CBD入りジェリーマスクとは?シートマスクとはどのように違う?

CBD入りジェリーマスクとは? シートマスクとはどのように違う?

CBDは健康や美容業界で注目を集め、最近では世界中で大人気の成分です。CBD製品のひとつとして、CBD入りのジェリーマスクがあります。CBD入りジェリーマスクとはどのようなものなのでしょうか。本記事では、CBD入りジェリーマスクの特徴や作用について解説します。

そもそもCBDやCBDオイルとは?CBD入りのジェリーマスクがある?

CBDやCBDオイル
CBDとは、植物の麻(学名:カンナビス・サティバ)などに含まれている成分カンナビジオール(Cannabidiol)の略称です。

麻に含まれている成分を総称してカンナビノイドといいます。カンナビジオールは数あるカンナビノイドの中でも主要な成分で、テトラヒドロカンナビノール(THC)とともに、2大カンナビノイドともいわれています。

私たちの体にはエンド・カンナビノイド・システム(ECS)と呼ばれる免疫機能や気分、痛みなどの調整を行う仕組みが備わっています。CBDはECSに働きかけることで、様々な病気や症状に対して作用を発揮すると考えられています。

CDBオイルは、ベースとなるキャリアオイルにCBDを配合した製品です。CBDオイルは、舌下摂取や経口摂取、経皮摂取など、様々な摂取方法で使用されています。

現在、CBDやCBDオイルは、健康や美容業界で注目され世界中で人気を集めています。そんな中、最近ではCBD製品のひとつとして、CBD入りのジェリーマスクが登場しました。

CBD入りのジェリーマスクとは、いったいどのような製品なのでしょうか。

CBD入りのジェリーマスクとシートマスクにはどのような違いがある?

ジェリーパック
「ジェリーマスク」という言葉を聞き慣れない方も多いのではないでしょうか。スキンケア用のマスクとして初めに思い浮かぶのは、目や口の部分に穴が空いているシートマスクだと思います。

シートマスクは、コットンなどでできたシートが、保湿成分や美容成分が含まれた液体に浸されているタイプのスキンケアマスクです。洗顔後、そのまま顔に貼り付けて数分程度待ち、保湿するというものが多いです。

シートマスクを外した後は、そのまま顔に液体を馴染ませ、さらに乳液やクリームで保湿するという方法で使用されている方が多いのではないでしょうか。

シートマスクは化粧水のように使え、時短で便利なため、愛用しているという方も多いのではないでしょうか。最近では、毎日使える大容量パックの製品も販売されています。

一方ジェリーマスクは、その名の通りジェル状やペースト状のマスクです。チューブやジャーに入っており、必要な量だけ取り出して使う製品が多いです。ジェルやペーストには、保湿成分や美容成分が豊富に含まれています。

使い方としては、まず洗顔後にジェルやペーストを顔全体にまんべんなく塗り広げます。そして、数分経った後、洗い流すというタイプのものが一般的です。

自分で塗り広げて洗い流すという使い方は、シートマスクに比べて少し面倒くさいと感じる方もいるかもしれません。しかし、シートに比べて、ジェルやペーストは乾燥しづらいという特徴があります。

そのため、ジェリーマスクはシートマスクよりも保湿成分や美容成分が肌に留まると考えられ、より高いスキンケア効果が期待されます。ジェリーマスクは、週1〜2回のスペシャルケアとして使用するのがおすすめです。

CBD入りのジェリーマスクでは、美容成分のひとつとして、ジェルやペーストの中にCBDが配合されています。ジェルやペーストによってCBD成分がしっかりと肌に留まると考えると、CBDの作用がシートマスクより発揮されることが期待できます。

CBDが配合されたスキンケア製品の美容効果は?シミやニキビにも効果的?CBDが配合されたスキンケア製品の美容効果は?シミやニキビにも効果的?

肌トラブルにも良い?CBD入りのジェリーマスクの作用とは?

CBD製品を肌に使用する場合、皮膚からCDB成分が吸収される経皮摂取の作用が期待されます。CBDには抗炎症作用が認められており、アトピーやニキビなどの肌トラブルに効果的であることが示唆されています。

冒頭で少し説明したECSは、CB2受容体にCBDが間接的に作用することにより働くと考えられていますが、CB2受容体は、特に免疫細胞や皮膚組織に豊富であると言われています。

炎症作用とは、外部の刺激や体内で発生した異物に対して、私たちの体にもともと備わっている免疫機能が、それらの刺激や異物を排除しようとする働きそのものです。

CBDが免疫機能を調節する役割を果たし、アトピーやニキビなどの炎症が和らいでいくと考えられているのです。

2014年に発表された研究ではCBDの抗炎症作用に着目し、皮脂細胞などに対してCBDがどのような反応を示すかを調べました。この研究では、皮脂の異常な生成や炎症を起こす物質であるサイトカインの抑制効果が確認されました。

CBDがアトピーやニキビに効果があるということが、これまでに大規模なヒト臨床試験で証明されたわけではありません。しかし、小規模な臨床試験や動物実験などでは、CBDの皮膚疾患に対する効果が示唆されています。

現在も、CBDに関する研究は世界中で活発に行われており、CBDの作用についてさらに研究が進むことが期待されています。
CBDやCBDクリームはにきびやアトピー、湿疹、痛みに効く?CBDやCBDクリームはにきびやアトピー、湿疹、痛みに効く? これまでの多くの研究でCBDの重大な副作用は報告されておらず、CBDは安全性の高い成分であるといわれています。

CBDは植物由来の成分で刺激がそれほど強いものではありませんので、気になる肌トラブルを抱えている方は、CBD入りのジェリーマスクを一度試してみるのもひとつの選択肢になると思います。

ただし、CBDやCBD以外の成分に対して、アレルギー反応や副作用がみられる可能性はゼロではありません。肌の状態が悪化する場合など、何かトラブルがあった際は、使用を中止し医師に相談するようにしましょう。

CBD入りジェリーマスクの使い方や使う頻度を解説!

それでは、CBD入りのジェリーマスクはどのように使うと良いのでしょうか。

前述したように、CBD入りジェリーマスクは、ジェルやペースト状のマスクに、美容成分のひとつとしてCBDが配合されている製品です。基本的には他のジェリーマスクと同じように使うことができます。

まずはいつも通りに洗顔をし、顔の水気を拭き取った後、CBD入りジェリーマスクを顔全体に塗り広げます。この時は、目や口に入らないように気をつけましょう。

顔全体にマスクを塗り終わったら、そのまま数分待ちます。時間が経ったらぬるま湯で十分にマスクを洗い流してください。

待ち時間は、製品によって様々ですので、使用方法を確認するようにしましょう。一晩マスクをし、朝に洗い流すというタイプの製品もあります。

筆者自身は、洗顔後の顔にマスクを塗り広げ、もう一度洗い流すという方法は少々面倒に感じるので、ジェリーマスクは入浴時に使うことをおすすめします。

湯船に浸かりながら、ぷるぷるな触感のジェリーマスクを使用すれば、かなりリラックスできること間違いなしです!お風呂を出る前に洗い流せば良いので、それほど手間もかかりません。

CBD入りのジェリーマスクの効果を十分に得るためには、もったいないと思わず、使用方法に従って十分な量のジェリーマスクを一度に使用する必要があります。そのため、毎日使用し続けるのはなかなか難しいと思います。

そこで、週1〜2回のスペシャルケアとして、CBD入りジェリーマスクを取り入れてみてはいかがでしょうか。自分へのご褒美に、CBD入りジェリーマスクでリラックス気分を味わうのがおすすめです。

コロナ禍でステイホームする時間が多くなっている今、CBD入りのジェリーマスクを新しく取り入れて、おうち時間を少しでも快適にしてみてはいかがでしょうか。

関連文献