フルスペクトラムCBDは違法?ブロードスペクトラムとの違いは?

フルスペクトラムCBDは違法?ブロードスペクトラムとの違いは?

CBDにはフルスペクトラムやブロードスペクトラム、アイソレートと呼ばれるものがあります。本記事ではフルスペクトラムとブロードスペクトラムの違いや、フルスペクトラムとCBD単独での効果の差、フルスペクトラムのCBDは違法なのかなどについて説明しています。

CBDのフルスペクトラムとブロードスペクトラム、アイソレートの違いとは?

CBDのフルスペクトラム、ブロードスペクトラム、アイソレートの特徴についてそれぞれ見ていきましょう。

フルスペクトラムのCBD

フルスペクトラムのCBDとは、大麻に含まれている化合物(カンナビノイド)が全て含まれている抽出物のことを言います。

大麻には、カンナビノイドの一つであるCBDの他に、100種類以上あると言われているCBD以外のカンナビノイド、テルペン、ビタミン、ミネラル、エッセンシャルオイルなどが含まれています。

また、大麻の葉や花穂からは人をハイにさせる作用を持つTHCという成分も抽出されます。

フルスペクトラムのCBDは、大麻が持つすべての化合物が含まれていることから、テルペンやビタミンなどに加え、このTHCも微量に含まれているのが大きな特徴です。

ブロードスペクトラムのCBD

ブロードスペクトラムのCBDとは、フルスペクトラムのCBDからTHCが除去されたものです。

しかし実際は、CBDとCBD以外のカンナビノイドが少なくとも一つ含まれていれば、その製品をブロードスペクトラムとして販売しているメーカーも残念ながら多く存在しています。

本当の意味でのブロードスペクトラムのCBDは、大麻に含まれているすべての化合物からTHCだけを取り除いたものです。

正式なブロードスペクトラムのCBDを手に入れたい場合には、信頼できるメーカーに問い合わせて購入するようにしましょう。

CBDアイソレート

CBDアイソレートとは、大麻草からCBDを99%以上の濃度で分離した純粋なCBDの結晶粉末で、CBDクリスタルとも言われるものです。

フルスペクトラムCBDやブロードスペクトラムCBDが、CBD以外の成分を多く含むのに対して、CBDアイソレートはCBD以外の成分が含まれておらず、それらをすべて取り除くことによって作られています。

フルスペクトラムCBDの効果・効能は?

CBDには、例として次に示すような効果があると言われています。

  • 疼痛抑制
  • 抗不安
  • 抗炎症
  • 抗てんかん
  • 抗腫瘍
  • 神経保護作用
  • 真菌感染症抑制

アントラージュ(側近)効果とは?

上記のような効果はCBD単独で摂取しても期待できますが、CBDと大麻に含まれるテルペンなどの他の化合物と一緒に摂取することにより効果が高まることが報告されています。

このように大麻に含まれる化合物すべてを一緒に摂取することで相互作用が起こり、より高い効果が得られることをアントラージュ(側近)効果と言います。

植物化学物質がCBDの効果をより高める

2018年の研究において大麻に含まれているテルペンやフラボノイドのような植物化学物質が神経保護作用や抗炎症作用を持つ可能性があることが示唆されました。

このことからCBD単独で摂取するよりもテルペンやフラボノイドなどと一緒にCBDを摂取した方が、より大きな治療効果が期待できる可能性があるということが分かります。

つまり、CBDアイソレートを摂取するよりも、植物化学物質が含まれているフルスペクトラムのCBDやブロードスペクトラムのCBDを使用した方がアントラージュ効果により高い効果が期待できるということです。

THCがCBDの効果をより高める

THCが微量に含まれているフルスペクトラムのCBDは、THCを全く含まないCBDよりもアントラージュ効果によってCBDの効果を高めることが分かっています。

THCは精神活性作用を持つことで知られていますが、フルスペクトラムに含まれている微量なTHCでは精神活性作用は現れにくいです。

また、THC単独で摂取すると不安や空腹、鎮静などの副作用が現れたりすることがありますが、2011年の研究ではCBDがこれらの副作用を軽減する可能性があることも示唆されています。

ただし、アントラージュ効果は現在のところ理論的に考えられている段階です。それを裏付ける十分なエビデンスはまだないため、今後のさらなる研究が必要です。

CBDのより大きな効果を実感したい場合には、THCフリーのCBDよりもTHCが含まれているフルスペクトラムのCBDを選択した方が合理的と言えます。
しかし、日本ではTHCが含まれているCBDは違法なので、日本でCBD製品を試す際は、必ずTHCフリーのものを選ぶようにしてください。

CBDとTHCの違いは?相乗効果はある?そもそも日本で合法なの?CBDとTHCの違いは?相乗効果はある?そもそも日本で合法なの?

海外でもたとえ微量でもTHCを摂取することを躊躇する人も多い

THCが合法の国ではフルスペクトラムのCBDを摂取している人も多いです。

しかし、いくらTHCがCBDの効果を高めたり、THCの副作用をCBDが抑制したりする事実があっても、THCを摂取することに対して不安を感じる人も中にはいます。

そのような場合、海外ではフルスペクトラムのCBD製品ではなく、ブロードスペクトラムのCBDやCBDアイソレートなどのTHCフリーのCBDを選ぶようにアドバイスしています。

CBDをTHCと一緒に摂取すれば、より高いCBDの効果が現れることが期待できますが、THCを一緒に摂取しなくてもCBD単独で効果があるという研究も多くあります。

日本ではTHCが微量でも含まれているフルスペクトラムのCBDが違法のため、THCフリーのCBDを選ぶことになることから、CBDの高い効果が得られないのではないかと不安になる人もいるでしょう。

しかし、上記の研究によるとTHCフリーであっても効果が現れる適切な用量でCBDを摂取すれば十分な効果が期待できるということですので、心配する必要はありません。

また、ブロードスペクトラムのCBDはTHCフリーですが、CBD以外のカンナビノイドによりアントラージュ効果が期待できるため、CBD単体で摂取するよりも高い効果が得られる可能性が高いです。

CBD単体で十分な効果が得られない場合は、ブロードスペクトラムのCBDを選んでみてください。

フルスペクトラムCBDは違法?なぜ売られている?

日本では、大麻取締法により、大麻草の茎や種子以外の部位やその製品の栽培や所持、譲り受け、譲り渡し、研究のための使用が禁止されています。

CBDは大麻草の茎や種子から抽出される化合物であるため、大麻取締法の規制を受けず合法だということが分かりますが、THCは大麻草の葉や花穂から抽出されるため、THCやTHCを含む製品は違法ということになります。

ここで、フルスペクトラムのCBDについて考えてみましょう。

フルスペクトラムのCBDは、THCが微量に含まれているため違法です。

しかし、実際にはアメリカと同じ0.3%未満のTHCが入っているフルスペクトラムのCBDが日本で販売されています。一体なぜなのでしょうか。

日本では、大麻取締法により大麻草自体の栽培や所持が禁止されていることから、純日本製のCBD製品を作ることができません。

つまり、日本で販売するCBD製品はアメリカなどの海外から輸入することになるため、0.3%未満の微量のTHCが入っているCBDが販売されていることが少なくないという結果になっています。

0.3%以下のTHCは濃度としてとても微量なため、それを摂取したからと言ってハイになったり中毒症状が出たりすることはありませんが、THCの薬物テストを行った場合に検出される可能性はあります。

そして何より日本ではTHCが含まれている製品は違法なので、CBD製品を購入する際はブロードスペクトラムのCBDやCBDアイソレートなどのTHCフリーのCBD製品を選ぶようにしてください。

CBD製品のおすすめを紹介!

本メディアでは、

  • THCが含まれていない(THCフリー)商品を購入する
  • 第三者の検査機関での成分表などを確認し、不純物が含まれていないことを確認する
  • できるだけCBDが5%以上入っているものを選ぶ

など、CBD製品を購入する際の注意点についてご紹介しました。

しかし現在、沢山の種類のCBD製品があり、

「どのCBD製品を選べば良いのか分からない」
「優れたCBD製品が欲しい」
「今のCBD製品に満足していない」

と感じている方も多いのではないでしょうか?

CBD先進国であるアメリカではCBDオイルが最もスタンダードなCBD製品となっており、CBD初心者の方には摂取しやすく、効果を実感しやすいCBDオイルが特におすすめです。

そこで、我々編集部が厳選したCBDオイルのおすすめをご紹介します!

CBDの専門家集団が立ち上げた日本発CBDブランド「THE CBD」のCBDオイル

まずおすすめしたいのが、本記事を執筆しているCBDの専門家集団である株式会社麻田製薬が立ち上げたCBDブランド「THE CBD」のCBDオイルです。

本記事を見て、「ブロードスペクトラムCBD製品を購入したい」と考えている方がいらっしゃると思います。しかし、ブロードスペクトラムの多くは初心者にとってはお買い求めづらい値段であるということも確かです。

そんな人にぜひともおすすめしたいCBDオイルが我々のCBDオイルになります。

THE CBD オイル

THE CBDのCBDオイルはアイソレートになるのですが非常に純度が高いため、初心者の方にとって効果を実感しやすく、特におすすめです。

また、第三者機関による商品の成分分析を実施済みで、THCが一切検出されないことを確認しておりますので、安心・安全です。

内容量は10mlで、CBDが5%(500mg)含まれており、初めての方や既に使用されている方にもちょうど良い濃度、含有量となっています。

純度99%以上、高品質のCBDをふんだんに使用した、クセのないCBDオイルとなっており、農薬を一切使用していない完全オーガニック製品なので、安全性が非常に高いです。

上述した注意点を全て満たしているだけではなく、GMP認証(医薬品の製造が許可されている認証)されている安心・安全の工場で厳格な品質管理のもと製造しております。

CBD初心者の方がお気軽にお買い求めできるよう、今なら2,000円OFFの3,980円でのご提供となります。業界最安値帯で提供しているこのチャンスをお見逃しなく、お気軽にお申し込みください!

オーガニックのヘンプを使用しているBIG SKY BOTANICALSのCBDオイル

続いて、アメリカ発のブランドBIG SKY BOTANICALSのCBDオイルもおすすめです。

オーガニックで遺伝子組み換えではない原料を使用しており、THCも不使用のため、安心してお買い求めいただけます。

内容量は30mlで、CBDが5%(1500mg)と2.5%(750mg)、0.8%(250mg)の3つから選ぶことができ、価格はそれぞれ99.95ドル、59.95ドル、29.95ドルと少し値段が張っております。

しかし、安全志向の方にとっては試してみる価値があるでしょう。

BIG SKY BOTANICALSのCBDオイルの口コミをご紹介!

  • この商品を摂取することで、ストレスを解消することができました。いつも朝に摂取していて、リラックスすることができます。
  • まさに私が探していたCBDオイルでした。無添加で無溶剤のため、安心して摂取することができます。オレンジ味のフレーバーも好みです。

ただ、こちらの商品は、まだ日本に流通されていないため、アメリカで購入することが最短のルートとなってしまいます。また、日本に流通したとしても、税関や空輸の関係で現地と同じ金額で購入するのは難しいでしょう。

アメリカ発!JOY ORGANICSのCBDオイル

他にもCBD先進国であるアメリカ発のブランドJOY ORGANICSのCBDオイルがおすすめです。

THCフリーなのはもちろんのこと、成分検査も実施済みであり、カスタマーサポートが親切であると評判です。

内容量は30mlで、CBDの量も4種類から選ぶことが可能です。また、フレーバーもミントやオレンジ、レモンなど選ぶことができ、飲みやすいです。

JOY ORGANICSのCBDオイルの口コミをご紹介!

  • 他の会社を色々と試してみましたが、あまり十分な効果を実感することができませんでした。しかし、JOY ORGANICSのCBDオイルは一晩で効果を実感することができ、満足してます。
  • 商品が届いていないことに気づいてカスタマーサポートに連絡したところ、迅速に対応していただき、あまり時間がかからずに手にいれることができました。
  • 1年以上使用していますが、とても素晴らしい商品で、値段もリーズナブル、カスタマーサポートも充実しており満足しています。

こちらの商品もまた、日本に未流通の商品となってしまっており、流通されるのを待つしかありません。また、日本に流通したとしても、税関や空輸の関係で現地と同じ金額で購入するのは難しいでしょう。

関連文献

CBDの種類に関して皆様から頂いた質問

フルスペクトラムのCBDは違法なのですか?なぜですか?(20代男性)

フルスペクトラムのCBDとは、大麻に含まれている化合物(カンナビノイド)が全て含まれている抽出物のことを指し、人を「ハイ」にさせる作用を持つTHCという成分も抽出されます。日本では、大麻取締法によりTHCやTHCを含む製品の所持は違法です。フルスペクトラムのCBDはTHCが含まれているため違法となります。

CBDのフルスペクトラム・ブロードスペクトラム・アイソレートの違いを教えてください。(30代女性)

含まれている成分の違いで名前が変わります。フルスペクトラムのCBDは、大麻に含まれている化合物(カンナビノイド)が全て含まれている抽出物です。ブロードスペクトラムのCBDは、フルスペクトラムのCBDからTHCが除去されたものです。CBDアイソレートは、大麻草からCBDを約98%以上の濃度で分離した純粋なCBDの結晶粉末です。

フルスペクトラムのCBDはすごい作用が期待できるのでしょうか?(30代男性)

確かに、大麻に含まれる化合物すべて(THCも含む)を一緒に摂取することで相互作用が起こり、より高い効果が得られるアントラージュ効果というものに期待が集まっています。しかし、日本ではTHCが含まれているCBD製品は違法なので、日本でCBD製品を試す際は、必ずTHCフリーのものを選びましょう。アントラージュ効果を体験してみたい方はブロードスペクトラムCBDの摂取をおすすめしますが、初心者の方にはアイソレートのCBDオイルがおすすめです。