CBDやCBDオイルはてんかんに作用する?CBDの薬は日本で合法?

CBDやCBDオイルはてんかんに作用する?CBDの薬は日本で合法?

CBDのてんかんへの効果は以前より注目されていました。そのメカニズムや臨床試験の結果、CBDを摂取するうえでの注意事項、CBDのてんかん薬、CBDとてんかんにまつわる歴史など、さまざまな観点からCBDとてんかんについて解説します。

CBDやCBDオイルとは?ハイにならない?

CBD [Cannabidiol; カンナビジオール] は麻などの植物に含まれるカンナビノイドと呼ばれる成分の一種です。

麻といえば、マリファナという麻薬の原料となる植物 (大麻) の印象が強く、そのためCBD自体も危険なものでは、と警戒する方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、CBD自体は決して危険なものではありません。

麻に含まれるカンナビノイドには、100を超える種類のものが確認されています。その中で、マリファナの主成分であるカンナビノイドはTHC [Tetrahydrocannabinol; テトラヒドロカンナビノール] というものです。

THCを摂取すると、脳神経に直接作用し、強い精神活性作用 (俗にいう「ハイ」になる作用) をもたらします。そのうえ、依存性や中毒症状、心拍数を増加させるなどといった身体への悪影響が出ることもあります。

しかし、大麻が危険であるという認識はTHCのみによるものであり、CBDにはそのような作用は確認されておらず、日本でも規制対象にはなっていません。

それどころか、CBDは精神のリラックス効果をはじめ、心身に多大な良い効果をもたらすことが、研究によって明らかになってきました。

アメリカでは多くの州が医療大麻を認可しており、CBDも治療に使われています。日本では現在、CBDの処方は一般的ではありません。しかし、病気の症状の改善が見込めるとして注目する医師もいます。

医者はCBDやCBDオイルを処方できる?CBD製品の選び方は?医者はCBDやCBDオイルを処方できる?CBD製品の選び方は?

そのようなCBDを気軽に摂取できるよう、多様なCBD製品が開発・販売されています。

CBDオイルは、CBDをオリーブオイルやMCTオイルといった天然由来のオイルに配合した製品です。

CBDは脂溶性であるため、オイルと混ぜることによって身体への吸収率が高くなります。

実際にCBDオイルはCBDの生体利用効率や効果の持続時間のバランスが良く、さまざまな用途に使用できるというメリットがあり、CBD製品の中でもとりわけ汎用性が高いアイテムと言えます。

てんかんはどんな病気?ドラべ症候群やレノックス・ガストー症候群についても解説!

セミナーなどの公共の場で突然苦しくなり、けいれんを起こしたり、意識を失ったりする。

てんかんとは、このような「てんかん発作」が繰り返し起こる病気で、WHO (世界保健機構) によると世界で5,000万人の方がこの症状を抱えているそうで、日本でも100万人の患者がいると予想されています。

発作は、脳の一部の神経細胞が異常な電気活動を起こすことによって起こるとされていますが、その発作の出方によって、全般発作と部分発作に分けられます。

全般発作は、意識を消失し動作が止まって応答がなくなる、倒れて全身をけいれんさせるなど、患者は周囲の状況がわからないような状態となります。

部分発作では意識がある場合もない場合もありますが、目の前がチカチカする、手足がピクピク動くなど、患者自身が感じられる症状を示します。

てんかんが起こる原因にはさまざまなものがあります。

傷害や病気などの発症の要因となるものがなく生まれ持った脳の性質によって起こる場合 (突発性てんかん) や、脳出血やアルツハイマーなどの脳への障害が原因となる場合 (症候性てんかん) があります。

その根本的な要因として、遺伝的素因などの理由が考えられていますが、詳しいことはよく分かっていません。

てんかんの症状は患者によって違いがあるため、症状に合わせた治療をしなくてはなりません。

治療にはたいてい、抗てんかん薬が用いられます。患者の症状をみながら、複数の薬を組み合わせることもあります。しかし、副作用もあるため、医師とよく相談して治療にあたる必要があります。

しかし、薬だけで発作が抑制されるとは限らず、食事療法を組み合わせたり、脳の発作の起こる部位を切除する手術などを行ったりする場合もあります。

睡眠不足やストレスの多い環境を避けることも、てんかん治療にはとても重要です。

てんかんはどの年齢層でも発病する可能性があります。しかし、特に小児と高齢者の方の発症率が高いと言われています。

乳幼児で発症するてんかんとして代表的なものに、ドラベ症候群やレノックス・ガストー症候群があります。

ドラベ症候群

ドラベ症候群は乳幼児期に発症する難治てんかんです。

発症数は2~4万人に1人と非常に稀な病気ではありますが、その分発症者は深刻な状態となります。

1歳未満で最初の発作が起こるとされ、その後も発作を繰り返し、重篤な症状を示すこともあります。死亡率も高く、10人中1, 2人は成人になる前に亡くなるといわれています。

また、発作が繰り返されることで、運動や言語面などの発達の遅れが顕著に現れることも特徴です。発達を助けるには、治療によって発作をなるべく抑え、早期からの療育に取り組むことが必要です。

原因は遺伝子素因が大きく、特にナトリウムチャネル (細胞膜などに存在し、ナトリウムイオンを輸送するタンパク質) の異常が多くの患者にみられます。

レノックス・ガストー症候群

レノックス・ガストー症候群は、フランスの同名の学者2人によって提唱されたてんかん症状です。
幼児期から小児期に発症し、正確な発症数は分かっていませんが、10万人あたり20~30人程度であるという説もあります。

症状としては、強直発作などの特徴的なてんかん発作が何種類も出現し、脳波を調べると独特な異常な波がみられることが特徴です。また、知的障害も発症者のほぼ全員に出ます。80~90%の人に知的障害が残り、重度になる率もかなり高いです。

脳形成の異常、生まれる前後の脳への酸素や血流の阻害、脳損傷などによって発症することがあります。しかし、はっきりした原因が分からない患者も多くいます。

レノックス・ガストー症候群の根本的な原因として、遺伝的素因があると考えられています。ただし、遺伝によって必ず発症するというわけでもなく、家族間で同様の症例が出ることは稀とも言われています。

てんかん発作は難治のことが多く、成人後もてんかんの症状が残ることも珍しくありません。

CBDやCBDオイルはてんかんに作用する?

実は、CBDはてんかんの症状に大きな効果をもたらすと考えられており、それを裏づけるべくさまざまな動物実験や臨床実験も行われています。

CBDは脳神経の働きに関与して、てんかんの発作を抑える

CBDがなぜてんかんに効果があるのかの議論には、さまざまな意見があります。

ひとつには、CBDが生体に効果を与える作用機序として、エンド・カンナビノイド・システム (ECS) という生体システムの関与が考えられます。

ECSは生体のあらゆる部位に存在するカンナビノイド受容体を介して起こるシグナル伝達経路であり、生体の様々な機能・恒常性の調節を行いますが、脳神経系にも大きく関与しています。

つまり、CBDがこのECSの働きを調節し、脳神経に異常信号が起こることを防ぐことで、てんかん発作を抑えているとも考えられます。

ただし、CBDは直接的にカンナビノイド受容体に結合せず、ECSへの関与は間接的という説もあります。

一方で、別の受容体への親和性が確認されています。

そのひとつとして挙げられるのが、バニロイドレセプターと呼ばれる受容体ファミリー (同様な構造や性質をもつ受容体の種類) の一種であるTRPV1です。

TRPV1はカルシウムイオンの輸送に関わり、てんかん発作などの原因となる神経興奮を引き起こし得るともいわれますが、マウスを使った実験で、CBDがTRPV1の働きを調節し、発作を抑えることが示唆されています。

次の例として、セロトニン受容体である5-ヒドロキシトリプタミン (5-HT) が挙げられます。

セロトニンは「幸せホルモン」と呼ばれ、5-HTはうつや不安障害の治療にも注目されている受容体ですが、実はてんかんにも大きく関与しているのではないかという説もあります。

CBDは5-HTの種類である5-HT1A, 5HT2Aとの相互作用が確認されています。

てんかんと5-HTの関連については詳しいことは明らかになっていませんが、CBDの5-HTへの相互作用によって抗てんかんが期待できるのでは、と考える専門家もいます。

このように、CBDはECSに関わることはもちろん、他の複数の受容体とも相互作用します。

それらのメカニズムのいずれかが抗てんかんに貢献しているということは、大いに期待できるところです。

詳しい作用機序はまだ明らかになっていない部分が多いので、今後の研究結果に注目が集まります。

実際に臨床試験も行われている

CBDがてんかんにどれほどの治癒効果を与えるのかを調べるため、これまでにも複数の臨床調査が行われています。

2016年に行われたアメリカの調査では、200人以上のてんかん患者を対象 (ドラベ症候群やレノックス・ガストー症候群を含む) に、CBDを経口投与する実験を行いました。

その結果、被験者うち64%に有意な発作の減少がみられました。

ただし、この実験では傾眠、食欲低下、下痢、疲労を含む、好ましくない結果が確認された人もいました。また、若干数ではありますがこれ以上の治験が危険だと判断され、治療を取りやめた患者もいました。

このように、CBDはてんかん治療に大いに期待が持てる物質ではありますが、患者それぞれに具体的にどのような影響を与えるのかは、未知の部分が多いのが現状です。

欧米ではこれまでにもたくさんの臨床実験が行われ、今後も計画されています。

研究を積み重ね、より詳細にデータを収集し検証することが望まれます。

CBDやCBDオイルを摂取する際の注意点を解説!

てんかんへの効果が期待されるCBDやCBDオイルですが、購入したり摂取したりする際の注意点がいくつかあります。

副作用や薬との併用に注意

CBDは基本的に無害で安全と言われていますが、生体の機能にさまざまな関与をする物質である以上、副作用がないわけではありません。

健康な人ならともかく、持病を抱えていれば予想外の悪影響が出てしまう可能性も否定はできません。

よって、てんかんの方がCBDを摂取する際には自身の健康に十分留意し、万が一体調がおかしいなどの異変を感じたら、摂取を中断するなどの対応が望ましいでしょう。

また、治療薬を処方してもらっている場合は、より注意が必要です。

CBDは一部の薬と薬物相互作用することが報告されています。

特に肝臓内で代謝・分解されるタイプの薬剤との相互作用が大きいとされています。それは、肝臓内に存在するシトクロムP450という酵素群の働きを、CBDがブロックしてしまうためです。

実際にてんかん治療薬の中には、エトスクシミドやクロバザムなどシトクロムP450による影響を受けるものが存在します。

ただし、クロバザムとCBDを併用した際、クロバザムの処方量を減らしたにも関わらず患者の発作程度や頻度が減少し、むしろ薬効が上がったことが示唆されるデータもあります。

つまり、必ずしも悪影響が出ることが確認されているわけではありませんが、やはり薬の薬理効果や強さを変えてしまうのは事実ですので、CBDとの同時摂取には十分注意しなくてはなりません。

先ほど紹介した臨床実験でもCBDによって、てんかんの症状が改善された人がいた反面、好ましくない結果が確認された人もいました。

てんかん薬を処方されている方は、CBDの摂取をしたい旨を医師に相談し、適切なアドバイスをもらうようにしてください。

CBDオイルの品質・安全性・合法性に十分気をつける

CBD自体は健康に良く合法であるといっても、CBDを配合して作るCBD製品がそうであるかどうかはまた別の話になります。

CBD以外の混合物に悪いものがあったり、日本では違法とされるTHCが含まれている製品が流通している可能性がゼロではないためです。

そのため、購入・使用を検討しているCBDオイルなどの品質や安全性、合法であるかどうかの確認は、消費者が責任をもって行わなければなりません。

品質や安全性に関しては、良心的なメーカーであれば、第三機関に自身の製品の検査を依頼し、純度の高いCBDが含まれているか、基準値を超える農薬や重金属などの毒物が含まれていないかなどの品質チェックを行っています。

メーカーのウェブサイトなどに、検査によって安全性を確認している、という情報が書かれています。また、検査結果自体を公表している場合もあります。

合法性については、日本ではTHCが検出できる製品はアウトですので「THCフリー (THCが含まれていない) 」であることが絶対条件と思ってください。

THCフリーであるかどうかの情報は、ウェブサイトやCBDオイルのラベルに書かれていますので、必ず確認するようにしましょう。

CBDやCBDオイルを犬のてんかんのために与えても良い?

また、犬などペットを飼われている方は、自身だけでなくペットの体調も気にかかるところでしょう。

犬もヒトと同様に病気にかかることがあり、てんかんもかかり得る病気のひとつです。

「CBDは犬のてんかんにも効果があるの?」

と、飼い主の方であれば思われるかもしれません。

実は、CBDは犬など人間以外の哺乳類にも効果があると考えられています。

CBDなどカンナビノイドの効果の要とされる生体システムであるエンド・カンナビノイド・システム (ECS) は、ヒトだけでなくさまざまな哺乳類や脊椎動物でもあると考えられているためです。

現に、2019年にCBDが犬の治療に効果があるかどうかの実験を行ったところ、CBDによって犬のてんかんの症状が改善されたという結果がみられました。

このように、犬においてもてんかんなどの症状にCBDの効果は期待できます。

ただし、現段階では犬を対象にした研究は少なく、口渇、血圧低下、傾眠傾向、下痢、嘔吐などといった副作用が、人間と同じく犬にも起こるとも言われています。

そのため、飼い主は責任を持ってCBD投与後の犬の状態を観察することが必要です。

ただし、CBDの効果のエビデンスが少ない反面、犬に対して重篤な影響を与えるという報告もありません。その点では安心することができます。

現在、カプセルやオイル、クッキーなど、動物用のCBD製品もさまざまなものがありますので、ご自身のペットに適したCBD製品を選ぶと良いでしょう。

犬にCBDやCBDオイルを与えても大丈夫?効果や副作用についても解説!犬にCBDやCBDオイルを与えても大丈夫?効果や副作用についても解説!

CBDのてんかん薬とは?

近年、CBDが難治性てんかんも含めたてんかんの諸症状に非常に効果があることを受け、CBDのてんかん薬が発売されました。

それが、GWファーマシューティカルズというイギリスの医薬品企業が開発した、エピディオレックス (Epidiolex) という薬です。

エピディオレックスは、大麻由来のCBDを主成分にした薬品です。アメリカでは、ドラベ症候群やレノックス・ガストー症候群などの難治性小児てんかんの指定医薬品として、2018年に承認を受けています。

ただし、日本ではまだ医療大麻の認可は下りておらず、エピディオレックスの処方も認められていません。

しかし、難治性てんかんの特効薬として注目は集めており、現在エピディオレックスなどのCBD医薬品の処方を認めるよう、多くの団体や組織が呼びかけています。

2019年は、とりわけ大きな動きがあった年になりました。

まず、聖マリアンナ医科大が難治性てんかんの治療薬の臨床試験 (治験) を認めるよう、厚生労働省に申請を行いました。

次に、日本てんかん協会、ドラベ症候群患者家族会、日本小児神経学会、日本てんかん学会が連盟で、エピディオレックスの早期承認を求める要望書を厚生労働省副大臣宛に送付したと発表しました。

さらに、日本臨床カンナビノイド学会が、カンナビノイド医薬品の治験の実施について全面的に支持・協力をすると宣言しています。

このように、近年では日本でもCBD医薬品の許可を求める動きがあります。近い将来、エピディオレックスをはじめ、CBD医薬品の処方が認可される日が来るかもしれません。

医療用のCBDやCBDオイルは合法?癌や喘息に効果がある?医療用のCBDやCBDオイルは合法?癌や喘息に効果がある?

グリーンラッシュの火付け役!シャーロットのウェブとは?

近年、アメリカでは大麻に対して寛容になり、さまざまな州で規制緩和や合法化されました。

その結果、大麻産業をビジネスとして注目する人も増え、市場規模はどんどん大きくなっています。

この現象を、1800年代に一攫千金を夢見た多くの人々が、金脈を求めて旅したゴールドラッシュになぞらえて「グリーンラッシュ」と呼んでいます。

そのようなグリーンラッシュの火付け役となったのは、コロラド州を拠点に大麻製品の研究開発を行っているスタンレー兄弟が販売している「シャーロットのウェブ (Charlotte’s Web) 」と呼ばれるCBDブランドです。

現在、シャーロットのウェブにはCBDオイルをはじめ多種多様なCBD製品があり、市場もみるみる大きくなっています。2017年には2,000程度であった同製品の販売店舗数は、2020年第1四半期の発表では11,000にまで跳ね上がりました。

おそらく、同名の児童文学小説 (邦題は「シャーロットのおくりもの」) にちなんでつけられた名前かと思われますが、このブランドが生まれた背景には、実際にシャーロットという名をもつ少女の姿がありました。

ひとりの少女が大きな希望と新たな時代の波をもたらした

コロラド州に生まれたシャーロット・フィジーは、てんかん発作に苦しんだ小児の1人でした。

彼女は生後3ヶ月からてんかんの発作に見舞われるようになり、発作の症状は次第に重く、頻度も高くなり、2才頃には認知機能といった発達面にも問題が出始め、ドラベ症候群と診断されました。

てんかんの症状は治まることなく悪化の一途をたどり、シャーロットは何度も命の危機にさらされました。週に最大300回以上もの発作に見舞われることもあったといいます。

シャーロットの両親は苦しむ娘を助けようと、さまざまな治療法を試しました。てんかん薬も何種類も処方してもらいましたが効果はみられず、最終的には医師からも「手の施しようがない」と言われてしまいます。

それでもシャーロットの両親は諦めませんでした。何とか娘を救う手立てはないか、と探し求めた末、たどり着いたのが大麻でした。ドラベ症候群を抱える少年の症状が大麻によって治まったという情報を得たのです。

ただし、ここで問題がありました。コロラド州では大麻は合法ですが、シャーロットの父親は軍人であり自分が大麻を吸えば除隊される立場にありましたし、母親も大麻否定派でした。

フィジー家が大麻から縁遠い一家であったことに加え、大麻成分であるTHCが脳に与える影響は大きく、特に小児には危険が高すぎるのではという懸念もありました。

しかし、もう望みはこれしかないと、両親はTHCが極力少ない大麻を探し出し、そのオイルをシャーロットに与えました。

すると、あれだけの発作に見舞われていたシャーロットの症状が劇的に改善されたのです。

大麻がてんかんに効果があることを確信した両親は、同様の大麻オイルを探し求めました。しかし、当時は大麻といえばTHCの認識が強く、THCが微量の大麻製品を供給してくれるところはなかなかありません。

探し求めた末、白羽の矢が立ったのがスタンレー兄弟でした。

スタンレー兄弟はコロラド州で医療用大麻を栽培しており、品種改良を繰り返し低THC・高CBDの大麻株を作ることに成功していました。

自分たちの大麻がひとりの少女を助けたことを目の当たりにし、感銘を受けたスタンレー兄弟はその大麻品種の名を「シャーロットのウェブ」と改名します。

その後、シャーロットの両親とスタンレー兄弟は、医療用大麻やCBDが難治性小児てんかんの子供を救うと世に訴えました。しかし当時の大麻に対する悪印象は根深く、なかなか彼らの声は世間に浸透しませんでした。

転機が訪れたのは2013年、CNNのドキュメンタリー番組で特集されたことです。これによって評判はアメリカ全土に広がり、医療用大麻やCBDの有用性を多くの人が認知するきっかけとなりました。

スタンレー兄弟の大麻オイルを摂取して以降、シャーロットの発作はほとんどみられなくなり、普通の生活が送れるようになったといいます。

しかし、2020年4月8日、シャーロットは突然の病によって、天に召されてしまいました。公表はされていませんが、近年猛威を奮うコロナウイルスに感染したためとも言われています。

幼くして亡くなってしまったシャーロットですが、彼女の命の証は「シャーロットのウェブ」となりアメリカ全土に大きな希望を、そして「グリーンラッシュ」という新たな時代の波をもたらしました。

その波は、海を越え日本にも訪れようとしています。

関連文献