CBDオイルはまずいの?特有の味を回避する方法もご紹介!

CBDオイルはまずいの?特有の味を回避する方法もご紹介!

健康や美容業界で世界的なトレンドとなっているCBDを試してみたいという方は多いと思います。CBDオイルは代表的なCBD製品ですが、味がまずい、摂取しづらいという声もよく聞かれます。今回は、特有の味を回避する方法も含め、CBDオイルについて詳しく解説します。

CBDオイルって?どんな効果があるの?

CBDオイル
CBDオイルのCBDとは、Cannabidiol(カンナビジオール)の略称で、植物の麻などに含まれる有効成分カンナビノイドの一種です。

CBDは、私たちの身体の免疫機能や痛み、気分の調整を行う仕組みであるエンドカンナビノイドシステム(ECS)に対して働く有効成分であることが分かっています。

全身に分布しているCB2受容体にCBDが作用することで、スイッチを押した時のようにECSが活性化されます。

それによって、例えば免疫機能に関連する部分では抗炎症効果、痛みに関連する部分では鎮痛作用、気分に関連する部分では不安やストレスの改善といったように、様々な効果が得られると考えられています。

CBDオイルは、キャリアオイルと呼ばれるベースとなるオイルにCBDが混合され、製品として販売されているものです。代表的なCBD製品の一種で、多くのメーカーから様々な種類のCBDオイルが製造・販売されています。

CBDオイルの一般的な摂取方法は舌下摂取で、舌の裏にCBDオイルを数滴垂らし、そこから成分を吸収するという方法です。

舌下摂取は一般的に、消化管や肝臓での代謝の影響を受けず直接血流に成分が移行するため、効果が出るまでの時間が比較的短く、効果を得るのに効率的な摂取方法として知られています。

CBDオイルってどんな味?まずいの?

CBDオイルは、舌下摂取されることが多いため、味を感じやすく、「まずい」と言う方が一定数いらっしゃいます。実際はどのような味をしているのでしょうか。

実は、CBD自体は無味無臭であるといわれています。それでは、なぜまずいと言われるのでしょうか。

CBDオイルの味の要因として考えられるのは、キャリアオイルの味です。製品によって異なりますが、キャリアオイルには、ヘンプオイル、MCTオイル、オリーブオイル、ココナッツオイルなどが主に使われています。

オリーブオイルやココナッツオイルは普段から料理に使う方も多いので味の想像がつくかと思いますが、ヘンプオイルは特に独特の風味のようです。海外サイトでは、土っぽい味と表現されています。

どの種類のキャリアオイルも、食品としても製品化されているため、口に入れても全く問題はありません。特有の風味を感じることがあっても、体に害がある訳ではないため、その点は安心して摂取してください。

また、もうひとつの要因として、クロロフィルの風味が気になるという方もいらっしゃいます。クロロフィルは植物の葉緑素成分です。

CBDの原材料は植物の麻です。そのため、CBDオイルにも少なからずクロロフィルが含まれています。クロロフィルにより、植物っぽい、草や葉っぱを食べているような青臭い風味も感じることもあるようです。

CBDオイルの味を我慢しなくても良い!?味を改善する方法をご紹介!

CBDオイルの特有の風味が苦手な方は、摂取を続けるのがなかなか難しいと思います。しかし、CBD成分を効率的に吸収し期待する効果を得るためには、舌下摂取が効果的な摂取方法です。

ここでは、舌下摂取でのCBDオイルの味を改善し、摂取しやすくするアイデアをいくつか紹介します。

自分に合うキャリアオイルを選ぶ

前述したように、CBDオイルの味の主な要因はベースとなるキャリアオイルです。様々な製品が販売されており、どれを選んだら良いか分からないという方は、まずはキャリアオイルを基準に製品を選んでみてはいかがでしょうか。

ヘンプオイルは土っぽい味とのことですが、オリーブオイルやココナッツオイルの風味が苦手という方もいると思います。

一方で、MCTオイルは味や匂いがないオイルとして知られており、医学的な栄養療法にも使用されるオイルです。CBDオイルの味が心配な方は、キャリアオイルにMCTオイルが使われている製品を選ぶことをおすすめします。

※ココナッツオイルをMCTオイルと称して発売されているものもありますが、本来のMCTオイルは無味無臭です。ココナッツ特有の味や香りがした場合は、MCTオイルではなくココナッツオイルという分類になるので注意が必要です。

もちろん、オリーブオイルやココナッツオイルを普段から使用していて味が好きという方は、これらがキャリアオイルとして使用されている製品を選ぶと、舌下摂取を無理なく続けられると思います。

フレーバー付きのCBDオイルを選ぶ

CBDオイルのフレーバー
最近では、ミントや柑橘系などのフレーバー付きのCBDオイルが販売されています。フレーバーにより、CBDオイルの特有の味がマスクされ、摂取しやすい製品になっています。

ミントや柑橘系のフレーバーは、爽快感やさわやかな風味を楽しむことができるため、嗜好品としておすすめです。

低濃度の製品を選ぶ

CBDの濃度が低い製品であれば、含まれるクロロフィルも低濃度となるため、その風味を感じることが少なくなります。

もちろん、低濃度の製品は効率的に効果を得ようとされる方には不向きです。そのため、低濃度のCBDオイルは初心者の方におすすめの製品であると思います。

効果と摂取のしやすさのバランスをみながら、自分に合う製品を選ぶようにしましょう。

キャリアオイルやフレーバーの種類、CBDの濃度は、パッケージや成分表示に記載されています。

信頼できるところから購入することはもちろん、初めて購入する製品は必ずパッケージや成分表示、説明書きを十分確認してから購入するようにしましょう。

やっぱりCBDオイルは苦手!?その他の摂取方法をご紹介!

様々なCBDオイルを試しても、「やっぱり味が苦手」「自分に合う製品が見つけられない」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。そのような方向けに、ここでは舌下摂取以外の摂取方法について紹介します。

経口摂取

CBDオイルをコーヒーに入れる
経口摂取は、舌下摂取と同じように口からCBDオイルを摂取する方法です。やはり味が心配と思われるかもしれませんが、いくつかの方法でCBDの味を感じることなく摂取することができます。

まず手軽にできる簡単な方法は、CBDオイルを他の食べ物や飲み物に混ぜてしまうことです。

コーヒーや紅茶などの温かい飲み物であれば、オイルがよく混ざり、風味を感じることはほとんどありません。また、同じオイルであるドレッシングに混ぜてしまうのも、CBDオイルが気にならなくなりおすすめです。

また、CBDオイルをカプセルやグミなどのサプリメントにした製品も販売されています。サプリメントは摂取に便利な形状ですし、CBDオイルの特有な風味を感じないよう製造されています。

カプセルのサプリメントは、中に入っている成分の味を全く感じないため、問題なく飲み込める方にとっては非常に便利です。また、グミのサプリメントは、おやつ感覚で栄養を補えるという点が人気です。

しかし、経口摂取には舌下摂取と大きく異なる点があり注意が必要です。それは、吸収率と効果が出るまでの時間の違いです。

経口摂取と舌下摂取は同じ口から摂るという方法ですが、舌下摂取は舌の裏から直接成分が吸収されるのに対し、経口摂取は胃や肝臓などの臓器を通過した後、成分が吸収されます。

経口摂取の場合、消化の時間がかかったり、肝臓での代謝の影響を受けたりするため、効率的に効果を得るという点では、舌下摂取に劣る方法です。

舌下摂取が難しかった場合、その製品を他の食品に混ぜて摂取することは可能なので、まずはいろいろな方法を試してみることをおすすめします。

その他の摂取方法

CBDの摂取方法には、ベイプ製品を使用した吸入摂取やクリームやパッチ剤を使用する経皮摂取があります。

どちらも特有の味を感じる摂取方法ではありませんが、期待される効果や効果が出るまでの時間が異なり、目的に合わせて方法を選ぶ必要があります。

例えば、吸入摂取は効果が出るまでの時間が数秒〜10分程度で、非常に早く効果を感じることができますが、持続時間は30分〜1時間程しかありません。長時間マイルドな効果を得たい場合には不向きです。

また、経皮摂取は使用した部分の痛みや炎症を緩和するといった局所的な効果を期待する場合に有効な方法です。気分を落ち着けたり、寝つきをよくしたりといった効果はあまり期待できません。

このように、CBDオイルに期待する効果や目的に合わせた摂取方法を選ぶことが重要です。期待する効果と摂取の続けやすさのバランスをみながら、自分に合う方法を探してみましょう。