CBDバームの使い方とは?関節痛専用のCBDジョイントバームがある?

CBDバームの使い方とは?関節痛 専用のCBDジョイントバームがある?

CBD製品の中でCBDバームはどのような特徴があるのでしょうか。本記事では、CBDバームとCBDクリームの違いや、メリット・デメリット、またスポーツによる筋肉痛や関節痛などに特化したCBDジョイント&マッスルバームについて解説します。

そもそもCBDやCBDオイルって何?どんな作用があるの?

CBDオイル
CBD(カンナビジオール)はカンナビス ・サティバ ・エル(産業用大麻)やカンナビス ・インディカ(マリファナ)などから抽出されるカンナビノイドと呼ばれる天然成分の一種です。

大麻草には精神活性作用(「ハイ」にする作用)のあるTHC(テトラヒドロカンナビノール)というカンナビノイドが含まれており、日本をはじめ多くの国や地域で所持が禁止されている植物です。

CBDとTHCの体内での作用は全く違うため、CBDのみを摂取することによって向精神作用や陶酔作用などが引き起こされることはありません。また、THCを一切含有しないCBD製品には違法性もありません。

CBDは疼痛や炎症、ストレス、不安、睡眠、食欲、吐き気などを調節するエンド・カンナビノイド・システム(ECS)に働きかけます。

ECSは、内因性カンナビノイドであるアナンダミド(AEA)や2-AGが全身に発現するCB1やCB2などのカンナビノイド受容体を活性化することで機能しています。

CB1は脳や中枢神経系に多く、CB2は末梢神経系や免疫細胞、皮膚などに多く発現します。

CBDは直接CB1やCB2などを活性化することはほとんどありませんが、AEAや2-AGなどを破壊する酵素(FAAH)を抑制したり、様々な神経伝達物質受容体などに働きかけたりします。

CBDには複数の製品タイプがあります。その中で、CBDが脂溶性である特徴を活かし、オリーブオイルやココナッツオイルなどのキャリアオイルにCBDを溶解したCBDオイルは用途の幅が広く、現在最も普及しています。

CBDバームはCBDクリームやCBDオイルとは何が違うの?使い方は?

CBDクリーム
CBDバームはCBDが皮膚から吸収される性質を利用した「CBDトピカル(皮膚に塗るCBD製品)」の一種です。CBDトピカルとはどのような特徴があるのでしょうか。

CBDトピカルはCBDを「経皮摂取」する製品です。市販の塗り薬などと同じように、CBDトピカルは塗った範囲にだけ局所的にCBDの効果が発現します。

皮膚から吸収されたCBDは皮膚や末梢神経、末梢血管などのCB1やCB2を間接的に活性化させ、塗った範囲に鎮痛作用や抗炎症作用などをもたらします。

CBDバームやCBDクリーム、CBDローション、CBDジェルなどCBDトピカルには複数のタイプがありますが、経皮摂取によるCBDの効果や効能などは、製品によって違うということはありません。

どのCBDトピカルの製品であってもCBDの吸収率(バイオアベイラビリティ)は13〜50%で効果持続時間は5時間以上とされています。また、CBDの効果が発現するまでに2時間ほどかかるとされています。

CBDトピカルの中で、非常に似ていて混合されがちなCBDバームとCBDクリーム、そしてCBD製品の代表格であるCBDオイルの違いを見てみましょう。

CBDバーム

CBDバームは原料となるCBDの他に、植物由来で鎮静効果のあるペパーミントオイルやティーツリーオイル、ユーカリオイルなどが混合されています。

ワセリンやヘアワックスなどのような固形状であり、触るとやや硬めのテクスチャーです。体温で溶かすように皮膚になじませます。

CBDバームは、ニキビや湿疹などのスキンケアやシワや乾燥などのアンチエイジング、筋肉痛や関節炎の緩和などを目的に使用されることが多いです。

CBDバームには水分が一切含まれていないため、汗をかいたり濡れたり、また衣服などで擦れたりしてもCBDバームが落ちにくく保湿性も高いです。

そして、天然由来のCBDやオイル成分以外が入っていないので、肌が荒れやすい人や敏感な人、また皮膚の薄い目元や口元、唇などにも使用しても刺激が少ないというメリットもあります。

一方で、水分がないことがデメリットとなる場合もあります。例えば、日中に顔などに塗布する場合や腕や脚全体など広範囲に使用したい場合などは、製品によってはベタつきが気になると感じることもあるでしょう。
CBDやCBDバームの効果や使い方は?ニキビや肩こりに作用する?CBDやCBDバームの効果や使い方は?ニキビや肩こりに作用する?

CBDクリーム

CBDクリームは原料となるCBD以外に、CBDバームに使用されるような植物由来のオイル、そして水やグリセリン、乳化剤などが加えられています。

CBDクリームには水分が含まれているので伸びがよく、ベタつきもバームと比較すると少ないです。

CBDクリームは主に筋肉痛の緩和や関節炎、また生理痛の緩和などにも使用されます。疼痛のある部位に適量のCBDクリームをマッサージするように塗布します。

筋肉や関節などの痛みは幹部を温めることでコリをほぐして痛みが緩和される場合と、幹部を冷やすことで炎症を軽減して鎮痛効果が得られる場合があります。日本で販売されている湿布薬などでも冷却用と温熱用があります。

筋肉痛や関節炎などの広範囲の患部に使用されるCBDクリームには、製品によって患部を温めるためのカプサイシンや、反対に冷やすためのメンソールなどが含まれていることがあります。

CBDクリームのデメリットとして、水分が含まれているため皮膚の表面に塗ると蒸発しやすく、保湿性はCBDバームよりも劣ります。そのため、皮膚の乾燥などにはCBDバームを使用した方が適しているでしょう。

また、製品に含まれる乳化剤やメンソール、カプサイシンなどの添加物によって皮膚の薄い部位や敏感肌の人にとっては刺激となることがあります。

筋肉痛や関節痛などに対してCBDバームとCBDクリームのどちらの方が良いかは、テクスチャーの好みや保湿性、敏感肌かどうかなどを基準に選ぶと良いでしょう。
CBDの鎮痛作用とは?アメリカで話題沸騰中のCBDクリームを紹介CBDの鎮痛作用とは?アメリカで話題沸騰中のCBDクリームを紹介

CBDオイル

CBDやCBDオイル
CBDオイルは口腔内の粘膜から舌下摂取させる方法が最も一般的です。粘膜表面の毛細血管から吸収されたCBDは全身に鎮痛作用や抗炎症作用などをもたらします。

CBDオイルを舌下摂取する場合のCBDの吸収率は13〜35%、効果持続時間は4〜8時間ほどとされています。また効果が現れるまでにかかる時間は15分〜1時間ほどです。

CBDオイルは、舌下摂取だけでなくCBDバームやCBDクリームなどと同じようにCBDを経皮摂取する場合にも使用することもできます。

CBDオイルを皮膚に直接塗布して使用する場合は、吸収率や効果持続時間はCBDトピカルと同様になります。

CBDオイルを経皮摂取に使用する方法は、顔に出来たニキビやシミ、しわ、乾燥、傷跡、口角炎など、気になる部位や痛みがある部位に直接少量のCBDオイルをなじませます。

通常CBDオイルは数滴、もしくは数ミリリットルを一回分の目安使用量としていることが多いです。

腕や脚などの筋肉痛や関節痛のために市販のCBDオイルを塗布するとなると、推奨されている一回量以上に必要となるため、コストがかかってしまい効率が悪いです。

CBDオイルを広範囲に塗布したい場合は、肌に直接塗っても問題のない植物性オイル(ココナッツオイル、オリーブオイル、シアバターなど)や市販のボディオイルなどにCBDオイルを混合して使用すると良いでしょう。

アメリカでは関節痛や筋肉痛専用のCBDバームが販売されている?

フィットネス人口が世界でも屈指のアメリカでは、関節痛や筋肉痛専用のCBDバーム、通称「CBDマッスル&ジョイントバーム(CBDマッスルバーム)」が販売されています。

CBDマッスル&ジョイントバームの特徴としてCBDバームにメンソールやカプサイシンなどの冷感や熱感を与える成分を含有しています。

まさに先に解説したCBDバームとCBDクリームとのハイブリッド製品であると言えるでしょう。

CBDマッスルバームは日本でも購入することは可能です。購入の際の注意点として、CBDバームとCBDクリーム、CBDローション、CBDジェルなどがはっきりと区別されずに販売されていることがあります。

CBDマッスルバームはCBDと植物性オイル、そして温熱・冷却成分が入っている場合はカプサイシンやメンソールなどが追加されるのみですので、しっかりと成分表示を確認してCBDバームを区別するようにしてください。

また、炎症性疼痛の場合は冷却、神経性疼痛の場合は温熱が必要となります。反対に、炎症部位を温めてしまうと血行が促進されて炎症が悪化することもあるので、自身の症状に合わせてCBD製品を選ぶようにしてください。

そしてCBD製品全般において言えますが、信頼できる販売元であるか、パッケージのラベルの表記は適切か、THCや有害物質が検出されないことが第三者機関によって証明されているか、なども重要な確認項目です。

また、CBDバームは通常は顔や目元などにも使用できるCBD製品ですが、カプサイシンやメンソールなどが含まれていると刺激が強すぎるため、顔や皮膚の薄い部位、粘膜、傷口などには塗布しないようにしてください。