CBDやCBDオイルの国産のおすすめは?日本製と海外製の違いは?

CBDやCBDオイルの国産のおすすめは?日本製と海外製の違いは?

CBDには、国産の製品と海外産の製品があります。本記事では、CBDとはどのようなものか、国産と日本製の意味の違いや、国産CBDの意味、国産と海外産のCBDにはどのような違いがあるのか、また国産のCBDオイルのお勧めの商品などについて説明しています。

CBDとはどんなもの?

CBD(カンナビジオール)とは、大麻草の種子や茎などから抽出される大麻草の主要な成分の一つです。

CBDは、大麻草の成分ということで気分をハイにさせる作用などがあるのではないかと不安視する方も中にはいます。しかしCBDはオレンジなどの柑橘類からも抽出することができ、精神活性作用の全くない安全な化合物であることが証明されています。

大麻草から連想される精神活性作用は、CBDの作用ではなく、もう一つの主要な成分であるTHC(テトラヒドロカンナビノール)の作用です。

CBDとTHCは全くの別物です。CBDを摂取してキマったり、トランス状態になったりすることは絶対にないということは覚えておきましょう。

最近ではCBDの安全性が認知され始めたと同時に、CBDの治療・健康効果が注目されていることから、日本でもCBD製品を買い求める人が多くなってきました。

CBDとTHCの違いは?相乗効果はある?そもそも日本で合法なの?CBDとTHCの違いは?相乗効果はある?そもそも日本で合法なの?

CBDの人気に伴い、CBD製品の数も増加しています。海外産のCBDだけでなく国産のCBDもあります。

海外産と国産のCBDの違いや、どのような視点でCBD製品を選び、購入したらリスクをできるだけ避けることができるのかなどを見ていきましょう。

CBDやCBDオイルの国産やMAID IN JAPANとはどういう意味?

国産やMADE IN JAPANとは、製品を製造するどこかの段階を日本で行い完成した製品のことです。つまり、輸入原料を用いたとしても日本で製造を行っていれば国産品ということになります。日本における大麻草の栽培は法律上制限されているため、CBDやCBDオイルの原料は海外から輸入されていることがほとんどです。

CBDやCBDオイルの原料の品質が気になっている方に注目してもらいたいポイントは、原料である大麻草の生産地の表記があるかないかという点です。

どこ産の原料を使用して作られたものか、の記載があるブランドは信頼できる可能性が高いです。

具体例として、世界でも最高品質であると言われるアメリカのコロラド州やCBD製品の消費量が世界で最も多いカリフォルニアなどがあります。

アメリカにおけるCBD製品の浸透とヘンプ産業の爆発的な拡がりアメリカにおけるCBD製品の浸透とヘンプ産業の爆発的な拡がり

そのような表記があるかどうか、ということも一つの選定軸にしてCBD製品を選んでみることをおすすめします。

CBDやCBDオイルは日本で作れる?

海外の製品よりも日本製の製品の方が信頼性や質が高いということで、できれば日本製のCBD製品を購入したいと思う方も多いのではないでしょうか。

日本でCBD製品を製造するためには、原料である大麻草を日本で栽培することが必要になりますが、大麻取締法により産業用の大麻草を日本で栽培することは制限されています。

また、関税法により大麻草を輸出入することもできないため、日本でCBD製品を製造することはほとんど不可能なのです。

このような理由から、一から日本で作られたCBD製品を手に入れることはできませんが、『国産』のCBDなら販売されていますので、購入することが可能です。国産のCBDとは、海外から輸入したCBDの最終製造を日本で行っている製品を意味しています。

製造の最終段階だけだとしても、日本で製造されて確認された製品の方が安心できるということであれば、国産のCBDがお勧めです。

CBDやCBDオイルは国産と海外産のどちらがおすすめ?

CBDやCBDオイルを購入する際に、国産、海外産のどちらを選んだ方がよいのでしょうか。

製品にもよりますが、国産品と海外産品においてCBDの成分の差は大してないというのが実際のところです。しかし、成分であるCBD以外の部分に国産CBDと海外産CBDの差があります。

まず、海外産CBDにはTHCが含まれている可能性があるのに対して、国産CBDはTHCは含まれているリスクが少ないことが差の一つとして挙げられます。

そのため、リスクをできるだけ避けてCBDを購入したい場合は、国産CBDを選択することでより安心して摂取できるかもしれません。

また、価格の面でも差があります。海外産CBDの方が国産CBDよりも安価で買いやすいという傾向が見られます。ただし、国産CBDは海外産CBDと比べてパッケージがお洒落なことが多いです。

このように国産CBDと海外産CBDには違いが見られますので、自分の価値観やこだわりで納得のいく製品を選ぶようにしてください。

CBDやCBDオイルのおすすめ商品は?

本メディアでは、

  • THCが含まれていない(THCフリー)商品を購入する
  • 第三者の検査機関での成分表などを確認し、不純物が含まれていないことを確認する
  • できるだけCBDが5%以上入っているものを選ぶ

など、CBD製品を購入する際の注意点についてご紹介しました。

しかし現在、沢山の種類のCBD製品があり、

「どのCBD製品を選べば良いのか分からない」
「安全であるのはもちろん、コスパの良いCBDを購入したい」

と感じている方も多いのではないでしょうか?

そこで、我々編集部が厳選したCBDオイルのなかで、原料の品質が高くコスパが良いものをご紹介します!

CBDの専門家集団が立ち上げた日本発CBDブランド「THE CBD」のCBDオイル

まずおすすめしたいのが、本記事を執筆しているCBDの専門家集団である株式会社麻田製薬が立ち上げたCBDブランド「THE CBD」のCBDオイルです。

THE CBD オイル

世界最高水準の品質と言われるコロラド産の原材料を用いて、カリフォルニアの工場で原料の抽出を行っておりますので、安心・安全と言えます。

また、THE CBDのCBDオイルは非常に純度が高いCBDアイソレートを使用しているため、初心者の方にとって効果を実感しやすく、特におすすめです。

CBDの抽出方法に関しても、非常に安全性が高いことで知られている超臨界二酸化炭素抽出法で抽出しているため、アルコールなどの溶剤が含まれることはございません。

また、第三者機関による商品の成分分析を実施済みで、THCが一切検出されないことを確認しておりますので、安心・安全です。

内容量は10mlで、CBDが5%(500mg)含まれており、初めての方や既に使用されている方にもちょうど良い濃度、含有量となっています。

1本あたりCBDが500mg含まれており、キャンペーン中であれば1mgあたり7.06円とかなりお買い得です。

例えば、日本国内の他社ブランドのCBDオイルはCBDが1,200mg含まれていて、価格が29,800円と大変高額であるのと同時に、1mgあたり24.8円かかっています。

このように、日本発の他社ブランドと比較してもTHE CBDのCBDオイルはかなり価格を抑えていることがお分かりいただけるのではないでしょうか。

THE CBDのオイルは純度99%以上、高品質のCBDをふんだんに使用した、クセのないCBDオイルとなっており、農薬を一切使用していない完全オーガニック製品なので、安全性が非常に高いです。

上述した注意点を全て満たしているだけではなく、GMP認証(医薬品の製造が許可されている認証)されている安心・安全の工場で厳格な品質管理のもと製造しております。

CBD初心者の方がお気軽にお買い求めできるよう、今なら2,000円OFFの3,980円でのご提供となります。業界最安値帯で提供しているこのチャンスをお見逃しなく、お気軽にお申し込みください!

ノースカロライナ州で栽培されたヘンプを使用したNaternalのCBDオイル

続いて、アメリカ発のブランドNaternalのCBDオイルもおすすめです。

自然農法を使用して米国で栽培されたヘンプを使用し、高品質の商品にこだわっているため安心してお買い求めいただけます。もちろんTHCフリーの商品です。

内容量は30mlで、CBDが2%(600mg)と4%(1,200mg)と8%(2,400mg)の3つから選ぶことができ、価格はそれぞれ30ドル、45ドル、65ドルと、お手頃価格で購入できます。

安全志向の方にとっては試してみる価値があります。

ただ、こちらの商品は、まだ日本に流通されていないため、アメリカで購入することが最短のルートとなってしまいます。また、日本に流通したとしても、税関や空輸の関係で現地と同じ金額で購入するのは難しいでしょう。

アメリカでオーガニック栽培されたヘンプから製造されたgreenroadsのCBDオイル

他にもアメリカ発のブランドgreenroadsのCBDオイルがあります。

greenroadsは製剤経験を持つ薬剤師が設立した会社のため、安心してCBDオイルを摂取したい人にはおすすめです。もちろんTHCフリーの商品です。

内容量は30mlで、CBDが1%(300mg)と2.5%(750mg)と5%(1,500mg)の3種類から選ぶことが可能です。価格はそれぞれ35.99ドル、89.99ドル、149.99ドルです。また、ミントやキウイなどのフレーバーから選ぶことができ、とても飲みやすいです。

こちらの商品もまた、日本に未流通の商品となってしまっており、流通されるのを待つしかありません。また、日本に流通したとしても、税関や空輸の関係で現地と同じ金額で購入するのは難しいでしょう。