CBDオイルは血圧を下げるのに効果的?取り過ぎても副作用はない?

CBDオイルは血圧を下げるのに効果的?取り過ぎても副作用はない?

日本では成人のおよそ2人に1人が高血圧と言われています。CBDやCBDオイルは、深刻な病気を引き起こす恐れがある高血圧の予防や改善ができる可能性があります。CBDが体内でどのように血圧を低下させるか、またCBDの副作用について解説します。

高血圧の基準は?危険性も含めて解説

血圧は様々な要因によって変動します。健康であっても激しい痛みや精神的な緊張などにより、血圧が正常値を逸脱することはあります。しかし、一時的な血圧上昇であれば問題はありません。

血圧は動脈が最も収縮した状態の最高血圧値、最も拡張した状態の最低血圧値で表わされます。高血圧と呼ばれる数値は、平常時の最高血圧値が140mmHg以上、最低血圧値が90mmHg以上を指します。

日本人の高血圧症患者の原因は生活習慣によるものがほとんどです。ストレスや喫煙、塩分過多の食事、飲酒、運動不足、肥満、そして遺伝などの要因が組み合わさって引き起されます。

高血圧が持続すると、徐々に動脈の壁が伸縮しなくなり動脈硬化を引き起こします。動脈硬化は狭心症や心筋梗塞、脳梗塞、脳出血などの原因となり、重要な臓器への血流の遮断されて障害が残ることや死に至ることもあります。

CBDオイルは血圧を下げるのに役立つ?

CBDは大麻草などから抽出されるカンナビノイドの一つです。人の体内でも、2-AGやアナンダミド(AEA)などの内因性カンナビノイドが分泌されています。

内因性カンナビノイドは、CB1やCB2などの全身に存在するカンナビノイド受容体に作用し、CB1やCB2を活性化することで様々な効果をもたらします。これらはエンドカンナビノイドシステム(ECS)と呼ばれます。

CBDは体内でCB1やCB2に直接作用することはほとんどありません。しかし体内で内因性カンナビノイドを破壊するFAAHという物質の働きを抑制し、内因性カンナビノイドの分泌量を増加させます。

また、CBDの特徴として、ECS以外の体内に存在する様々な神経伝達物質などの受容体にも働きかけて活性化させたり、反対に受容体を阻害します。この作用がCBDが体内で血圧を降下させる鍵となります。

その一つが、脳内に存在するセロトニン受容体である5TH1Aへの作用です。5TH1Aを活性化することで刺激されるセロトニン神経系により、血圧や心拍数、体温などの調節、そして疼痛を軽減する効果などがあります。

また、CBDはアデノシン受容体を活性化します。アデノシンは神経に取り込まれると眠気を引き起こす神経伝達物質ですが、同じ受容体に再び取り込まれる性質もあります。CBDはその再取り込みを阻害する作用があります。

それにより分泌されたアデノシンはより早く神経に取り込まれることになり、睡眠を促進します。睡眠障害も血圧上昇の要因となるため、睡眠を改善してしっかり体を休息させることも大切な習慣です。

さらに、CBDは「抑制の神経伝達物質」と呼ばれるGABA受容体への作用もあります。GABA受容体は活性化するとストレスや不安を軽減し、血圧を低下させたり、睡眠障害を改善したりするなどの効果があります。

CBDは睡眠の質を上げて睡眠障害や不眠を緩和する?睡眠薬とは違う?CBDは睡眠の質を上げて睡眠障害や不眠を緩和する?睡眠薬とは違う?

他にも、内因性カンナビノイド であるAEAは心臓の筋肉や血管の炎症を抑制する働きがあります。この抗炎症作用は血管を拡張させて血流を改善し、血圧を低下させる効果があるようです。

これらはCBDによる作用の一部ですが、このように血圧を下げる要因は一つではなく、いくつもの作用が関連していると考えられています。

過去にはマウスおよび人を対象に、CBDやCBDオイルの摂取と血圧の変動はいくつも研究されています。

2009年に行われた研究では、ストレスを与えられたことにより血圧および心拍数が上昇したマウスにCBDを注射したところ、血圧と心拍数ともに数値が安定しました。

また2017年には健康な成人グループを対象に、様々な精神的・身体的ストレスを与え、CBDもしくはプラセボ(偽薬)を摂取した後の血圧変動を観察しました。

その結果、CBDを与えられたグループの血圧はプラセボのグループと比較して明らかな減少が観察されました。

他には、2019年に健康な男性のグループを対象に、人前で演説を行うことに不安や緊張が強い状態でCBDオイルを摂取させて血圧と脈拍の変化が観察されました。

CBDを摂取後に緊張感が軽減し、血圧や脈拍が下がったという報告されました。

CBDやCBDオイルは心拍数に影響を与える?心臓病に効果あり?CBDやCBDオイルは心拍数に影響を与える?心臓病に効果あり?

これ以外にも、いくつも研究は行われていますが、現段階ではストレスを感じる状況において血圧が上昇した場合、CBDやCBDオイルを摂取することは効果的であると結論づけられています。

一方で、精神的に安定した状態や身体的ストレスなどがない状態での血圧が低下した例もありますが、エビデンスは少ないようです。

また、すでに慢性的な高血圧症を患っている方の血圧コントロールに有効であるかは分かっていません。しかし、ストレスを軽減することは、高血圧のリスクを減らし動脈硬化を予防することにおいて非常に重要です。

CBDやCBDオイルは血圧を低下させる可能性がありますが、高血圧の改善には生活習慣の見直しを同時に行うことが大切です。塩分や油分が多い食事や飲酒量に注意し、日常的に運動する習慣を持つようにしてください。

また、しっかりと質の良い睡眠を確保し、ストレスを溜めないことも重要です。

CBDオイルを摂取する副作用はないの?

CBDは危険な副作用が少ないとされていますが、摂取量や摂取するタイミングなどによっては、気をつけた方が良い作用もあります。

現在報告されている副作用で多いものは、下痢や口渇、強い眠気、食欲の変化などがあります。

CBDは眠気を誘発する作用があるため、日中に摂取する場合は仕事などに影響する恐れがあります。そのため、過剰に摂取しないようにご注意ください。

そしてCBDは一度に大量摂取をしてもほとんど健康被害はないとされていますが、肝臓の機能低下を招く可能性もあります。

CBDやCBDオイルは肝臓に悪影響?目安摂取量や肝臓の疾患への影響は?CBDやCBDオイルは肝臓に悪影響?目安摂取量や肝臓の疾患への影響は?

血圧を下げるために個人の判断で大量に摂取することはおすすめしません。高血圧の治療は必ず医師に相談するようにしましょう。

またCBDと血圧の関連を調べる研究では、ほとんどが100mg以上を単回投与しているため、日常的にサプリメントとして用量を守ってCBD製品を摂取する限りは低血圧になる可能性は少ないと思われます。

そもそもCBDは病院などで処方される血圧を下げる薬剤と違い、無理やり血圧を低下させる作用はありません。CBDは体をリラックスさせて血管を拡張したり、睡眠導入を助けるなど、あくまで「調節」を行います。

他に注意した方が良いことは、CBDは多くの薬剤との相互作用があります。シトクロムP450(CYP450)と呼ばれる肝臓内の酵素グループを介して代謝される薬剤には注意する必要があります。

特に高血圧を含め心臓や血管に作用する薬を内服している場合は注意する必要があります。すでに内服薬がある場合は医師に相談してから、CBDオイルなどのCBD製品の摂取を開始するようにしてください。

CBDオイルの適切な摂取量を解説

CBDやCBDオイルの適切な摂取量は体格や肝臓の代謝機能などによって個人差があります。初めて摂取する場合は、一日に10〜15mgを目安に開始してください。

参考
購入予定またはお手元にあるCBDオイルの1滴あたりのCBD含有量やCBD1mgあたりの価格を自動で計算できるページを用意しております。以下のリンクからぜひご活用ください。
参考 CBDオイル1滴あたりの含有量や1mgあたりの価格を自動計算麻田製薬

また、効果の感じ方は人によって違います。すぐに眠気やリラックスする感覚に気づくこともありますが、数日から数週間後に睡眠が改善されていたり、イライラする時間が減ったりするなどの変化に気づくこともあります。

一定期間一日に10〜15mgのCBDの摂取を続けても効果をあまり感じない場合は、少しずつ摂取量を増加してください。しかし、摂取量を増加すると副作用が現れる可能性も高くなります。

一日に目安である10〜15mg以上の摂取を開始する場合は副作用の出現に注意し、異変を感じる場合はすぐに医師に相談するようにしてください。

そして一日の摂取量が10〜15mgでも効果が強いと感じる方もいます。強い眠気やふらつきを感じる場合などは、摂取量を減らして様子を見てください。

関連文献