょうか。

様々な種類のCBD化粧品から選びたい場合は、日本へ発送してくれる海外のネットショップを利用すると良いでしょう。海外のサイトや英語に抵抗がある方は、日本のショップを利用する方がスムーズです。

ただし、CBD化粧品を購入したり、海外から輸入したりする場合にはいくつか注意点がありますので、以下の解説を必ず参照してくだい。

日本では化粧品の製造や販売において、含有してよい成分やその表示方法などについて、厚生労働省や消費者庁が制定している法律や関連する指針により細かく定められています。

例えば、CBDが5%含まれていると表示されているのに、全く含まれていなかったり、少ない含有量であったりする製品は、薬機法や景品表示法に違反していることとなり、製造販売元は行政処分の対象となる場合があります。

また、CBD関連の製品を海外から輸入する場合に最も注意しなければならないのが、日本において違法となる成分を持ち込まないことです。

CBDと同じカンナビノイドの一種であるTHCは、日本において違法薬物として厳しく規制されているカンナビノイドの一種です。

THCには強い精神活性作用(いわゆるハイになる作用)や依存性があり、日本では大麻取締法により厳しく取締が行われています。一方海外では、日本とは異なり大麻が合法とされている地域もあります。

そのため、海外製のものでCBDオイルやCBD化粧品として販売されている製品の中には、THCが含有されている場合もあります。このような製品を日本に輸入してしまうと、大麻取締法違反により刑事処罰の対象となります。

CBDとTHCの違いは?相乗効果はある?そもそも日本で合法なの?CBDとTHCの違いは?相乗効果はある?そもそも日本で合法なの?

CBDが日本で合法とされるのは、精神活性作用がなく、麻の禁止部位以外(成熟した茎や種子)から抽出されているためです。

違法となるCBD化粧品の使用を避けるためには、注意深く成分表示を確認することが必要です。また、製造販売元や販売しているショップが信頼できる業者であるかどうか必ず確認しましょう。

化粧品メーカーに限ったものではありませんが、アメリカの医薬品および食品の規制当局であるFDAからは、CBD関連企業の違法販売に対する警告が昨年末頃に発出されています。

日本の厚生労働省でも問題となる製品がないか監視し、その結果をホームページで公表していたり、第三者の検査期間が成分検査を実施し、結果を公表していたりします。

以上のような情報を定期的に確認し、CBD化粧品を安全に使用できるよう努めましょう。

違法な製品に注意し正しく使用すれば、CBD化粧品は美肌づくりに役立つ可能性が十分にあります。自分に合うもの見つけて、普段のスキンケアに取り入れてみてはいかがでしょうか。

関連文献