CBD入りフルーツゼリーがある?CBD製品購入時の注意点も紹介!

CBD入りフルーツゼリーがある?CBD製品購入時の注意点も紹介!

CBDの入った食品は多く、CBD入りのゼリーやゼリービーンズも海外で人気があります。CBD入りのゼリーやゼリービーンズの特徴や日本で購入する時の注意点、また名前にゼリーと付くものの別商品であるCBDゼリー状クレンザーについても紹介します。

そもそもCBDやCBDオイルって何?どんな作用がある?

美容のCBD
CBDやCBDオイルが近年健康に良いと注目されています。

CBDは精神のリラックスと不安の解消、免疫系の調節、神経の働きの調整、消化機能の促進など、生体のさまざまな機能を高めたりバランスを整えることで、心身を健康に維持することが報告されています。

CBDオイルは、CBDをオリーブオイルやMCTオイルなどのキャリアオイルに配合したもので、分類上は健康食品にあたります。

不安や緊張を緩和したり、炎症・慢性的な腰の痛みを軽減するなどの目的で、CBDオイルを使用する方もいます。

このように、生体に多くのメリットをもたらすとされるCBDですが、懸念される事項もあります。

それは、CBDが正式名称をカンナビジオール (Cannabidiol) といい、主に大麻草から抽出される成分だということです。

ご存知のことと思いますが、大麻は違法薬物という認識もあり、有名人が大麻所持で逮捕されたという報道も頻繁にあります。

そのため、大麻由来の成分であるCBDも危険な物質なのでは、と疑う声があってもおかしくはありません。

しかし、CBDに関してはそのような心配をする必要はありません。

大麻の成分の中でも、問題視されているのはテトラヒドロカンナビノール (Tetrahydorocannabinol; THC) という成分です。

THCは精神を「ハイ」にする作用があり、世界的にも警戒されています。

日本では大麻取締法によって、THCは厳しく規制されています。

しかし、同じ大麻成分であるCBDは、THCのような精神を「ハイ」にする作用はありません。先述の通り、CBDが精神にもたらすのはリラックス作用です。さらに、日本の法律上CBDは違法ではありません。

そのため、CBDオイルなどのCBDが配合された製品についても、THCが入っていなければ問題はありません。

近年では、日本でもCBDの評価が上がってきています。そのため、まだアメリカ製など海外からの輸入品が多いものの、CBDオイルをはじめとしたさまざまなCBD製品が流通するようになりました。

人気のある製品の中には、CBD入りの食品もあります。

CBD入りのチョコレートやグミ、ガムなどは日本でも比較的容易に購入することができます。

そのようなCBD食品の中に、CBD入りのフルーツゼリーやゼリービーンズもあります。

CBD入りのフルーツゼリーやゼリービーンズがある?日本では購入できる?

近年ではCBD入りの食品が多く販売されており、CBD入りのフルーツゼリーやゼリービーンズがあると紹介しました。

ゼリーは分かるけど、ゼリービーンズってどんなお菓子?

ゼリービーンズ
さて、ここでフルーツゼリーについては皆様ご存知のことかと思いますが、もしかするとゼリービーンズにはあまりなじみがないという読者も多いのではないでしょうか。

そこで、まずはゼリービーンズについて簡単に紹介します。

ゼリービーンズはソラマメ型をした砂糖菓子の一種です。

日本ではそこまで人気は高くありませんが、アメリカなどではとてもポピュラーなもので、時の大統領ロナルド・レーガンが好んだお菓子としても有名です。

可愛い形と綺麗な色が魅力であり、果物やハッカなどさまざまなフレーバーが楽しめるお菓子でもあります。

これらの特徴はグミにも似ていますが、材料の配合の違いによって互いに食感などに違いがあります。

日本ではゼリービーンズはそれほど人気があるわけではありませんが、イギリスのファンタジー小説やそれを原作にした映画「ハリー・ポッター」が好きな方であればピンとくるのではないでしょうか。

大阪にある巨大アミューズメントパークであるユニバーサル・スタジオ・ジャパン (USJ) では、作中に登場した「百味ビーンズ」が販売されており、多くのファンがおみやげとして買って帰っています。

このように、ゼリービーンズは日本でそこまでメジャーではないとはいえ、さまざまな場面で見かけるという点では、広く浸透したお菓子であるともいえます。

CBDフルーツゼリーやゼリービーンズのメリット・デメリットは?

では、CBDフルーツゼリーやCBDゼリービーンズには、一体どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

メリット①~さまざまな味が楽しめる~

ゼリーやゼリービーンズは、香料やフレーバーを変えることでさまざまな味のバリエーションが生まれます。

サプリメントや薬でも、無味なものを摂取し続けるより、美味しく食べられたり味のバリエーションが多かったりする方が、飽きがこずに続けやすいという方は多いでしょう。

CBDにも同様のことが言えます。無味なCBDオイルを継続するのが難しいという方は、CBD入りのフルーツゼリーやゼリービーンズに代えることで、より摂取が容易になるかもしれません。

メリット②~携帯しやすくどんな場面でも食べやすい~

お菓子にはコンパクトで鞄などに入れやすい、食べる場所を選ばないという特徴もあります。

CBDゼリーやCBDゼリービーンズもそのような特徴を受け継いでいる商品であるといえます。

仕事の小休憩、食後のデザート、スポーツの合間、レジャーなど、さまざまな場面に携帯し、摂取することができます。

デメリット①~生体への吸収効率が良くない~

美味しくどんな場面でも気軽に摂取できるのが魅力のCBDゼリーやCBDゼリービーンズですが、一方でデメリットもあります。

CBDゼリーやCBDゼリービーンズのデメリットとして挙げられるのは、CBD入りの食品に共通していえる課題でもあります。

それは、生体の吸収率の低さです。

CBD製品の摂取方法は、その種類によってさまざまです。

例えば、CBDリキッドはVAPEなどで気化したCBDを吸い込む吸入摂取、CBDオイルは口内の舌の裏側のくぼんでいる部分にCBDを90秒前後置く舌下摂取という方法を用います。

これらの摂取方法では、それぞれ肺と口内の毛細血管からCBDが直接取り込まれるため、生体への吸収率は比較的高いと言われています。

一方で、CBDゼリーやCBDゼリービーンズなどのCBD入り食品は、一般的に食べることで消化管を経由させる経口摂取を用います。

経口摂取の場合、CBDは血流に乗って全身を巡る前に肝臓を通ります。その際、CBDの多くが代謝されてしまいます。このことで、生体に機能するCBD量が極端に少なくなってしまうのです。

実際に、生体の吸収率を比較すると、吸入摂取は34~56%、舌下摂取は13~35%なのに対し、経口摂取は6~20%程度と低い時は1桁台しかありません。

生体への吸収効率の低さは、CBD入り食品共通の悩みどころであると言えます。

デメリット②~CBD摂取量の調節がしづらい~

CBDの適切な摂取量には個人差があります。

CBDゼリーやCBDゼリービーンズは、1個あたり、または1袋あたり○○mg、という感じでCBDの含有量が定められています。

そのため、1あたりの単位でのCBD摂取量は把握することはできますが、個々人に合わせて適正な摂取量に調整することはなかなか難しいと言えます。

また、美味しくてつい食べ過ぎてしまうという可能性もあります。

自身のCBDの適正量を守りながら摂取したい方は、CBDオイルを利用する方がおすすめです。

一方で、CBDゼリーやCBDゼリービーンズを利用する時は、食べ過ぎに気をつけて、自身のCBDの適量の範囲を超えないようにしなければいけません。

CBDゼリーやCBDゼリービーンズは日本で購入できる?

CBDゼリーやCBDゼリービーンズを食べてみたいと思われた方は、どのようにして購入すれば良いのでしょうか。

海外製のCBD製品でも、日本の正規輸入代理店などCBD専門の業者が公式に販売しているものもあります。

CBD入りの飲食品の中にも、CBDチョコレートやCBDクッキー、CBDグミ、CBDウォーター、CBDスポーツドリンクなど日本で広く販売されているものもあります。

では、CBD入りのフルーツゼリーやCBDゼリービーンズはどうでしょうか。

Google等で調べてみたところ、現状ではCBDゼリーやCBDゼリービーンズを公式販売しているとみられる日本の業者の情報は見つかりませんでした。

一方で、大型通販サイトや海外メーカーのオンラインショップの販売情報や、輸入した商品をブログなどで宣伝して販売している個人の業者の情報はいくつか発見できました。

以上のことから、まだCBDゼリーやCBDゼリービーンズを公に扱っている業者は少なく、購入は大手通販サイトや個人の輸入販売業者を利用するか、海外から個人輸入するのが一般的になるかと思います。

また、念のための注釈になりますが「CBDゼリー」と検索した時、他のCBD製品の情報やCBDが入っていない一般的なフルーツゼリーなどの情報も多数出てきますので注意が必要です。

これらのことから、CBDゼリーやCBDゼリービーンズは、残念ながらまだ日本ではメジャーな商品ではないと言えそうです。

これから日本でも市場が拡大していけば良いですね。

美肌にもなる?アメリカではCBD入りゼリー状クレンザーも人気?

「CBDゼリー」とGoogleなどの検索エンジンで調べてみると、CBDゼリーやCBDゼリービーンズに混じって「CBD入りゼリー状クレンザー」という情報も出てきます。

ではCBD入りゼリー状クレンザーとは何かというと、これまで紹介してきたCBDゼリーやCBDゼリービーンズなどのCBD入り食品とはもちろん異なり、洗顔料の種類になります。

最近の洗顔料には、保湿成分を多く含んだゼリー状のものもあり、特にアメリカなど海外では人気があります。

このゼリー状クレンザーにCBDが入ったものが、CBD入りゼリー状クレンザーです。

CBDゼリー状クレンザーは、先述した摂取方法とは異なり経皮摂取という皮膚から直接取り込ませる方法を用います。

経皮摂取で取り込んだCBDは全身を巡ることはありませんが、塗布した部分に直接、局所的に作用できます。

CBD自体も皮膚や肌によい作用がもたらすことが確認されており、皮膚の炎症やかゆみを抑えたり、皮膚の新陳代謝を高めたり、しみや黒ずみを薄くするなどして、肌を健康で綺麗に保つことが期待されます。

つまり、CBDゼリー状クレンザーは、もともと保湿効果があるなど肌に良い洗顔料にCBDが加わることで、相乗効果的に美肌に貢献する有効なアイテムであるといえます。

ただし先ほどお伝えした通り、このCBDゼリー状クレンザーは、食品であるCBDゼリーやCBDゼリービーンズとは異なる商品ですので、混同して購入はしないようお願いいたします。

CBD製品を購入する際の注意点は?

この記事を読んで、CBDゼリーやCBDゼリービーンズ、CBDゼリー状クレンザーなどのCBD製品を使用してみたいと思われた方もいらっしゃると思います。

そのような方のために、CBD製品を購入するうえでの注意すべきポイントを紹介します。

THCが含まれていないことをしっかり確認する

日本で製造されているCBD製品の数はまだ少なく、海外製品を購入することが多くなると思います。

この時に絶対に確認しなくてはいけないのは、その製品にTHCが含まれていないことです。

先述の通り、日本では大麻取締法によってTHCという成分は厳しく規制されています。

しかし、海外での大麻やTHCの扱われ方は異なり、THCのレベルが基準値を超えなければ合法であるなど、各国で違いがあります。

そのため、海外で合法である製品であっても、日本では違法であるということが起こり得ます。

特に、CBDゼリーやCBDゼリービーンズはまだ日本ではメジャーなCBD製品ではなく、大型通販サイトや個人の輸入販売業者から購入したり、自身で海外のサイトから直接購入する必要があります。

そのような経由で購入した製品にTHCが含まれている可能性は十分にあり、それを知らずに購入したばかりに違法性を問われる事態になってしまわないとも限りません。

CBD製品の購入前に、THCが含まれていないかどうかを調べることは必須事項と思ってください。

第三者機関の検査結果がある

THCの有無に関してもそうですが、購入を検討しているCBD製品に不純物が入っておらず、品質が高いかどうかを確認する指標となるものがあります。

それが、第三者機関への検査結果です。

優良なCBD製品メーカーであれば、自社の製品の品質調査を調査機関や大学などに依頼しており、自社のウェブサイト等で検査結果を公表しているところもあります。

この検査によって、CBDなど含有物の純度や、農薬や重金属など危険物が入っていないことが証明されます。

THCについても同様です。

単に製品のラベルやウェブサイトの商品紹介ページに「THCは入っていません」と書かれているよりも、検査で未検出であったという情報があった方が、安全性はより確からしいということになります。

その他の添加物にも注意した方が良い

海外製品は日本で生産・販売されている製品にはあまり使われない添加物などが入っている可能性もあります。

食品の場合、合成着色料など日本では敬遠される傾向がある成分がたくさん入っていることは容易に考えられます。

また、洗顔料のように身体の中に入れないものであっても、日本の製品では使われない成分が入っていて、肌に合わなかったりするかもしれません。

このような添加物のリスクは、CBD製品のみならず海外製品であればつきまとう問題です。

そのため、より健康のことを考えるのであれば、製品のラベルを見てどのような成分が入っているかを調べた方が無難といえるでしょう。

健康になったり綺麗になったりするために摂取するCBDですので、他の成分での悪影響が出ることがないようにしたいものです。