CBDやCBDオイルはリウマチに作用する?効果的な摂取方法は?

CBDやCBDオイルはリウマチに作用する?効果的な摂取方法は?

リウマチというと高齢の女性をイメージするかもしれません。しかし実は若い女性の発症が多い疾患です。CBDやCBDオイルは炎症や疼痛に効果があることが認知されていますが、リウマチにはどのように作用するのでしょうか。エビデンスと共に解説します。

リウマチとはどのような病気?膠原病とは違う?

簡単に言うとリウマチ(関節リウマチ:RA)は膠原病の一種です。

自己免疫疾患、リウマチ性疾患、結合組織疾患という疾患の分類の枠組みがあり、その3種類の性質を全て兼ね備えた疾患が膠原病(RA、全身性エリテマトーデス、血管症、皮膚筋炎、強皮症など)です。

診療科の表記で「リウマチ科・膠原病内科」のように分けられていることもあります。

その理由はRAの患者数が他の膠原病の総患者数よりも多いことや症状が他の膠原病と違い関節や骨、筋肉に限定していることも多いためとされています。

RAは手足の指関節に力が入りづらくなる「こわばり」から始まり、徐々に関節や骨の痛みや変形などが生じます。炎症は全身に広がることもあり、血管や肺、心臓、消化器官、眼球などに及ぶこともあります。

私たちの体内には身体を守るための免疫システムがあります。通常は異物の侵入や組織の損傷などが起こった際に、炎症を起こすことで身体の修復を早めたり異物を外へ排出しやすくします。

RAを患った場合は、免疫の異常な働きにより自己の正常な組織が攻撃され、関節部の軟骨組織や骨の破壊を招きます。発症のリスクに遺伝や喫煙・食習慣などがあると言われていますが現段階でははっきりとわかっていません。

RAは30〜50代の女性が最も多く発症し、全体でも女性患者は男性患者のおよそ4倍ほどです。女性ホルモンであるプロラクチンやエストロゲンが発症に関わっているとされ、妊娠や閉経などを機に発症することもあります。

現在RAに対して世界で最も多く使用されている抗RA薬はメトトレキサート(リウマトレックス)という免疫抑制剤です。この薬の登場によりRAの症状である関節組織の損傷を遅らせることができるようになりました。

リウマトレックスは効果の高い薬ですが、薬剤性の間質性肺炎や骨髄抑制などの強い副作用があり、高齢者には投与が危険である問題があります。また免疫抑制剤であるため感染しやすくなる危険性もあります。

また、抗炎症作用の強いステロイド剤が投与されることもあります。ステロイドは多くの副作用が知られていますが、特に免疫抑制剤との併用は感染の危険性が非常に高くなります。

CBDやCBDオイルはリウマチに作用する?エビデンスとともにご紹介!

CBDとは
CBDは大麻などの植物から抽出されるカンナビノイドという成分です。植物から抽出されたCBDをオリーブオイルやココナッツオイルなどのキャリアオイルと混合した製品がCBDオイルです。

麻などの植物には大麻取締法で規制される成分であるTHCも含まれていますが、CBDとTHCは体内で全く違った作用をもたらします。CBDには向精神作用はありません。

植物から抽出されるカンナビノイドは人の体内に存在するエンドカンナビノイドシステム(ECS)に直接的、または間接的に作用し、疼痛、炎症、ストレス、不安、睡眠、吐き気などの「調節」を行います。

元々ECSはアナンダミド(AEA)や2-AGという内因性カンナビノイドが主に脳や中枢神経系に発現するCB1、免疫細胞や末梢神経系に発現するCB2というカンナビノイド受容体を活性化することで機能します。

特に免疫細胞のCB2は炎症や炎症性疼痛の抑制に関わっています。

CBDは直接CB1やCB2に作用することはほとんどありませんが、AEAや2-AGを破壊する酵素を抑制することで分泌量を増加させたり、様々な神経伝達物質の受容体などに作用したりします。

また、CBDは神経や細胞などの損傷を引き起こす活性酸素を抑制します。

THCは日本では治療に用いることができませんが、直接脳や神経のCB1に作用するため鎮痛効果や制吐作用は強く、海外ではがんなどの強い痛みや吐き気などの薬の副作用を抑制するために使用されることがあります。

本記事のテーマであるRAの治療は、痛みを軽減することと炎症を引き起こす免疫の働きを正常化させることが鍵となります。

2006年に初めてCBDおよびTHCがRAに対してどのように作用するかが検証されました。

被験者らはCBDとTHCの混合薬であるサティベックス(Sativex)という薬を5週間使用し痛みの軽減や睡眠の改善を実感しました。また、副作用はほとんどなく現れた症状も軽度のものでした。

2016年にはCBDの関節痛への効果を検証する研究は関節炎のラットを用いて行われました。CBDジェルを経皮的に塗布することでラットの関節痛や関節炎の軽減が報告されました。

CBDやCBDオイルは危険?関節痛や関節炎にも効くのか解説します!CBDやCBDオイルは危険?関節痛や関節炎にも効くのか解説します!

そして、CBDは痛みや炎症を緩和する対処療法のためだけではなく、RAや変形性関節症などの関節の病気で、関節の破壊や変形そのものに関わるとされる「滑膜細胞の増殖」を抑制できる可能性があることが示されました。

関節は動作による衝撃を軽減するために軟骨で覆われ、さらにその間の空間は関節液で満たされています。滑膜は関節液が漏れないようにするためのカバーの役割を果たしています。

増殖した滑膜は関節の破壊や変形に加え炎症性物質(サイトカイン)を産生し、RAの症状を進行させます。

2020年9月に発表された研究では、CBDは関節滑膜の異常増殖およびサイトカインの分泌を抑制したと報告されました。

この研究がさらに進められれば、現在抗RA薬として投与されている副作用の強い免疫抑制剤やステロイド剤の代わりのにCBDやCBDオイルが処方される日がくるかもしれません。

さらに、RA患者の多くは睡眠障害を抱えているとされています。CBDやCBDオイルは心身をリラックスさせることで睡眠を改善する効果があります。

RAは発見や治療開始が早ければコントロールが可能な病気です。しかし一旦関節の組織や神経が破壊されてしまうと治療が難しくなります。

若い方でも起こりうる疾患なので、手足の関節の痛みや違和感を感じたら放置せずに医師に相談するようにしましょう。RAに対してCBDやCBDオイルを服用する場合は、医師の指示に従うようにしてください。

リウマチに効果的なCBDの摂取方法とは?

CBD製品とその摂取方法
CBDやCBDオイルの摂取方法にはよく知られている方法として4種類あります。この項目ではRAの症状である痛みや炎症を抑える方法について解説します。

RAの疼痛や炎症は、病気の進行度合いによって症状の現れ方が変わります。初期の段階では、患部を動かしたり押したりすると痛みが発生しますが、動かさなければ常に痛みや炎症が起こることはほとんどありません。

病状が進行すると慢性的に炎症性疼痛が生じるようになり、さらに悪化すると神経が損傷されて神経損傷性疼痛が引き起こされます。

CBDの摂取方法で最も即効性があるのはCBDリキッドの吸入摂取ですが効果持続時間は長くありません。

CBDの吸収に時間がかかりますが、効果持続時間が長いのはCBDカプセルなどの経口摂取とCBDジェルなどの経皮摂取です。

経口摂取する場合はCBDの吸収率が低いため、他の摂取方法よりも多く摂取することが必要です。また、脂肪分の多い食事と共に摂取すると脂肪組織に蓄積されてCBDの吸収量が上がると報告されています。

現在、最も普及している摂取方法であるCBDオイルの舌下摂取は、効果出現時間と効果持続時間ともに吸入摂取と経口摂取の中間あたりと言えるでしょう。

全身にCBDの効果をもたらすのは吸入摂取と舌下摂取、経口摂取であるのに対し、経皮摂取はジェルやクリームを塗布した部位にのみ鎮痛・抗炎症効果が現れます。

このようなCBD製品の特徴からRAに効果的な摂取方法として、まずは効果持続時間の長い経口摂取や経皮摂取で炎症や疼痛の予防をすることができます。

そして予防をした上で突発的な痛みが発生した場合の対処療法として即効性のある吸入摂取や舌下摂取を組み合わせると良いでしょう。
CBDやCBDオイルは痛みを和らげるのに効果的?塗るタイプもある?CBDやCBDオイルは痛みを和らげるのに効果的?塗るタイプもある?

CBDやCBDオイルには副作用がある?摂取時の注意点は?

CBDやCBDオイルは摂取量を遵守する限りは副作用がほとんどないとされています。最も頻繁に起こるとされている症状でも下痢や口渇、強い眠気、食欲増加などで、健康を害するような重篤な副作用はほとんどありません。

しかし、小児のてんかんの治療のために多量にCBDを摂取したケースでは、肝機能が悪化して服用中止となったことが報告されています。そしてCBDの摂取量に比例して副作用の発現も増加するとされています。

副作用が起こりにくいCBDやCBDオイルですが、推奨されている摂取量よりも過剰に摂取することは避けてください。また、CBDの摂取後に体調不良が起こった場合はすぐに摂取を中止してください。

そして、CBDは他の薬剤との相互作用があります。他の薬と同時に服用するともう一方の薬剤の効果を増強してしまうことがあるため、内服薬の飲み合わせには注意が必要です。

持病がある場合や内服薬がある場合には必ずCBDやCBDオイルの服用を開始する前に医師に相談するようにしてください。
CBDやCBDオイルは薬の効果を妨げる?飲み合わせや相互作用は?CBDやCBDオイルは薬の効果を妨げる?飲み合わせや相互作用は?

関連文献