CBDやCBDオイルのサプリメントのおすすめは?医薬品とは異なる?

CBDやCBDオイルのサプリメントのおすすめは?医薬品とは異なる?

CBDは医薬品、サプリメントのどちらに分類されるのか気になるところではないでしょうか。本記事では、CBDの分類の考え方、効果、副作用、摂取方法、体質にあったCBDの量の見つけ方について説明しています。またCBD製品の購入場所やおすすめの製品なども紹介しています。

CBDやCBDオイルはどんなもの?

CBDオイル
CBDは、カンナビジオールと呼ばれる化合物の一つで、大麻草の茎や種子などから抽出されます。CBDオイルとは、CBDを成分として含んだオイルサプリメント製品のことです。

大麻草の成分の一つとして知られているCBDに対して、「摂取すると大麻を使用したようにハイになるのではないか」と心配する人も中にはいるのではないでしょうか。

しかしCBDには人をハイにさせたり、陶酔させたりするような精神活性作用は全くありません。CBDはオレンジからも抽出できる化合物でもあることからも精神活性作用がないことは明らかです。

大麻草には、葉や花穂から抽出されるTHC(テトラヒドロカンナビノール)と呼ばれる成分がありますが、大麻を使用した後にハイになったりするのはこのTHCの作用が原因です。

同じ大麻草から得られるCBDとTHCですが、化学構造式が異なる全くの別物のため混同しないでください。

CBDはTHCと違って安全性が高く、健康や治療に効果があるということで現在多くの人の注目を集めています。

​​

CBDやCBDオイルは医薬品とサプリメントのどちらに分類される?

CBDと医薬品
医薬品、健康食品、サプリメントの違いについてまずは見ていきましょう。

医薬品とは、有効性や安全性について国から承認を受けたもので、病気の予防や治療、緩和、診断などの目的のために使用されるものです。

それに対してサプリメントや健康食品は、不足している栄養成分を補給することが目的で使用される食品のことで、医薬品のような有効性に関する承認は受けていません。

また、病気の治癒などを期待するものではないため、パッケージやポスターなどにおいて「〇〇症が治る」「〇〇症に効く」など薬効を期待させるようなことを記載した場合は薬事法違反になります。

それではCBDやCBDオイルは医薬品とサプリメント、健康食品のどれに分類されるのでしょうか。

実は、CBD製品の分類についての判断は難しいというのが正直なところです。

CBDやCBDオイルは医薬品ではない?

FDA(アメリカ食品医薬品局)では、疾病の診断、治癒、緩和、治療、予防での使用を目的とし、影響を与えるものを医薬品と定義しています。

アメリカではCBDを主成分とするEpidiolex(エピディオレックス)という薬品がドラベ症候群やレノックスガストー症候群(LGS)という薬剤抵抗性のてんかんの疾病に使用されており、安全性や有効性がある医薬品としてFDAの承認を得ています。

この事実からCBDやCBDオイルは、医薬品なのではないかと考えることもできるでしょう。

しかしここで考えなければいけないのは、医薬品をサプリメントや食品に入れて販売することは許可されていないということです。

そのため、CBDを医薬品としてしまうと、CBD入りの食品の販売が許可されないのにも関わらず、現にCBD入りのチョコレートやグミなどが販売されているという辻褄が合わないことになります。

このようなことからCBDの分類が非常に曖昧なことがよく分かるのではないでしょうか。

ちなみにビタミンDは、骨粗しょう症やくる病などの治療薬として医薬品としても使われますが、サプリメントとして栄養補助の目的で使われることも一般的ですし、アメリカではビタミンD入りの牛乳も売られています。

FDAのCBDに対する規制などを考慮すると、FDAがCBDをビタミンDと同じように考えているとは言えませんが、結果的にCBDの分類に関してはビタミンDのようなものだと考えておくと分かりやすいでしょう。
CBDやCBDオイルはてんかんに作用する?CBDの薬は日本で合法?CBDやCBDオイルはてんかんに作用する?CBDの薬は日本で合法?

CBDやCBDオイルにはどんな効果がある?

CBDの効果・効能
CBDやCBDオイルには以下に示すような効果があると考えられています。

  • 疼痛緩和
  • 不安軽減やうつ病改善
  • 癌症状や抗がん剤に対する副作用の軽減
  • ニキビの改善
  • 神経保護によるてんかんや多発性硬化症、パーキンソン病、アルツハイマー型認知症の改善
  • 心臓に対する負担軽減
  • 統合失調症などの精神疾患の改善
  • 薬物依存症の回避
  • 糖尿病の予防

CBDの効果や作用は現在研究中です。今後のさらなる研究によりCBDの効果が証明されていくことが期待されています。

CBDやCBDオイルには副作用がある?

CBDやCBDオイルには重篤な副作用は報告されていませんが、軽度の副作用を引き起こす可能性はあると言われています。

研究により指摘された副作用は、以下に示します。

  • 強い眠気
  • 下痢
  • 食欲と体重変化
  • 倦怠感

他の医薬品との相互作用を起こし、CBDが医薬品の効果や副作用を増大させてしまう可能性があることも示唆されています。

ただし、副作用に関しては、CBD摂取後に必ず起こるものではないということと、症状が軽度なことがほとんどということから過剰に心配する必要はありません。

CBDは人によって効果の現れ方も違うのが特徴の一つでもあることから、起こる副作用も人によって違うことが予想できます。

CBD摂取後に万が一不快な症状が現れた場合には、速やかにかかりつけの医師の診察を受けるようにしてください。

また、持病などがありすでに医薬品を服用している方は、CBDを摂取する前に服用している医薬品との相互作用について医師や薬剤師に必ず確認しておきましょう。
CBDやCBDオイルに副作用はない?吐き気は?エビデンス付きで解説!CBDやCBDオイルに副作用はない?吐き気は?エビデンス付きで解説!

CBDサプリメントの摂取方法や量について解説

CBD製品には、オイル、グミ、カプセル、ワックス、リキッドなどがあります。

CBDの摂取方法は、経口摂取、舌下摂取、吸入摂取、経皮摂取などがありますが、一般的にグミやカプセルは経口摂取、オイルは舌下摂取、リキッドは吸入摂取、ワックスは経皮摂取します。

CBDを摂取する際に重要なことは、自分にとって最適な量を知り、用量を守って使用することです。

CBDは、一般的な医薬品やサプリメントのように用法用量がはっきり決まっているわけではないため、自分で試しながら適切な用量を見つけていきましょう。

最初にCBDを試す場合は、まずは1日10~15mgから始めます。この用量で期待する効果が現れなければ効果が出るまで少しずつ増やして様子を見てください。

効果が現れた用量が自分の体質にあったCBDの量ということになります。

CBDやCBDオイルのおすすめは?どこで買える?

CBDには上述したような作用が期待されているため、CBD製品を試してみたいと感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

CBD製品はどこで購入するのがよいのか、我々編集部がおすすめするCBD製品(CBDオイル)をご紹介します。

CBDやCBDオイルのおすすめの購入方法

現在日本でCBD製品を購入する方法としては、

  • 楽天やYahooなどの大手ECサイトから購入する(Amazonでは購入不可)
  • CBD専門ショップのECサイトから購入する
  • メーカー直販のECサイトから購入する
  • CBDを扱う店頭ショップ(大手ディスカウントショップや百貨店など)で購入する

などの方法が主流になっています。

都心などの実店舗ではよく見かけるようになったCBD製品ですが、まだまだ全国に普及されていない現状では、インターネットを介して購入している方が多いのではないでしょうか。

オンライン上で購入するメリットは、ご自身が気になっているCBD製品をみつけやすいことや、数ある商品の中から比較検討して購入できることが挙げられます。

さらに、大手通販サイトや公式サイトではクーポンが発行されていたり、期間限定セールをやってたりすることも多いため、安く購入できる可能性が高くなることも魅力の一つでしょう。
激安のCBDやCBDオイルを紹介!購入時に気を付けることは?激安のCBDやCBDオイルを紹介!購入時に気を付けることは?

CBD製品の購入におすすめのECサイトとCBD製品

現在、CBDの専門家集団である麻田製薬のECサイトで販売されているCBDブランド「THE CBD」のCBDオイルは、期間限定のキャンペーンを実施中のため安く購入することができます。

「THE CBD」は、2020年8月に商品発売開始してすぐに人気に火がつき、今大注目となっている日本発のCBDブランドです。2021年現在でも注目度はとても高く、2021年10月には一時在庫切れを起こすほどの人気ぶりとなっています。

その中でも人気商品であるTHE CBD Oil 10ml 5%(500mg)は、現在この記事を見ている方のために、2,000円割引の3,980円(税込4,298円)という期間限定のキャンペーン価格で販売しています。(下記記載のボタンをクリック)

CBDオイル(CBD濃度5%)の相場価格は8,178円ですので、安さをお分かりいただけるのではないでしょうか。(2021年5月15日時点の大手通販サイトで発売されているCBDオイル調べ)業界最安値帯のこのチャンスに一度お試ししてみることをおすすめします。

THE CBD Oil 10ml 5% (500mg)のおすすめポイント
  1. 純度99%以上の高品質CBDを使用
  2. 継続率約93%の信頼と実績
  3. サプリマニア1万人が選ぶCBDオイルランキング第一位
  4. キャンペーン価格の今だけ3,980円(税込4,298円)
  5. 多くのメディアで話題のCBDオイル

品質に関しても、オーガニック栽培された高品質なヘンプのみを厳選して使用し、農薬などの心配をせずに摂取できます。

第三者機関の成分検査において純度99%以上、THCと農薬などの不純物も不検出だった安心・安全のCBDオイルです。

キャンペーン価格で購入できる今がチャンスですので、商品が気になった方は、是非一度下記から詳細をご覧ください。

関連文献