CBDやCBDオイルは禁煙に効果的?タバコの代わりになりうる?

CBDやCBDオイルは禁煙に効果的?タバコの代わりになりうる?

喫煙は健康に多大な被害を与えますが、それと同時にニコチン依存症を起こすため禁煙したいのにできない人が大勢います。本記事では、喫煙が招く健康被害や依存症、CBDが禁煙をサポートできるのか、またどの摂取法が禁煙に効果的なのかなどを説明しています。

禁煙するのは難しい?タバコのもつ害悪性

WHOの発表によるとタバコの煙には7,000を超える化学物質が含まれていて、その中で少なくとも250の化学物質は健康に悪影響を及ぼし、69の化学物質に発がん性があることが分かっています。

特に身体に有害だと知られているタバコの成分は、ニコチン、一酸化炭素、シアンで、これらの有害物質は肺からだけでなく、口腔内、気道、胃、腸管の粘膜からも吸収されて身体に害を与えます。

タバコの害悪性

WHOのレポートによるとタバコは以下のような害を身体に与えます。

タバコが原因となる疾患
息切れ、喘息の悪化、呼吸器感染症、癌、冠状動脈性心臓病、虚血性心疾患、脳血液循環障害、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、骨粗しょう症、失明、白内障、歯周病、大動脈瘤、アテローム性動脈硬化性末梢血管疾患、股関節骨折など

この中でも特に、癌や虚血性心疾患、慢性閉塞性肺疾患は喫煙による影響が大きいと言われていて、喫煙関連三大疾患と呼ばれています。

タバコの依存性

喫煙者の28.9%は禁煙意思があると報告されていますが、それにもかかわらず喫煙者が目に見えて減っていないという事実があります。

喫煙は恐ろしい疾患を招く可能性を高めてしまうのに、一体なぜ喫煙者はタバコをやめられないのでしょうか。

その理由は、タバコの成分であるニコチンに強い依存性があるからです。

タバコを吸ってニコチンが体内に入ると、快感を感じさせるドーパミンという物質が体内に大量に放出されます。

喫煙者がイライラするときや落ち着くためにタバコを吸うのはこのドーパミンを放出して快感を得たいという欲求からです。

しかし、体内にあるニコチンの作用は長時間続くわけではないため、ドーパミンの快感作用はすぐに切れます。

すると今まで快感を感じていた身体は、再び快感を味わいたいと思い、イライラしたり落ち着かなくなったりするという離脱症状を起こすことで喫煙を要求します。

仕事の最中にタバコ休憩が必要な人や、喫煙できないからと長時間飛行機に乗れない人がいますが、かなりの離脱症状を起こしていると考えられるでしょう。

離脱症状は喫煙者にとって大変苦しいものなので、離脱症状を解消するためにまた喫煙をします。そして、ニコチンが切れると離脱症状を起こし、また喫煙という悪循環にはまっていきます。

こうして喫煙者はニコチン依存症に陥っていくのです。

ニコチン依存症になると、禁煙することがかなり難しくなります。頭では禁煙すべきだと分かっていても身体がニコチンを強く欲してしまうため、自分の欲求をコントロールできなくなるからです。

一度ニコチン依存症になってしまったら、禁煙はヘロインなどの麻薬をやめるのと同じくらい困難だとも言われます。

禁煙することのメリット

禁煙は相当辛いことであるとしてもする価値があります。禁煙することによって得られるメリットを見ていきましょう。

健康寿命が延びる可能性が高い

喫煙する最大のメリットは、タバコが原因で引き起こされるかもしれない疾患を防ぐことができることです。

「大好きなタバコを吸えるのなら病気になっても構わない」と考える人も中にはいますが、いざ命に関わる大きな病気になると「あの時禁煙すべきだった」とほとんどの人が後悔します。

それだけ自分がしてきた喫煙のために命に関わる病気に罹ってしまったという事実は辛いということなのでしょう。

今や人生100年の時代です。長い人生において少しでも健康でいられる可能性の高い選択をした方が、幸せだと思いませんか。

周りの人に迷惑をかけない

喫煙することで周りの人に多大な迷惑をかけます。

有害物質であるニコチンやタールは喫煙者が吸い込む主流煙だけでなく、副流煙にも含まれています。

そのため、非喫煙者が副流煙を吸い込むと、喫煙していないのにもかかわらず喫煙関連三大疾患になる可能性があります。

このような受動喫煙の影響で、世界で年間60万人もの人が亡くなっていると言われています。

喫煙という自分の行動のせいで周りにいる人を死に至らしめてしまう恐れがあるということです。このようなことからも、禁煙がいかにメリットのあることかが分かるのではないでしょうか。

仕事の効率や周りからの信頼度が上がる

ヘビースモーカーは、タバコを大量に吸っているイメージやニコチンに依存しているという事実から同僚や上司からの評価が悪くなる可能性があります。

禁煙すれば、禁煙を達成したということで周りからの信頼を得ることにつながりますし、イライラするなどの離脱症状に悩まされることもなくなるため、その分仕事に打ち込むことができるようになるでしょう。

また、一酸化炭素による血液循環の悪化もなくなることから仕事の効率も喫煙時より高くなるはずです。

旅行に気軽に行ける

ニコチン依存症になると長時間飛行機に乗ることが辛くなりますし、海外では喫煙のルールが日本より厳しいことも珍しくないため、喫煙者はかなり肩身の狭い思いをすることが予想されます。

タバコを止めることができれば、このような悩みはなくなり、気軽に旅行に行けるようになります。

経済的である

タバコ税などで、タバコの値段が高く設定されているため、喫煙者の出費は相当なものになるはずです。

禁煙することで経済的な負担が少なくなることは間違いないですし、禁煙した分のお金を自分の好きなことのために使うことができて良かったという声も多いです。

CBDやCBDオイルが禁煙に効果的?身体に害はない?

2013年の二重盲検試験によると、24人の喫煙者のうちプラセボ(偽薬)を吸入した群では喫煙したタバコの本数に変化が見られなかったものの、CBDを吸入した群では喫煙量が40%も減少したと報告されています。

CBD吸入群の喫煙量が減少した理由として、CBDがエンドカンナビノイドシステム(ECS)に作用し、タバコへの衝動が抑えられたということが考えられます。

ECSは、依存症行動の調節に関与していて、このシステムを活性化することにより薬物中毒の治療に役立つ作用があると言われています。

また、CBDを吸入することで喫煙と物理的に近い行為になり、禁煙しやすかったことも喫煙量が大幅に減少した要因の一つでしょう。

CBDを安全に摂取するには

CBDやCBDオイルは、身体に害のあるタバコと違い、安全性が高く安心して摂取することができるものです。

しかし、いくら効果的に禁煙をしたいからと言って、大量のCBDを吸いすぎると副作用の危険が高まるということも忘れないようにしましょう。

CBDやCBDオイルを過剰摂取したらどうなる?どれくらい体内に残る?CBDやCBDオイルを過剰摂取したらどうなる?どれくらい体内に残る?

自分にとっての適切なCBD量を見つけて、効果が出る最小限の用量のCBDを摂取してください。

禁煙のためのCBD摂取方法のおすすめは?

禁煙のためのおすすめのCBD摂取方法は、ベイプで蒸気を吸う方法とオイルを舌の下に垂らして摂取する舌下摂取です。

ベイプでの摂取

ベイプでの摂取のメリットは、直接肺に吸収させることができるため、数秒~10分と速い速度でCBDの効果を実感することができることです。

また、吸収率が34~56%と高いことから、ベイプでの摂取はCBDを摂取する最も効果的な方法の一つとしても知られています。

デメリットは、吸入摂取をするにはアークペンなどの機器を購入することが必要なことや、吸入摂取が許可されている場所のみでの使用しかできないということです。

また、たとえ吸入摂取が禁止されていない場所であったとしても人混みや歩きながらの使用はマナー違反になりますから気を付けましょう。

さらに、吸入摂取は効き目が速い反面、効果の持続時間が30分~1時間ほどしかないというのもデメリットの一つです。

ベイプでの摂取は、吸収率が高いことの他に、物理的な行動がタバコとよく似ていることからタバコの代わりとして禁煙に最もおすすめの摂取方法だと言えます。

舌下からの摂取

舌下摂取は、舌の裏側にある太い血管から直接CBDを吸収させて摂取する方法です。

舌の下にCBDオイルを垂らし、舌の裏側をCBDに触れさせて90秒から2分間維持します。時間が経って口の中に残ったオイルはそのまま飲み込みましょう。

舌下摂取のメリットは、摂取の際にアークペンなどの機器が必要ないことと、ベイプでの摂取に比べて効果の持続時間が4~8時間と長いことです。

CBDやCBDオイルはなぜ舌下摂取なの?やり方も解説します!CBDやCBDオイルはなぜ舌下摂取なの?やり方も解説します!

関連文献