CBD入りのバスボム(入浴剤)の効果は?女性に大人気?

CBD入りのバスボム(入浴剤)の効果は?女性に大人気?

世間では様々なCBD製品が販売されています。CBDバスボムはCBD製品の中の一つです。本記事ではCBDやCBDバスボムとは何か、CBDバスボムにはどのような効果があると考えられるのか、実際に効果はあるのか、またCBDバスボムの副作用や対処法などについて説明しています。

CBDやCBDバスボム(入浴剤)とは?

CBDバスボム
CBD(カンナビジオール)とは、大麻草の茎や種子などから抽出される成分で、最近世界中から注目されている化合物です。

CBDが多くの人から注目されている大きな理由は2つあります。一つ目は、CBDには多くの健康や治療効果があると考えられているため、健康を維持するためにCBDを日常に取り入れたいと沢山の人が考えているということです。

二つ目は、様々な治療効果があると期待されているだけでなく、CBDには副作用があまりないと言われていることです。

副作用を過剰に心配する必要がないことで、CBDを使用したことのない人でも気軽に試しやすいというのがCBD製品の人気の理由の一つになっています。

しかしその一方で、CBDは大麻草の成分の一つであることからCBDを摂取することに対して抵抗があるという人も中にはいます。

恐らく大麻草の悪いイメージとCBDとが重なってしまい、CBDを摂取することにより、大麻を使用したときのように気分が「ハイ」になったり、陶酔したりするのではないかと不安に感じているからなのでしょう。

CBDは大麻草の成分の中の一つではありますが、気分が「ハイ」になるような精神活性作用は一切なく、安全な化合物であることがすでに証明されています。

また、CBDを摂取したからといって大麻取締法違反にももちろんなりません。

多くの人が心配している大麻草の精神活性作用は、THC(テトラヒドロカンナビノール)という大麻草の葉や花穂から抽出される成分の作用に由来しています。

CBDもTHCも同じ大麻草という植物から抽出される成分のため混同しやすいですが、性質も化学構造式も全く違う別物ですので、きちんと区別して考えるようにしてください。

CBDはその人気の高さ故、CBDオイルやCBDリキッド、CBDグミ、CBDクリームなど、様々な製品が販売されています。

CBD入りのバスボムもCBD製品の一つです。CBDバスボムは、通常のバスボムのように入浴時にお湯に入れて使用することでCBDの効果を実感するためのものです。

CBDバスボムは、見た目がカラフルで可愛いものが多いことから特に女性に人気があり、ギフト用に購入する女性もいます。

CBDやCBDバスボムの効果は?

CBDオイルの作用
バスボムはお湯に入れるとすぐに溶けて液体になります。そのお湯に入浴することで皮膚からバスボムの有効成分を浸透させ、成分の効果を現すというのがバスボムの作用のメカニズムです。

つまりCBD入りのバスボムを使用すれば、CBDを経皮摂取することになり、結果的にCBDの局所効果が期待できるということです。

CBDバスボムを使うことにより得られるであろう効果とは一体どのようなものなのでしょうか。

一般的なバスボムはリラクゼーションを目的として作られていることが多いと思います。同様にCBDバスボムにもリラックス効果があると考えられています。

CBDには不安を軽減する効果があると言われているため、CBCバスボムによりCBDを経皮摂取することで抗不安作用が現れることが期待できます。

また、CBDを局所塗布した2016年のラットの調査では、CBDが関節炎の痛みや炎症を緩和する作用があることが示唆されていることから、CBDバスボムを関節炎の改善のために使用できる可能性もあります。

さらに、CBDを経皮摂取することによりニキビや乾癬、湿疹を改善させる可能性が高いことも分かっているため、CBDバスボムは皮膚トラブルの改善にも役立つかもしれません。
CBDクリームやCBDオイルはアトピー性皮膚炎や乾癬に効果がある?CBDクリームやCBDオイルはアトピー性皮膚炎や乾癬に効果がある? 以上の研究はバスボムを使った研究ではなく、CBDクリームなどを直接皮膚に塗布した研究なので、必ずしも同じ結果や同じ強さの効果が得られるとは言えません。

しかし、CBDバスボムもCBDクリームのようにCBDを経皮摂取させることから、CBDの局所効果をバスボムから得られる可能性はあります。

あまり効果を実感できない?もっと効率的に効果を得るには?

CBDバスボムを使っても効果が現れない、効果が実感できないという人も中にはいるかもしれません。

CBDバスボムを効果を実感できない場合の原因を考えていきましょう。

CBDの他の製品の効果に慣れてしまっている

まず考えられるのは、CBDオイルやCBDクリームなどを日常的にCBDを摂取しているとCBDバスボムの効果を感じにくいことがあるということです。

習慣的にCBDを摂取しているとCBDの効果に慣れてしまっているため、バスボムから経皮摂取された少量のCBDでは効果をそれほど感じないということがあります。

CBDバスボムを使用した研究がない

前述したようにCBDバスボムの効果は、CBDクリームなどを直接肌に塗布した研究から予測されたものであり、実際にCBDバスボムを使って行った研究結果ではありません。

例えばCBDクリームを塗布して効果を感じられても、CBDバスボムでは効果がないということも十分考えられるということです。

CBDバスボムがどのような効果を現すのかやそれらの効果の強さの詳細を知るためには、CBDバスボムを使った多くの研究が今後必要です。

吸収されるCBD量が低い

CBDクリームを経皮摂取した場合の吸収率は13~50%です。つまり、CBDを直接肌に塗布しても吸収されるCBDは半分以下であることが分かります。

CBDバスボムはバスタブに入れたお湯に溶かして使うため、CBDバスボムのCBD濃度はCBDクリームの濃度よりも低くなると言えるでしょう。

低いCBD濃度のCBDバスボムを使用し、経皮摂取によってさらに体内への吸収率が半分以下になることを考えると、CBDバスボムを使って実際に身体に吸収されるCBDの量は、かなり低いということが想像できるのではないでしょうか。

以上のような原因により、CBDバスボムでの効果があまり感じられない可能性があります。

ただし、CBD製品は人によって効果の現れ方が違うというのも特徴の一つです。

他の人がCBDバスボムの効果が現れなかったからと言って、それが自分にも当てはまるのかと言うと決してそうではないということも重ねて覚えておいてください。

CBDバスボムを使って期待した効果が現れる可能性も十分にあるということです。

しかし、CBDの効果をしっかり実感できるような製品を購入したい、効果が現れる可能性を高めたいという場合には、CBDオイルやCBDクリームをおすすめします。

CBDオイルのように直接舌下から摂取したり、CBDクリームのように直接肌に塗り込むような製品の方が、身体に吸収されるCBD量が多くなるからです。
CBDやCBDオイルを実感できない原因や対処法は?ハイの効果なし?CBDやCBDオイルを実感できない原因や対処法は?ハイの効果なし?

CBDやCBDバスボムに副作用はない?

CBDやCBDオイルの副作用
CBDはもともと副作用が少ない上に、重度の副作用がないということでも知られています。

CBDの副作用の中には、喉の渇きや吐き気、強い眠気などがありますが、喉の渇きは水を飲むことで改善できますし、吐き気はCBDの摂取を食後にすることで防止できることが分かっています。

また、強い眠気は過剰にCBDを摂取しなければほとんど起こらないと言われています。

このようにCBDには副作用があるとは言え、自分で対処することがある程度可能な場合が多いです。

CBDバスボムは、身体に吸収されるであろうCBDの量がかなり少ないことが考えられます。

また、CBDバスボムはCBDを口から摂取しないことから、全身作用でなく局所に作用するため、副作用が起こる確率はCBDオイルなどと比べると非常に低いことが考えられるでしょう。

以上のことからCBDバスボムを使用する際に、CBDへの副作用について過剰に心配する必要はないと言えます。

ただし、万が一不快な症状が起こってしまった場合には、早急に医師の診察を受けるようにしてください。対応を迅速に行うことで、症状の重症化や長期化を防ぐことができます。

また、CBDバスボムのCBD以外の成分が身体に合わず、湿疹やかゆみなどの皮膚トラブルをを起こしてしまう可能性もあります。もしも皮膚に異常を少しでも感じたら、すぐにCBDバスボムの使用を中止するなどの判断も重要です。

関連文献