CBDやCBDオイルは太るの?痩せるの?驚きのダイエット効果も!

CBDやCBDオイルは太るの?痩せるの?驚きのダイエット効果も!

健康や美容業界で注目されているCBDやCBDオイルですが、習慣的に摂取して太る心配はないのでしょうか。また、ダイエットには効果的なのでしょうか。本記事では、CBDと体重やダイエットとの関係について、エビデンスをいくつか紹介しながら解説していきます。

CBDやCBDオイルで太るのはウソ?ホント?エビデンスと共にご紹介!

健康や美容業界で様々な効果が注目され、CBDやCBDオイルの人気はますます高まっています。トレンドにのって、CBDやCBDオイルを摂取してみたいという方も多いのではないでしょうか。

CBDは、主にリラックス効果や安眠効果が注目されているので、CBDやCBDオイルを摂取すると太ってしまうのかという点についてはあまりまとまった情報がありませんが、摂取を始めるときの懸念点だと思います。

結論から言うと、CBDやCBDオイルで太るかどうかは、明確な答えが分かっていません。

CBDが全身で様々な効果を発揮すると考えられている理由は、私たちの体にもともと備わっている調節機能であるエンドカンナビノイドシステム(ECS)に働きかけることが知られているからです。

ECSは、私たちの体において、免疫機能や気分、痛みなどを調整する仕組みのひとつです。そのため臨床分野では、炎症性疾患や精神疾患に対するCBDの効果に関する研究が盛んに進められています。

精神的な作用が関わるもののひとつとして「食欲」が挙げられます。

明確な答えが分かっていないとしたのは、CBDやCBDオイルによって食欲が減ったという報告もあれば、増えたという報告もあり、現状ではどちらのエビデンスも混在しているからです。

例えば、動物実験の結果になりますが、CBDを2週間毎日注射したことによりラットの体重が減少したという報告や、CBDを含むカンナビノイド類の投与によりラットの食事量が減少したという報告があります。

一方で、小児てんかんを対象とした臨床研究では、対象となった患者の30%で食欲の増加がみられました。

また、てんかんの一種であるドラベ症候群を対象とした別の臨床試験では、食欲増加と食欲低下の両方が有害事象として報告されました。

他にも、CBD使用者2,409人を調査した研究では、6.35%の人が空腹感が増していると報告しました。

人での臨床試験において、CBDによって体重が減ったまたは増えたということは検証されていないため、CBDやCBDオイルで太るのがウソかホントかということを現時点で結論づけることはできません。

しかし、いくつか紹介したエビデンスから食欲に影響を与える可能性は示唆されています。

食欲についても、増加と低下の両方が報告されているので一概には言えないというのが現状ですが、食欲が増える、空腹感が増すといった副作用は軽微なものであると報告されています。

CBDやCBDオイルはむしろ痩せる?驚きのダイエット効果が!

CBDやCBDオイルで太るかどうかについては、明確な答えは出ていないと解説しましたが、CBDやCBDオイルは、ダイエットをサポートする働きがあると考えられています。

ここでは、その根拠をいくつか紹介していきます。

CBDが代謝をアップ

CBDが効果を発揮する仕組みであるECSですが、ECSはミトコンドリアの機能を調整する作用があることが知られています。

ミトコンドリアは、私たちの体が活動するためのエネルギー産生を行っている重要な器官です。ひとつひとつの細胞に存在しています。ミトコンドリアが上手く働かないと、私たちは元気に活動することができません。

CBDはミトコンドリアが正常に働くよう調整することで、エネルギー産生を増やし代謝がアップするため、ダイエットをサポートする働きがあると考えられます。

CBDが褐色脂肪細胞の働きを促進

脂肪細胞には、白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞の2種類があり、全く異なる働きをしているといわれています。白色脂肪細胞では、カロリーの過剰摂取により脂肪が蓄積されます。一方、褐色脂肪細胞では脂肪が燃焼されます。

褐色脂肪細胞がこのように呼ばれるのは、前述したミトコンドリアが多く存在し、褐色にみえるためです。ミトコンドリアがカロリーを熱に変換し消費するため、脂肪が燃焼します。

細胞実験レベルのエビデンスになりますが、CBDにより褐色脂肪細胞が活性化されたという研究結果が報告されています。

褐色脂肪細胞の働きを促進することがダイエットにおいて重要であると考えられており、CBDがそのサポートとなることが示唆されています。

CBDがインスリンの分泌を抑制

CBDの研究が進められている疾患のひとつとして、糖尿病が挙げられます。糖尿病について考える際に重要なのがインスリンの働きを知ることです。

私たちが食事を摂ると必ず血糖値が上昇します。血糖値が高いままだと動脈硬化など様々な合併症の原因となるため、私たちの体には血糖値を調整する仕組みが備わっています。これがインスリンの働きです。

インスリンは膵臓から分泌されているホルモンで、食事などで血糖値が上昇すると多く分泌されます。過食や運動不足で摂取カロリーが増えると、血糖値の調整のために過剰なインスリンが分泌されます。

このようなインスリン分泌が多い状態が続くと、インスリンが分泌できなくなったり、分泌されても血糖値を下げる働きが上手くいかなくなったりします。これが2型糖尿病と呼ばれる疾患で、様々な合併症を引き起こします。

また、インスリンは血糖値を下げる過程で、血液内の糖分を脂肪に変えて体に貯め込むように働きます。これは余分な糖分を飢餓に備えて貯めておこうという体の防衛反応ですが、ダイエットにとっては大敵となります。

ダイエットにおいて、血糖値をコントロールすること、インスリンを過剰に分泌させないことは非常に重要です。

代謝性疾患(糖尿病など)の患者約4,700人を対象とした大規模な調査研究では、CBDの原料である大麻の使用と、インスリン分泌や腹囲サイズとの関係について調べました。

この調査によると、大麻の使用者は未使用者に比べて、空腹時のインスリン分泌量が16%低く、腹囲も小さかったと報告されています。

CBDではなく大麻の使用について調査していること、また大麻以外の要因が影響している可能性も考えられるため、CBDがインスリン分泌の抑制に効果的と断定することはできません。

しかし、CBDが血糖値やインスリンのコントロールに役立つ可能性は示唆されているため、さらなる研究が期待されています。

これから流行るCBDダイエット?CBDの使用方法を交えてご紹介!

ここまではCBDがダイエットのサポートとなる可能性について解説してきました。では、実際にどのようにCBDを取り入れるのが効果的なのでしょうか。

30歳のアリソンさんは、仕事やプライベートのストレスから180kgまで太ってしまい、ダイエットを始めても運動をなかなか続けることができなかったようです。

しかし、友人の勧めでCBDを取り入れたことでストレスや不安が緩和され、ダイエットを前向きに行うことができるようになりました。食事の1時間前にCBDオイルを摂取することで、食欲のコントロールもしていました。

29歳のライアンさんは、子供の頃から肥満体質だったそうです。子供の頃は両親が気にかけていましたが、大学に入ってからは食事や運動に気を配ることが難しくなっていったそうです。

普段のダイエット習慣の中にスプレータイプのCBDを取り入れたところ、食欲や代謝の変化を感じるようになりました。少量から始めて、2週間ほどで最適な量を見つけることができたそうです。

どのようなダイエットでも同じですが、一朝一夕で結果が得られるものではありません。ダイエットを成功させるコツは、食事改善や運動といった取り組みを生活の一部にしてしまうことです。

CBDの摂取についても、習慣化することが重要であるといわれています。CBDオイルは、舌の裏に数滴垂らして成分を吸収する舌下投与が一般的な使用方法ですが、コーヒーや紅茶などの飲み物に混ぜて摂取することもできます。

過剰な摂取は副作用の原因となる可能性があるため、段階的に量を増やしていき、自分にあった量を摂取するようにしましょう。何か異変があった場合には、使用をやめて速やかに医師に相談することをおすすめします。

また、CBD市場が活発になるにつれて、多くの種類のCBD製品が販売されるようになってきました。様々な製品があり、どれが良いか迷ってしまうと思いますが、まずは信頼できる製品を購入するということを優先してください。

CBDやCBDオイルを生活の一部として取り入れるために、ご自身にあった使用方法や製品を探してみてください。

関連文献