現在どんな種類のCBD製品が販売されてる?安全な製品の見つけ方も!

現在どんな種類のCBD製品が販売されてる?安全な製品の見つけ方も!

健康に良いとして近年日本でも注目されているCBD製品ですが、一体どんな種類のものが販売されているのでしょうか。また、CBDをより効果的に摂取したり、安全な製品を見つけたりするために、注目すべきポイントについても解説します。

CBDやCBDオイルって何?「ハイ」にはならない?

CBDオイルの魅力
CBDはカンナビジオール (Cannabidiol) の略称であり、麻の植物などに含まれるカンナビノイドと呼ばれる成分の一種です。

麻は別名大麻草とも呼ばれ、マリファナの原料になることもあります。マリファナは「ハイ」になる効果を求めて、嗜好品として摂取されることが多く、社会的にも問題視されることが多いものです。

もちろん、日本ではマリファナは禁止されており、大麻取締法によって麻の植物の扱いも厳しく制限されています。

そのため、CBDについても「摂取すると『ハイ』になるのでは?」「法律的に問題視されているのでは?」などと考える人もいます。

しかし、そのような心配をする必要はありません。

カンナビノイドの中でも精神を「ハイ」にする作用があるのは、テトラヒドロカンナビノール [Tetrahydrocannabinol; THC] という成分です。

CBDがもっているのは、むしろ「ハイ」になるのとは逆に、精神をリラックスさせる作用です。

また、日本の法律ではTHCは違法な成分ですが、CBDは違法ではありません。

そのため、THCが含まれていなければ、CBDが配合されている製品を所持・摂取しても問題はありません。

実際に、CBDは近年日本でも注目され、CBDが含まれるさまざまな製品が流通するようになりました。

CBDオイルはその代表例といえます。

CBDオイルは、CBDをオリーブオイルやMCTオイルなどの天然由来の食用キャリアオイルに配合したもので、世界的にも広く使用されています。

CBDが含まれている製品にはどんなものがある?

CBD製品
CBDオイル以外にも、CBDが含まれる製品には、実に多くの種類があります。

それらの製品によって、摂取方法もさまざまです。

また、CBD製品は海外で製造されているものが多く、日本で広く流通しているものもある一方で、日本ではまだそこまで浸透してない製品もあります。

しかし、日本ではまだメジャーではない製品も、近年上がり続けるCBDの注目度に伴って、徐々にその販路が広がる傾向にあります。

CBDオイル

前述した通り、CBDオイルとはCBDをキャリアオイルに配合した製品です。

CBDオイルを摂取する時には、舌下摂取という方法を用います。口内の舌の下部にCBDオイルを滴下し、30秒から2分程度置いてから飲み込む方法です。

舌下部分にCBDが存在している間に、その部分の毛細血管から直接CBDが取り込まれるため、全身に効果が及びます。

CBDリキッド

VAPEなどの電子タバコを用いてCBDを摂取する吸入摂取という方法を用いて摂取する製品です。

CBDは肺の毛細血管から直接吸収され全身に入るため、すぐに効果を実感することができます。その分効果の持続時間は短く、30分~1時間程度で切れてしまうという側面もあります。

また、通常はCBDリキッドを使用するには、VAPEなどの電子タバコの器具を別途購入しなければいけませんが、器具がなくても使用できる使い捨てのCBDペンも販売されています。

CBDペンは、本体の中に予めCBDリキッドが入っており、すぐに摂取することができます。

CBDクリーム、CBDジェル

CBDをクリームやジェルに配合し、皮膚に直接塗布しやすくした製品です。

CBDは患部に直接届きますが、全身を巡らないため、効果は局所的です。

CBDシャンプー、CBDコンディショナー

髪の手入れにもCBDは効果があると言われています。

シャンプーやコンディショナーなどのヘアケア用品の中にも、美髪や頭皮の健康を維持するためにCBDが配合されているものもあります。
アメリカで話題!頭皮や髪に期待できるCBDシャンプーの効果とは?アメリカで話題!頭皮や髪に期待できるCBDシャンプーの効果とは?

CBD化粧品

CBDをファンデーションなどの化粧品に配合した製品も販売されています。

しみやくすみをなくしたり、皮膚の新陳代謝を良くして美肌にする効果が期待されます。

CBDエディブル

CBDエディブルとは、CBDの入った食品や飲料の総称のことを指します。

食品としては、チョコレート、クッキー、ガムなどのお菓子類にCBDが配合されたものが多いです。

また飲料としては、CBDウォーター、CBDティー、CBDエナジードリンクなどがあります。

CBD入りアルコール飲料など、日本ではあまりメジャーではありませんが、海外では人気がある製品もあります。

これらの製品は、口から摂取し消化管から吸収するという経口摂取という摂取方法を用います。

気軽に摂取ができることが魅力ですが、全身を巡る前に肝臓で代謝を受けるため、生体の吸収効率が6~20%程度と低くなってしまうというデメリットもあります。

CBDカプセル

CBDの成分が入ったカプセルで、こちらも経口摂取で摂取します。

エディブルのようにおやつ感覚とはいきませんが、飲み込むだけで摂取できるという気軽さが魅力の製品です。

どのCBD製品を用いるのが良い?

以上に一例を紹介しましたが、CBD製品には実に多くのものが販売されていることがお分かりいただけたと思います。

では、多様なCBD製品の中で、どの製品を用いるのが良いのでしょうか。

上述の通り、CBDは摂取方法によって効果の現れ方に違いがあります。また、どのような製品をどのような場面で使用するかによって、使用中の感覚も変わるでしょう。

そのため、CBDを摂取する目的や、使用者の趣向などによって、選ぶべきCBD製品は違ってきます。

例えば、継続的に使用し、中長期的なスパンで徐々に効果を実感したいならCBDオイルが最適といえるでしょう。

ストレスや不安をすぐに和らげたいなら、CBDリキッドなど吸入摂取をする製品を用いるのが良いです。

また、皮膚のしみやかゆみといった局所的な悩みを解消したい時はCBDクリームが効果的です。

仕事やスポーツの合間に気軽に摂取したいならCBDエディブルを選ぶのも良いでしょう。

このように、それぞれのCBD製品によって特色がありますので、その特色を活かせる場面で使用するのが、より良い製品の選び方といえます。

THCには要注意

これらのCBD製品を購入・使用する際に気をつけていただきたいことがあります。

それは、THCが含まれていないかどうかを事前に確認しておくことです。

CBD製品は海外製のものが多いですが、海外の大麻製品に対する基準が日本の基準とは異なる場合があります。

特に、デリケートな問題になってくるのがTHCの含有量についてです。

例えば、アメリカでは原料となるヘンプ (CBD製品の製造などに用いられる麻の品種) に含まれるTHC量は0.3%以下であれば良いとされています。そのため、CBD製品もその基準を満たしていれば合法です。

しかし、日本ではTHCはわずかに検出されただけでも違法となってしまいます。

現在は、日本の基準に合わせTHC未検出のCBD製品が多くなってきていますが、THCが含まれている危険性は十分にあります。

CBD製品を購入する際は、THCが含まれていないことを確認するのは必須事項です。

CBDオイルにはCBD以外の成分が含まれているってホント?テルペンって何?

CBDオイルなどのCBD製品には、もちろんCBDが含まれていますが、他にも成分が入っているのでしょうか。

実は、CBDオイルにはCBD以外のカンナビノイドやテルペンといったさまざまな成分が含まれている場合があります。

以下にCBDオイルに含まれる代表的な成分について紹介します。

CBD以外のカンナビノイド

CBDやTHC以外にも、多くのカンナビノイドが麻の植物には含まれています。

CBG (カンナビゲロール) やCBN (カンナビノール) など、100以上を超える種類のものが確認されています。

CBDオイルにも、これらCBD以外のカンナビノイドが含まれている場合があります。

CBDをCBD以外のカンナビノイドと同時に摂取すると、互いのカンナビノイドが相乗効果を起こし、生体への作用を高めるアントラージュ効果がもたらされます。

このアントラージュ効果を期待して、特定のカンナビノイドを配合したCBDオイルを販売しているメーカーもあります。

テルペン

テルペンの種類
テルペンとは、植物や菌類によって作られる生体物質であり、麻からも産生される有機化合物です。

すべてのテルペンに風味や生体への効果があるわけではありませんが、リモネンのように柑橘系の香りがあったり、ミルセンのように鎮痛作用やリラックス作用があったりするものもあります。

また、カンナビノイドと同様に、テルペンにもCBDとの同時摂取によるアントラージュ効果が期待できます。

その他、ビタミン、ミネラル、オメガ脂肪酸など

カンナビノイドやテルペン以外にも、CBDオイルにはビタミン群やミネラル、オメガ脂肪酸などの成分が含まれています。

これらには、原料となる麻由来のものと、キャリアオイル由来のものがあります。

CBD以外の成分を含むCBD製品にはどのような種類がある?

CBDのフルスペクトラムとブロードスペクトラムとアイソレートの違い
以上のように、CBDオイルにはさまざまな成分が含まれていることもあります。

CBDオイルにはさまざまな種類があり、それぞれのタイプによってこれらの成分の含まれ方も異なるからです。

ここで、CBDオイルのさまざまなタイプの紹介と、それぞれのタイプでの成分の含まれ方について解説します。

CBDアイソレート

CBDアイソレートとは、CBDのみを単離抽出したものです。

そのため、CBD以外のカンナビノイドやテルペンなど、麻の他の成分は含まれません。

そのため、アントラージュ効果はもたらされません。

CBD以外には麻由来の成分は含まれませんが、キャリアオイル由来のビタミンやミネラルなどの成分は含まれます。

フルスペクトラム

フルスペクトラムとは、原料となる麻からすべての成分を抽出したものです。

そのため、麻に含まれる成分がすべて配合されるため、アントラージュ効果が期待できます。

ただし、原料となる麻にTHCが含まれていた場合、そのまま配合することになってしまいます。

ブロードスペクトラム

ブロードスペクトラムは、CBDアイソレートに他のカンナビノイドやテルペンを配合する、またはフルスペクトラムから特定の成分を除去して作ったものです。

そのため、フルスペクトラムではTHCを除去することができませんが、ブロードスペクトラムはTHCが含まれない製品を作ることが可能であり、その意味で日本にはこちらの製品の方が適しているといえます。

もちろん、アントラージュ効果も期待できます。

ブロードスペクトラムのデメリットとして、高価になりやすく種類が少ないといった点が挙げられます。

さらに、CBD以外の麻の成分がどれだけ含まれていなくてはいけないといった基準がないため、各メーカーの製品によって品質にばらつきが出る可能性もあります。

近年は徐々に認知は広まり高品質な製品も多くはなってきているものの、初心者にはブロードスペクトラムは少し敷居が高いといえるでしょう。

そのため、初めてCBD製品を使用される方は、まずCBDアイソレートから試して、より高い効果を実感したいと思った時に、ブロードスペクトラムに切り替えた方が良いかもしれません。
フルスペクトラムCBDは違法?ブロードスペクトラムとの違いは?フルスペクトラムCBDは違法?ブロードスペクトラムとの違いは?

信頼できるCBD製品の見つけ方は?注意点をご紹介!

最後に、CBDオイルなどのCBD製品を安全に使えるよう、信頼できるCBD製品の見つけ方や、購入時の注意点などをご紹介します。

なぜ信頼性が必要?

どのような製品であっても、信頼できる製品を選ぶことは大切です。

しかし、CBD製品を購入するにあたっては、信頼性はとりわけ重要な要素といえるでしょう。

その理由の一つは、まず自身の健康上のリスクを避けるためです。

健康に良いと言われるCBD製品ですが、中には粗悪な製品を販売しているメーカーがないとも限りません。

そのような粗悪な製品であれば、含まれているCBDの質が悪かったり、有害な物質が含まれている可能性もあります。

CBDの効果が得られないだけなら「勿体ない」で済むかもしれませんが、健康になりたくて摂取したのにかえって健康を害してしまった、という事態になっては本末転倒です。

さらに、もう一つの理由に挙げられるのが、法律上の問題です。

日本では大麻取締法によって大麻草や大麻製品の取り扱いは厳しく制限されています。

CBDの成分自体は合法であるとはいえ、原料に麻を使っている時点でCBD製品はかなり警戒されやすいものであると言わざるを得ません。

中でもTHCが検出されるものは所持しているだけで違法となってしまいます。

仮にそのような事態になった時に「知らなかった」では済まされません。

このように、健康面、法律面の観点から、ご自身を守るためにも信頼のおける製品を探すことはとても重要であるといえます。

信頼できるCBD製品を購入するには?

では、信頼できるCBD製品を購入するには、具体的にどんなところに気をつければ良いのでしょうか。

日本の正規輸入代理店などのCBD専門の業者から購入する

CBD製品を取り扱っている業者は多くありますが、それらの業者の中にも良し悪しがあります。

CBDや大麻についての専門知識があり、きちんと責任をもって販売を行っている業者を選ぶことが大切です。

そのような業者として、最もおすすめなのが日本の正規輸入代理店です。

CBD製品のメーカーは海外の企業が多いですが、代理店はそのようなメーカーから公認を得て、日本で流通可能な安全な製品を取り扱っています。

一方で、気をつけた方が良いのは、海外のメーカーから個人輸入する場合や、フリマアプリなど個人で取り扱っているものを購入する場合です。

海外で流通しているCBD製品は、日本とは違う基準で販売されていることが多いです。特にTHCの含有量の規定は国によって異なるため、他国では合法であるものが日本では違法であることもあります。

予備知識が乏しい状態で、個人購入するのはとても危険な行為です。

また、フリマアプリなどで個人で販売しているものは、中古品であったりどこのメーカーのものか判別がつかないものが扱われている場合もあります。

よほどCBDや大麻に対する知識がある人でない限り、そのようなところから購入するのは控えた方が良いでしょう。

第三者機関でのチェック済み、成分表が記載されている

また、良心的なメーカーであれば、研究所などの第三者機関に自社のCBD製品に検査依頼を出し、チェックをしてもらっています。

さらに、CBD製品のラベルやウェブサイトの商品ページに成分表を掲載し、CBDなどのカンナビノイドがどのくらい含まれているかを記載しています。

このように、販売しているCBD製品の品質や安全性についてきちんと開示していることも、信頼できるCBD製品であることの判断材料になります。

THCフリー (THCが含まれていない)

品質・安全性を判断するうえでも特に見逃してはいけないのは、THCの存在です。

先述の通り、日本ではTHCがわずかでも検出できるCBD製品は認められません。

そのため、THCフリー (THCが含まれていない) 製品であることを確認することは必須事項です。

THCフリーであることの情報は、そのCBD製品のラベルやウェブサイトの製品紹介に記載されていることが多いです。

しかし、それだけでは安心しきれるかと言えば、そうとは言い切れないかもしれません。

より信頼のおける情報を得るためには、メーカーによっては第三者機関の検査結果を開示している場合がありますので、それを見るのが良いでしょう。

THCの項目にN. D. (未検出) の表記があれば、THCフリーであることのより確かな証拠となります。