CBDとTHCの違いは?相乗効果はある?そもそも日本で合法なの?

CBDとTHCの違いは?相乗効果はある?そもそも日本で合法なの?

大麻成分であるCBDとTHCですが、両者には大きな違いがあります。両者の効果の違いや相乗効果、副作用、日本の法律の解釈についてなど、近年日本でも注目されているCBD製品を購入・使用するうえで認識しておくべきポイントについて解説します。

そもそもCBDやTHCとは?

CBD [Cannabidiol; カンナビジオール] とTHC [Tetrahydrocannabinol; テトラヒドロカンナビノール] は、大麻草などに含まれる大麻成分 (カンナビノイド) です。

CBDとTHCは構造が非常によく似ており、化学式も同一です。ただし、両者は原子配置が異なり、違った構造をしています。この構造の違いが、摂取した際の生体への効果に大きな違いをもたらしています。

生体には、エンドカンナビノイドシステム (ECS) と呼ばれる、生体維持のメカニズムがあります。ECSは、代謝、気分、消化、睡眠、免疫、心臓機能、体温など、生存のために必要なさまざまな機能を調節しています。

CBDもTHCもECSに深く関わりますが、その作用の仕方は異なります。

詳しい作用機序は後述しますが、THCは劇的な精神活性作用 (「ハイ」になる作用) があることからマリファナの原料にもなっており、日本を含む多くの国で規制対象になっています。

ただし、身体への良い効果も確認されており、医療大麻として使用を認めている国や地域もあります。

一方で、CBDはTHCのような効果はもたらさず、日本でも規制対象にはなっていません。

また、こちらも詳しい効果や効能は次項で解説しますが、CBDは心身にさまざまな良い効果をもたらし、病気の症状を緩和するなどの働きも確認されています。

現に、WHO (世界保健機構) では、CBDが病気の諸症状への効果が実証・示唆されており、CBDに乱用の可能性や個人・公衆衛生上に問題が起こり得る危険性が確認されていないと認めています。

WHOはCBDやCBDオイルを認めている?安全性や選び方を解説WHOはCBDやCBDオイルを認めている?安全性や選び方を解説

ただし、あくまでも「悪影響が確認されていない」という見解であり、絶対に安全であると保障しているわけではないので、注意が必要です。

CBDとTHCの効果・効能の違いは?

先ほどCBDとTHCについて簡単に説明しましたが、両者には具体的にどのような効果や効能があるのでしょうか。

先にお知らせしたように、CBDとTHCは生体内のエンドカンナビノイドシステム (ECS)に作用することで、効果を及ぼします。しかし、両者のECSへの関わり方には若干の違いがあります。

THCは強い精神活性作用をもたらす

ECSは通常、生体に存在する内因性カンナビノイドが、カンナビノイド受容体に結合することで引き起こされます。しかし、THCはカンナビノイド受容体であるCB1に自ら結合します。

CB1は脳神経に広く分布しており、そのためCB1に直接相互作用するTHCは強く精神に影響を与えます。

それによって、視覚や聴覚、味覚などが鮮明に感じられるようになったり、気分が高揚したり欲求が高まったりします。

この作用が、マリファナの「ハイ」になるという症状です。

THCはマリファナの主成分であるため、精神活性作用に注目が集まりやすいですが、実は生体に与える影響はそれだけではありません。

THCはCB1に起因する作用に加えて、末梢神経や免疫細胞、内臓組織などに分布するCB2という受容体とも相互作用し、鎮痛、沈静、催眠、食欲増進、抗がんなどの作用があると言われています。

そのため、カナダなど医療大麻として使用が認められている国もあります。ただし、これは医療目的としての扱いであり、嗜好品としてマリファナを吸うのとは意味が異なります。

また、現在の日本では医療大麻は認可されていませんのでご注意ください。

CBDは心身の健康の維持に関与する

では、CBDはどのようなメカニズムで、どういった効果をもたらすのでしょうか。

実はCBDのカンナビノイド受容体に対する親和性は、THCほど強くはないと言われています。

CBDが生体に影響があるのは、内因性カンナビノイドを活性化することで、間接的にECSに作用するためです。

THCは精神に劇的な活性をもたらしますが、CBDを摂取することによって得られるのはリラックス効果です。

日々のちょっとしたストレスの解消にもCBDは効果的ですが、うつや不安、パニック障害などのより大きな精神面の問題にも、CBDは有効であるとされています。

さらに、CBDは身体の痛みやかゆみを抑えたり、ニキビなどの皮膚の炎症も緩和します。

そのほか、神経変性疾患や高血圧、動脈硬化、関節炎・リウマチ、アトピー性皮膚炎、がんなどのさまざまな病気の症状への効果も実証または示唆されています。

話題沸騰中!CBDやCBDオイルの効果・効能や副作用を徹底解説!話題沸騰中!CBDやCBDオイルの効果・効能や副作用を徹底解説!

このように、CBDもTHCもECSを介して心身さまざまな症状に効果があることは共通しています。しかし、やはり大きな違いは、強い精神活性作用があるかないかです。

この点が、CBDとTHCについて考えるうえでの大きなポイントになるでしょう。

CBDとTHCに副作用はある?

CBDやTHCを摂取した際に、副作用はあるのでしょうか。

実は、両者とも副作用が確認されています。しかし、その症状や程度には、大きな違いがあります。
以下に両者の副作用などの悪影響について解説し、比較します。

THCには依存性があり、心身によくない影響も与える

THCは摂取することで気分の高揚感をもたらしますが、その反動で良くない症状が出ることも知られています。

そのひとつが依存性です。

THCは脳内報酬系という経路に強く作用します。脳内報酬系とは、行為や経験による刺激に対して快楽を感じ、その刺激を反復して求めるようになる経路です。

脳内報酬系は食事、排せつ、生殖など、人間の生存・繁栄において必要なシステムですが、場合によってはその行為に依存してしまうなど、悪い影響を及ぼすこともあります。

THCにも依存性が確認されています。

依存の程度はカフェインと同等でそこまで大きくはないという説もありますが、それでもマリファナの常習者が突然摂取をやめた際に強い禁断症状が出ることも確認されており、軽視は決してできません。

また、THCを継続して摂取すると、精神や脳機能に影響を与えます。

大麻による精神・脳機能の影響について、大麻精神病という言葉が使われることがあります。

大麻精神病は正式な病名ではないものの、大麻が幻覚や妄想、気分の変化といった状態をもたらすことからそのような名称がつけられ、その症状は統合失調症に近いともいわれています。

現に、大麻使用者が統合失調症の遺伝的素因を持っていると、その発症の時期が早まるという説があります。

また、記憶障害、問題解決能力の低下といった脳機能の障害をもたらすこともあります。

2016年、大阪大学の研究では、大麻が脳神経の必要なネットワークを刈り取ってしまうことが発見され、大麻が脳機能に重篤な悪影響を及ぼすことが示されました。

さらに、心拍数の増加や運動機能の障害、吐き気・嘔吐など、身体にも影響を与えます。

CBDにも多少の副作用がある

一方で、CBDの副作用としては、高用量の摂取によりめまい、吐き気、下痢、食欲不振などが報告されています。

しかし、THCのように精神や脳機能に重篤な障害をもたらすわけではなく、心身への悪影響はわずかだと言われています。

もっとも、CBDの副作用の出方には個人差があり、また持病がある人は、その症状によっても違いが出る可能性があります。さらに、特定の種類の薬はCBDとの薬剤相互作用によって大きな影響が出る場合もあります。

CBDやCBDオイルは薬の効果を妨げる?飲み合わせや相互作用は?CBDやCBDオイルは薬の効果を妨げる?飲み合わせや相互作用は?

THCより悪影響が少ないからと安心して良いわけではありませんが、正しい摂取の仕方をしていれば、CBDについてはそこまで悪影響を心配する必要はないでしょう。

CBDとTHCを一緒に摂取することのメリットは?

ここまでで、CBDやTHCの効果や悪影響があるかどうかについて説明してきました。

しかし、麻には100を超える種類のカンナビノイドやテルペン (カンナビノイド以外に麻に含まれる成分) が含まれています。

カンナビノイドを摂取する際には、単体として単離してきたものばかりではなく、複数の成分が混合しているものを使う場合もあります。

そのため、CBDとTHCの影響について考える場合は、それら単体だけではなく、一緒に摂取したケースも視野に入れておく必要があります。

カンナビノイドは複数摂取した方が効果は上がる

まず、カンナビノイドに挙げられる大きな特徴に、アントラージュ効果というものがあります。

これは、単体のカンナビノイドを摂取するより、他のカンナビノイドやテルペンを複数摂取することにより、相乗的な効果が得られるというものです。

例えば、CBD単体を徐々に量を増やしながら摂取していった場合、ある程度の量までは効果は上がっていきますが、ある量を境に効果効率は下がっていきます。

この現象は、その評価をグラフにした際に見える形状から、釣鐘効果と呼ばれています。
しかし、他のカンナビノイドやテルペンと組み合わせた場合、効果効率は停滞することなく、増え続けます。これがアントラージュ効果です。

このことから、CBDやTHCといったカンナビノイドは、単体で摂取するよりも他の麻の成分も複数摂取した方が、よりよい効果が得られやすい、ということになります。

高用量のCBDがTHCの中毒症状や精神症状を緩和する

CBDやTHCも同時摂取することで単体とは違った効果をもたらします。

特に、THCの脳神経に与える影響を変化させることが知られています。

2019年に発表された論文では、36人の被験者を対象にTHCとCBDを同時摂取した時の中毒症状の違いを評価しています。

その実験結果から、低用量のCBDはTHCの中毒症状を高めますが、高用量のCBDは減少させることが分かりました。

また、CBDはTHCによる精神症状や脳機能の低下を緩和することも示されています。

2012年には、CBDがTHCによって誘発されるパラノイド (被害妄想) や記憶障害を抑制することが明らかになりました。

これらの結果から、低用量のCBDはTHCの影響を高めますが、高用量のCBDはTHCの悪影響を打ち消すことが分かります。

CBDとTHCはそれぞれ日本で合法なの?

CBDとTHCについて解説してきましたが、実際のところ日本ではこれらの成分は認められているのでしょうか。

実は、日本では大麻取締法によって大麻は厳密に規制されており、所持しているだけで違法となってしまいます。特にマリファナの主成分であるTHCは全面的に禁止されています。

しかし、CBDについてはその限りではありません。

CBDは先ほども説明した通り、強い精神活性作用が確認されていないため、成分そのものとしては規制対象になっていません。

また、麻という植物はマリファナばかりに利用されてきたわけではありません。衣類、神具、食用など、さまざまなことに利用されてきた歴史があります。

そのため、麻全般を規制するわけにはいかず、大麻草でもTHCの含有量が限りなく少ないとされる成熟した茎や種子は、例外的に法律上の大麻の分類から外しています。

つまり、成熟した茎や種子から抽出し、混合物としてTHCが検出されないCBDは日本の法律的に問題がないことになります。

近年、日本でもCBDオイルなどのCBD製品が販売されるようになりましたが、それにはこのような背景があったのです。決して違法なものではありませんので、安心して使用できます。

ただし、実際にCBD製品を購入したり使用したりするには、少し注意すべきポイントがあります。

それは「本当にTHCフリー (THCが含まれていないこと) であるか」を、きちんと調べておくことです。

現在、CBDオイルなどは、日本で製造販売されているものは少なく、多くは海外から輸入されてきたものです。

ただし、大麻の認識は各国で異なり、規制のされ方も日本とは少し異なる場合があります。例えば、アメリカではTHCの含有率が0.3%以下のCBD製品は合法であり、その点で日本の法律とは合致しません。

もっとも、海外のCBD製品が日本に入ってくる際には、販売代理店がきちんと日本の法律に抵触しないCBD製品を厳選している場合が多く、税関でも検査が行われています。

しかし、そうはいっても、THCが含まれるCBD製品がまったく流通していないとは限りません。

現に2020年2月、厚生労働省ではあるブランドから販売されているCBD製品の一部が大麻に該当する可能性があるとして、対象となる商品の回収を呼びかけました。

このブランドは大手であり、日本でも広くCBD製品が販売していました。そのような商品であっても、手違いでTHC入りのものが流通してしまう危険があることは、消費者も常に認識しておかなくてはなりません。

そのため、ご自身でもその製品の安全性を確かめる必要があります。

ラベルの成分表や「THCフリー」の表記があるかを確認するのはもちろんですが、品質に対する検査結果が公表されているか、口コミの評判はどうかといった情報もウェブサイトなどでチェックするようにしてください。

また、先ほどの厚生労働省の事例のようなケースもありますので、購入後もチェックは継続するようにしましょう。

「安全です」という宣伝文句を鵜呑みにするのではなく、ご自身で責任をもって確かめることが、健康上も法律上も自分を守ることにつながります。決して怠らずに、自主的に調査するようにしましょう。

THCが入っていないCBDオイルのおすすめを解説!口コミも紹介!

本メディアでは、

  • THCが含まれていない(THCフリー)商品を購入する
  • 第三者の検査機関での成分表などを確認し、不純物が含まれていないことを確認する
  • できるだけCBDが5%以上入っているものを選ぶ

など、CBD製品を購入する際の注意点についてご紹介しました。

しかし現在、沢山の種類のCBD製品があり、

「どのCBD製品を選べば良いのか分からない」
「優れたCBD製品が欲しい」
「今のCBD製品に満足していない」

と感じている方も多いのではないでしょうか?

CBD先進国であるアメリカではCBDオイルが最もスタンダードなCBD製品となっており、CBD初心者の方には摂取しやすく、効果を実感しやすいCBDオイルが特におすすめです。

そこで、我々編集部が厳選したTHCが入っていないCBDオイルのおすすめをご紹介します!

CBDの専門家集団が立ち上げた日本発CBDブランド「THE CBD」のCBDオイル

まずおすすめしたいのが、本記事を執筆しているCBDの専門家集団である株式会社麻田製薬が立ち上げたCBDブランド「THE CBD」のCBDオイルです。

本記事を見て、「THCが入っているものを選ぶのは大変そう」と考えている方がいらっしゃると思います。

そんな人にぜひともおすすめしたいCBDオイルがTHE CBDのCBDオイルになります。

THE CBD オイル

第三者機関による商品の成分分析を実施済みで、THCが一切検出されないことを確認しておりますので、安心・安全です。

内容量は10mlで、CBDが5%(500mg)含まれており、初めての方や既にCBD製品を使用されている方にもちょうど良い濃度、含有量となっています。

純度99%以上、高品質のCBDをふんだんに使用したクセのないCBDオイルとなっており、農薬を一切使用していない完全オーガニック製品なので、安全性が非常に高いです。

上述した注意点を全て満たしているだけではなく、GMP認証(医薬品の製造が許可されている認証)されている安心・安全の工場で厳格な品質管理のもと製造しております。

CBD初心者の方がお気軽にお買い求めできるよう、今なら2,000円OFFの3,980円でのご提供となります。業界最安値帯で提供しているこのチャンスをお見逃しなく、お気軽にお申し込みください!

オーガニックのヘンプを使用しているBIG SKY BOTANICALSのCBDオイル

続いて、アメリカ発のブランドBIG SKY BOTANICALSのCBDオイルもおすすめです。

オーガニックで遺伝子組み換えではない原料を使用しており、THCも不使用のため、安心してお買い求めいただけます。

内容量は30mlで、CBDが5%(1500mg)と2.5%(750mg)、0.8%(250mg)の3つから選ぶことができ、価格はそれぞれ99.95ドル、59.95ドル、29.95ドルと少し値段が張っております。

しかし、安全志向の方にとっては試してみる価値があるでしょう。

BIG SKY BOTANICALSのCBDオイルの口コミをご紹介!

  • いままではよく寝付けなかったのですが、CBDを摂取することでぐっすり眠ることができました。また、寝起きもよかったので、また注文しようと思います。
  • 犬と一緒に飛行機に乗る際、行きは落ち着かない様子だったので、帰りでこのCBDを与えることにしました。その結果、飛行中はずっと落ち着いていて、よかったです。

ただ、こちらの商品は、まだ日本に流通されていないため、アメリカで購入することが最短のルートとなってしまいます。また、日本に流通したとしても、税関や空輸の関係で現地と同じ金額で購入するのは難しいでしょう。

アメリカ発!JOY ORGANICSのCBDオイル

他にもCBD先進国であるアメリカ発のブランドJOY ORGANICSのCBDオイルがおすすめです。

THCフリーなのはもちろんのこと、成分検査も実施済みであり、カスタマーサポートが親切であると評判です。

内容量は30mlで、CBDの量も4種類から選ぶことが可能です。また、フレーバーもミントやオレンジ、レモンなど選ぶことができ、飲みやすいです。

JOY ORGANICSのCBDオイルの口コミをご紹介!

  • 他の会社の商品を色々と試してみましたが、あまり十分な効果を実感することができませんでした。しかし、JOY ORGANICSのCBDオイルは一晩で効果を実感することができ、満足してます。
  • 注文した翌日に届いてびっくりしました。カスタマーサポートがしっかりしていて、他の会社とは違う気がします。

こちらの商品もまた、日本に未流通の商品となってしまっており、流通されるのを待つしかありません。また、日本に流通したとしても、税関や空輸の関係で現地と同じ金額で購入するのは難しいでしょう。

関連文献