CBDオイルは花粉症に効果がある?アレルギー反応を引き起こさない?

CBDオイルは花粉症に効果がある?アレルギー反応を引き起こさない?

健康や美容の業界で様々な効果が期待されているCBDですが、春になると猛威をふるい悩んでいる人も多い花粉症に対して効果はあるのでしょうか。また、CBDやCBDオイルにアレルギーの心配はないのか、花粉症の人がCBDを摂取しても問題ないのか解説していきます。

花粉症(アレルギー性鼻炎)の症状はなぜ出る?

花粉症は、スギやヒノキなどの植物の花粉が目や鼻などの粘膜に触れることで、かゆみやくしゃみ、鼻水などの症状を引き起こすアレルギーです。現在、日本人の2〜3割が花粉症であるといわれています。

アレルギーを引き起こす原因の植物は、人によって様々です。原因となる花粉が飛散している時期に症状がひどく出る場合が多いため、季節性のアレルギー性鼻炎ともいわれます。

なぜ花粉症になってしまうのか

もともと花粉症ではなかった人が、「今年から花粉症になってしまった」という話を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

花粉症を発症するメカニズムには、私たち人間の免疫機能が関係しています。花粉が目や鼻の粘膜から体の中に入ると、人間の体にもともと備わっている免疫機能が花粉を「異物」として認識し、抗体が作られます。

抗体はマスト細胞という細胞にくっつき、再び花粉が入ってきたとき、このマスト細胞からヒスタミンなどのアレルギー誘発物質が放出されます。これらの物質が鼻や目の神経や血管を刺激し、様々なつらい症状として現れます。

アレルギーになりやすい体質の人は、この免疫機能の反応が繰り返し蓄積されると、ある時点で症状として現れ、花粉症になってしまいます。

花粉症と上手く付き合うには?花粉症の治療法

花粉症の治療としては、抗ヒスタミン剤などアレルギーの治療薬を飲みながら、つらい時期を上手く乗り越えるという方が多いのではないでしょうか。

抗ヒスタミン剤は眠気を伴うことが多いため、服用するタイミングは就寝前を基本とし、車の運転はしないなど注意が必要です。花粉シーズンに入る前から早めに服用を始めると、症状がひどくなりにくいといわれています。

現在、花粉症の対症療法となる医薬品は、ドラッグストアでも様々な種類が販売されています。飲み薬や点鼻薬、目薬など形状も様々なので、組み合わせて活用することも可能です。

また、外出時はマスクや眼鏡を着用する、室内のドアや窓をしっかりと閉める、外から帰った時や洗濯物を取り込む時はしっかりと花粉を払い落とすなどの方法は、簡単にできる対策として有効です。

最近では、体質を改善し花粉症を根本から治療する方法も行われています。この方法は、原因である花粉の抽出液で作った医薬品を、皮下注射や舌下投与で少しずつ投与していき、アレルギー反応を徐々に弱めていきます。

この根本治療は、少量ですが原因となる花粉を投与するため、ごく稀にアナフィラキシーショックという重い副作用が起こることがあります。また、慎重に投与を行い徐々に慣らしていくため、完了まで2〜3年程かかります。

花粉症が根本的に改善するのはとても魅力的ですが、対症療法に比べると治療法として取り入れるにはハードルが高いと感じる方も多いのではないでしょうか。

CBDやCBDオイルと花粉症の関係性とは?

さて、CBDやCBDオイルは花粉症に効果的なのでしょうか。

残念ながら、これまでにCBDやCBDオイルが花粉症に効果的であるという研究結果は発表されていません。しかし、CBDには抗炎症作用があることが広く知られており、アレルギー反応による炎症にも有効な可能性があります。

また、花粉により皮膚のかゆみが出るという方もいますが、2018年に発表された実験では、CBDにより接触性皮膚炎(アレルギー性皮膚炎)の抗炎症効果が確認されました。

CBDやCBDオイルは炎症に効果がある?中毒症状や副作用はない?CBDやCBDオイルは炎症に効果がある?中毒症状や副作用はない?

細胞実験や動物実験においては、CBDの抗炎症効果を示す結果が複数発表されています。しかし、人での臨床試験結果は発表されておらず、エビデンスが不十分です。今後、さらなる研究が行われ検証が進むことが望まれます。

加えて、花粉症やアレルギーに対する効果とは別の視点になりますが、CBDやCBDオイルにはリラックス効果やストレスの緩和効果があることも広く知られています。

花粉症のつらい症状により、なかなか眠れなかったり、強いストレスや疲れを感じたりする方も多いかと思います。これらを軽減する手助けとして、CBDやCBDオイルを活用してみてはいかがでしょうか。

CBDは睡眠の質を上げて睡眠障害や不眠を緩和する?睡眠薬とは違う?CBDは睡眠の質を上げて睡眠障害や不眠を緩和する?睡眠薬とは違う?

CBDは、私たちの全身に存在するカンナビノイド受容体にくっついて作用を発揮します。カンナビノイド受容体のうち、CBDは皮膚などの末梢組織や免疫系の細胞に多く存在するCB2受容体にくっつきやすいといわれています。

このCB2受容体にくっつくことによる作用が、CBDやCBDオイルに様々な臨床的効果が期待されている理由です。てんかんなど臨床応用されている分野はまだまだ少ないですが、今後のさらなる進展が期待されています。

花粉症などのアレルギーがある人はCBDやCBDオイルを摂取してもよい?

CBDの原料は植物である麻です。当然ですが、麻も子孫を残すために花粉を生成します。花粉症になる人は、もともと様々なアレルギーを発症しやすい体質であるため、麻に対してもアレルギーを引き起こす可能性があります。

2013年に発表された論文によると、食物アレルギーを持つ21人に対して、麻のアレルギーテストを行ったところ、12人に麻に対するアレルギー反応が見られました。

しかし、CBDやCBDオイルは、主に麻の雌株(種子から抽出するため)から製造されます。花粉を生成するのは雄株なので、CBDやCBDオイルでアレルギーを発症することは非常に稀であるといわれています。

CBDやCBDオイルはアレルギー反応を引き起こす?それとも緩和する?CBDやCBDオイルはアレルギー反応を引き起こす?それとも緩和する?

よって、花粉症などのアレルギーがある人も、一般的にはCBDやCBDオイルを摂取して問題ないと考えられますが、不安な場合や実際にアレルギー反応が出た場合には、医師に相談するようにしましょう。

CBDを摂取してアレルギー反応が出た場合の対処法を紹介します!

花粉症のメカニズムのように、今まで問題がなかった物質に対してある日突然アレルギーを発症する場合があります。また、症状はストレスや体調によっても変わり、人によってアレルギー反応の出方は様々で予測ができません。

花粉やハウスダスト、食品、日用品など、私たちの身の回りのありとあらゆるものがアレルギーの原因になる可能性があるといわれています。

そのため、CBDやCBDオイルを摂取してアレルギーを発症した場合、前述したように麻が原因の場合もあれば、別の要因である可能性もあります。

例えば、CBDオイルはキャリアオイルと呼ばれるベースとなるオイルにCBD成分が希釈されています。キャリアオイルにはMCTオイルやヘンプシードオイル、オリーブオイルなど様々な種類のオイルが使われています。

CBD成分自体にはアレルギーがなかったとしても、使われているキャリアオイルが原因でアレルギー反応が出てしまう場合もあるのです。

CBD製品を使用して、アレルギー反応が出たり体調が悪くなったりした場合には、一旦使用を中止し、必ず医師に相談しましょう。そして、どの成分に対してアレルギー反応が出たのか確認することをおすすめします。

もし、CBD成分自体にはアレルギーが出ないということであれば、他の製品を試してみると問題なく使用することができるかもしれません。CBD製品を購入する時には、CBD成分以外の成分表示もしっかりと確認しましょう。

現在は、日本国内でも様々なCBD製品を手に入れることができます。自分に合ったCBD製品を見つけ、生活の中に取り入れてみてはいかがでしょうか。

関連文献