CBDやCBDオイルはどのような臭い?気になる場合の対処法も解説!

CBDやCBDオイルはどのような臭い?気になる場合の対処法も解説!

CBDやCBDオイルには独特の臭いがします。本記事では、CBDやCBDオイルがどのような臭いがするのか、その臭いの原因は何なのか、またその臭いが気になり摂取することが難しい場合にはどうしたらよいのかなどを説明しています。

なぜフルスペクトラムのCBDやCBDオイルは臭いが発生する?

まず、フルスペクトラムのCBDとCBDアイソレートを比較してみましょう。

フルスペクトラムのCBDとCBDアイソレートの違い

フルスペクトラムのCBDは、大麻草に自然発生する100種類以上の全てのカンナビノイドが含まれているCBD製品のことを言います。

その中には、精神活性作用を持つ微量のTHCや抗炎症作用があると言われているテルペンなども含まれていて、これらの相互作用によりCBDの治療効果が高められる(アントラージュ効果)ことが報告されています。

また、植物成分を多く含むことから、フルスペクトラムのCBDによってアレルギー反応を引き起こされる人もいます。

フルスペクトラムCBDは違法?ブロードスペクトラムとの違いは?フルスペクトラムCBDは違法?ブロードスペクトラムとの違いは?

それに対して、CBDアイソレートは、99%以上の濃度でCBDが含まれている純粋なCBDの結晶粉末です。

CBDアイソレートはCBDクリスタルとも言われていて、テルペンやTHCなどを取り除いて製造されているため、CBD以外の成分は含まれておらずフルスペクトラムのCBDのようなアントラージュ効果は期待できません。

しかし、フルスペクトラムのCBDのようなアレルギーを引き起こす可能性が非常に低いため、アレルギーの持病を持つ人も安心して使えますし、CBDアイソレートがアレルギー反応を逆に抑えるという報告もあります。

フルスペクトラムのCBD製品は臭い?

フルスペクトラムのCBDは麻特有の臭いがあると表現されることが多く、この臭いによってフルスペクトラムのCBDを摂取しにくいという人も多いです。

CBDアイソレートが無味無臭なのに対してフルスペクトラムのCBDにはなぜ臭いがあるのでしょうか。

フルスペクトラムのCBDとCBDアイソレートの大きな差は、大麻草の植物成分をすべて含んでいるか否かでした。

このことから、まずフルスペクトラムのCBDに含まれている大麻草の植物成分が臭いの原因の一つになっていることが分かります。

その他、フルスペクトラムのCBDに含まれているテルペンも臭いを発生させています。

フルスペクトラムのCBDには、臭いをマスキングするためにミントやレモンなどで香りづけされている製品が多いのですが、香りづけされていないものはいわゆる麻の香りがすると覚えておきましょう。

CBDオイルの臭いがあまり好きではない場合にはどうすればよい?

CBD製品やCBDオイルの臭いがどうしても気になり摂取できない場合には次のことを試してみてください。

キャリアオイルを変えてみる

キャリアオイルとはベースオイルとも呼ばれるCBDオイルのベースになる植物由来の油のことです。

このキャリアオイルがCBDの口当たりや臭いを和らげてくれることがあります。もしCBDの臭いが気になる場合は、別の種類のキャリアオイルの製品に変えて臭いが気にならないCBDを見つけてみましょう。

製品を変えてみる

CBDの臭いは製品によっても変わってきます。様々なCBD製品を試して臭いが気にならないCBD製品を選ぶのも一つの手です。

風味付けされているものを選ぶ

CBD製品には独特な味や匂いを和らげるために風味づけされているものがあります。

フレーバーの例として挙げられるのは、ペパーミント、チョコレートミント、レモンライム、ピンクグレープフルーツ、ココナッツ、はちみつ、アップルシナモンなどです。

これらのフレーバーがフルスペクトラムのCBDの麻の臭いを隠してくれるため、CBDが摂取しやすくなります。

様々なフレーバーのCBDオイルが発売されているので、自分に合ったフレーバーを選びましょう。

食品や飲み物と混ぜてみる

風味の強い飲み物や食品にCBDオイルを追加するのも臭いをマスキングするための良い方法です。

CBDオイルは食品に混ぜて摂取しても問題ありませんので、普段口にする食品と一緒に摂取してみてください。

ただし、食品に混ぜて摂取する方法は経口摂取になるため、他の投与法に比べて吸収率(バイオアベイラビリティ)が下がってしまうというデメリットはあります。

違う摂取方法を試してみる

摂取方法を変えることで臭いが気にならなくなる場合もあります。

吸入摂取で臭いが気になる場合は、舌下摂取など違う方法でCBDを摂取してみましょう。臭いが気にならない摂取法が見つかるかもしれません。

CBDやCBDオイルの摂取方法の選び方は?経口摂取がおすすめ?CBDやCBDオイルの摂取方法の選び方は?経口摂取がおすすめ?

CBDの濃度を薄いものにする

CBDの濃度を薄いものにすると、においの原因になっている植物成分やテルペンの濃度も低くなるため、不快な臭いが軽減される傾向があります。

高濃度のCBDオイルを使用している場合は、濃度の低いものを試してみてください。