CBDやCBDオイルは授乳中や妊娠中に使用しても平気?エビデンスは?

CBDやCBDオイルは授乳中や妊娠中に使用しても平気?エビデンスは?

妊娠中や授乳中にCBDを摂取したい人もいると思います。本記事では、妊娠・授乳中にCBDを摂取しても安全かをアメリカのFDAの見解やエビデンスなどから検証します。また、妊娠・授乳中にCBDを摂取するリスクやメリット、ヘンプオイルなどについても説明しています。

CBDやCBDオイルを妊娠中や授乳中に摂取しても平気?米FDAの見解は?

CBDと妊婦
CBD(カンナビジオール)とは、様々な健康・治療効果がある上に副作用のリスクが低いと現在世界中の人から注目されている化合物です。

CBDは、大麻草の茎や種子などから抽出されます。CBDが大麻草の成分の一つであることを知ると、たとえ健康・治療効果があってもCBDを摂取するのは避けた方が良いのではないかと思う人も中にはいるでしょう。

特に、日本において大麻を所持していて逮捕されたニュースなどを普段から見聞きしている多くの日本人は、CBDが大麻の成分であるという部分に必要以上に不安を感じてしまう傾向があるかもしれません。

しかし、CBDは安全な物質であることがすでに分かっており、大麻を使用したときのような気分がハイになったり、陶酔したりする精神活性作用が一切ないことが証明されています。

多くの人が心配している大麻草の精神活性作用や、所持していると大麻取締法違反になるというのは、大麻草のTHC(テトラヒドロカンナビノール)という化合物が原因で、CBDとは全く関係がありません。

CBDとTHCは同じ大麻草から抽出される化合物ではありますが、全くの別物であるということは頭に入れておいてください。

2つの化合物を混同し、CBDを不必要に恐れてしまうと、せっかくCBDが自分の疾患に効果があるかもしれないのに、その作用の恩恵を受けられないことにも繋がります。

大麻草のイメージだけでCBDを拒否するのではなく、CBDについてよく調べてから判断することも大切です。

CBDのサプリメント製品には数多くの種類の製品が販売されています。中でも人気のあるのは、CBDオイルと呼ばれるものです。

CBDオイルは、CBDをキャリアオイルであるココナッツオイルやオリーブオイルに溶かした製品で、持ち運びがしやすい点や、身体への吸収率の高さから選ばれることが多いです。

CBDを日常に取り入れている方は、妊娠中や授乳中にCBDを摂取し続けてもよいものか気になるところだと思います。

CBDは、吐き気や不眠、不安などの改善が期待できるため、つわりなどに悩んでいる人の多くは症状を少しでも軽減させたいとCBDの使用を希望する人もいるでしょう。

しかし、残念ながら妊娠中や授乳中のCBDの使用に関する研究が現在ほとんどないため、CBDを妊娠中、授乳中に安全に摂取できる保証はありません。

また、アメリカ食品医薬品局(FDA)は、妊娠中や授乳中の女性にCBDやTHC、マリファナの使用を避けるように警告しています。

そもそも、臨床試験で安全が確認されている医薬品であっても妊娠中や授乳中に服用できるかの判断は大変難しく、たいていは医師がリスクが高いからと処方を避ける傾向にあります。

妊婦や授乳婦での臨床試験は危険性が高いという理由であまり行われないことから、安全性を確認するための十分なデータが得られないからです。

CBDにも同じことが言えます。CBDがいくら安全な化合物だと証明はされていても、CBDが妊婦や授乳婦に与える影響は今の時点では分からないため、CBD摂取を避ける方が無難と言えるでしょう。

妊娠中や母乳育児中にCBDやCBDオイルを摂取するとどんなリスクがある?メリットは?

妊娠中や授乳中にCBDやCBDオイルを摂取した場合、デメリット・メリットはどのようなことが考えられるでしょうか。

妊娠中にCBD を摂取するデメリット

妊娠中にCBDを摂取することはたとえ、低用量であっても安全であるとは言えません。母親が摂取した化合物は、胎盤を通過して胎児に直接影響するからです。

CBDを妊婦に摂取させた結果を示すデータはありませんが、母親がマリファナを吸った結果、胎児の脳の発達に悪影響を与え、出産のリスクを高める可能性があることは示唆されています。

CBDはマリファナではないため、マリファナと同程度のリスクがあるとは言い切れませんが、純粋なCBDであったとしても妊婦が安全に摂取できるという保証がない以上、常に胎児へのリスクは考える必要があります。

また、妊娠中にCBDを使用する際に胎児への影響を常に心配しなければいけないとなると、母親が感じる不安が母体に悪影響を及ぼす可能性もあります。

さらに、もし質の悪いCBDオイルを入手したとすれば、CBDオイルの中にTHCや殺虫剤、有毒な金属などが微量に混入しているかもしれません。

このような有毒な物質も胎盤を通過して胎児に到達しますが、胎児は身体が小さい分、受ける影響も非常に大きいです。

以上のように、胎児へのリスクや母体が感じる不安の大きさ、微量の有毒物の混入の可能性などを考えると、妊娠中にCBDを摂取することは、デメリットが大きいと判断できるのではないでしょうか。

授乳中にCBD を摂取するデメリット

CBDと子ども

授乳中のCBDの使用に関するデータや研究も、妊娠中のCBDと同様にありません。分かっているのは、授乳中は母親が摂取した化学物質は母乳を通して赤ちゃんに影響を与えるということです。

そのため、赤ちゃんに対するCBDの安全性が保証されない限り、授乳中のCBD摂取もデメリットが大きいと言えます。

妊娠中・授乳中にCBD を摂取するメリット

妊娠・授乳中にCBDを摂取するメリットがあるとするならば、どのようなことが考えられるでしょうか。

CBDは吐き気を抑える作用、抗不安作用、不眠症改善作用などあることが示唆されています。

妊娠中や授乳中は、つわりでの吐き気や、産後うつ、妊娠中・出産後の不眠症などの辛い症状で悩んでいる人が多くいます。CBDはこれらの症状に効果を現す可能性があると言えるでしょう。

しかし、既に述べたように胎児や赤ちゃん、母体への影響を総合して考えると妊娠中や授乳中のCBDの使用はおすすめできません。

妊娠中や母乳育児中にヘンプオイルは摂取できるの?

妊娠中や母乳育児中にヘンプオイルは摂取できるの?
ヘンプオイルとは、ヘンプシードオイルとも呼ばれる麻の種子から抽出されたオイルのことです。ヘンプシードオイルにはCBDやTHCなどの成分はほとんど含まれていません。

ヘンプオイルとCBDオイルを同じものだと思われていることが多いのですが、基本的には別物です。
CBDオイルとヘンプオイルは何が違う?効果や含まれる栄養素も紹介!CBDオイルとヘンプオイルは何が違う?効果や含まれる栄養素も紹介! ヘンプシードオイルには必須脂肪酸、ミネラル、ビタミンなど、胎児に必要な栄養素が入っているためCBD、THCが入っていないヘンプシードオイルであれば妊娠中でも授乳中でも摂取することができます。

ちなみにヘンプシードは離乳食にも使えるようです。

ただし、ヘンプオイルと書かれている製品でもCBDやTHCが入っているものも中にはあるため、ヘンプオイルと表示されているからと言って必ずしも妊娠・授乳中に安心して使用できるとは限りません。

CBDなどが入っていないヘンプオイルを購入したい場合は、信頼できるメーカーの製品かどうかを確認した上でCBDが入っていないかどうかを必ずラベルで確認するようにしましょう。

CBDオイルやヘンプオイルが妊活をサポートするって本当?

CBDオイルやヘンプオイルが、生殖能力を促進することで妊活をサポートするという情報が一部でありますが、実際にCBDオイルやヘンプオイルが妊活をサポートするかはまだ証明されていません。

CBDオイルに関しては、妊活において逆効果になってしまう可能性もあるため、妊活者において試験することが倫理的に難しく、十分なデータが得られていないというのが現状です。

マリファナの研究では、大麻やTHCが卵巣に影響を与えて排卵を抑制することや、マリファナを吸っていてかつ体外受精を受けている女性の卵子の質は、マリファナを吸っていない女性に比べて悪いことが報告されています。

また、CBDの使用が生殖能力に悪影響を与える可能性があることを示唆している研究もあります。

CBDオイルやヘンプオイルが、妊活にどのような影響を与えるかを調べるには更なる研究が必要になりますが、CBDオイルが妊活にマイナスの影響を与えるかもしれないということは覚えておいた方がよさそうです。

また、CBDは服用している薬と相互作用を起こす可能性があります。

不妊治療を受けている女性がCBDオイルの摂取を希望する場合は、摂取する前に生殖能力への影響や薬の相互作用などのことについてよく担当医師とよく話し合ってください。

関連文献