CBDやCBDオイルはクルーズ船や飛行機に持ち込める?国際線は?

CBDやCBDオイルはクルーズ船や飛行機に持ち込める?国際線は?

CBDオイルはカンナビジオールという麻から抽出される成分で、日本でも注目されつつあるオイルです。海外では医薬品として使用されている所もあります。今回はこのCBDオイルを飛行機やクルーズ船に持ち込めるのか、またその際の注意点についてご説明します。ぜひ旅行や出張へ赴くときの参考にしてください。

飛行機にCBDやCBDオイルは持ち込める?国際線は?

CBDやCBDオイルは不安症や神経症状の緩和、睡眠障害の改善、リラックス効果、お肌を健康な状態に保つなどの効果が期待される成分です。

そのため、CBDを日頃から使用している人も増えています。そんなCBDやCBDオイルですが、乗り物へ持ち込むことは可能なのでしょうか。

旅行や出張などで、飛行機や船をよく利用する方も多いでしょう。いざ持ち込みたいとなったとき、思わぬ足止めを食うことの無いよう、各運航会社の規定を把握することが大切です。

まずは飛行機への持ち込みについて解決していきます。

国内線はCBDオイルを持ち込むことが出来る

飛行機のうち国内線では基本的にCBDオイルを機内に持ち込むことが可能です。

ただし、機内に持ち込める液体容量には制限があります。オイルは液体に分類されるため、あまりにも大量のCBDオイルを持ち込むことは出来ませんので注意してください。

日本における液体容量制限は大きく分けて3つあります。(JAL、ANAのサイトより一部引用)

  1. 液体物、ジェル、エアゾール類などは「100ml」以下の容器に入れる。
  2. 液体の入った容器を容量「1リットル」以下、縦横の辺の合計が「40cm」以内の「透明かつ再封可能なプラスチック袋(ジップロック状)」に余裕を持って入れる。
  3. プラスチック袋は一人一つのみ。また、手荷物検査でその袋を検査係員に提示する。

以上の規定に従って準備をするようにしましょう。

国際線は国の法律によって異なる

国際線でのCBDオイル持ち込みの可否については、国によってCBDに対する規制が異なるため、一概に可否を述べることが出来ません。

自分の利用する国際線の規制を予めチェックして、持ち込むことが出来るかどうかを確認するようにしてください。

米国へはCBDやCBDオイルを持ち込める?TSA(アメリカ合衆国運輸保安庁)の見解は?

国際線におけるCBDオイルの持ち込みの可否については、国によって異なるということを前の章で述べました。

ここでCBDオイルの明確な規制があり、日本人の渡航者が毎年30万人以上と多いアメリカを例に挙げます。

アメリカでは許可された部類のCBDオイルであれば持ち込むことは可能です。この持ち込めるかどうかの判断はTSA(アメリカ合衆国運輸保安庁)という機関が行います。

万が一、セキュリティー検査中に規制に引っかかるようなCBD製品を所持していた場合、再検査や調査を行うことになり、最悪の場合逮捕されてしまうこともあります。

TSA(アメリカ合衆国運輸保安庁)とは?

持ち込みの判断を行うTSAとはどのような機関なのかご説明します。

TSAは正式名称を「Transportation Security Administ」と言い、日本語で「アメリカ合衆国運輸保安庁」と言います。TSAは航空警備の一端を担う機関で、主に手荷物などの検査を行っています。

例えば、旅客機の搭乗手続きにおいて、手荷物や貨物内のX線検査や金属探知機、麻薬などの薬探査犬を用いて違法物がないかどうかの検査を行います。そして万が一疑わしい物が発見された場合には、持ち主への聴取、中身を確認することが出来る権利があります。

このTSAは2001年9月11日に発生したアメリカ同時多発テロ事件をきっかけに、当時の大統領であるジョージ・ブッシュによって設立されました。

TSAは入国や出国を規制することで、アメリカの治安を維持することを目的としています。

持ち込める製品についてのTSAの見解

2018年の農業法の改善により、麻に含有するTHC(テトラヒドロカンナビノール)の量が極めて低い麻・大麻誘導体が規制対象から削除されました。

麻の中でもマリファナと呼ばれる麻は依存性の高い成分であるTHCをおよそ10~15%含んでいます。

それに対して、麻の中でもヘンプと呼ばれるものはTHCの含有量が極めて低く、こうしたヘンプは規制対象から外されました。

ヘンプから抽出されるCBDにはTHCのような依存性がなく、身体への害が少ないとされています。

現在のTSAによる見解において、医療用のマリファナ、THCの含有量が0.3%以下の製品、FDA(アメリカ食品医薬品局)が承認しているCBD医薬品(Epidiolex)の3点が持ち込み許可とされています。

FDA(アメリカ食品医薬品局)とは?

前述でFDAが承認しているCBD医薬品という内容がありましたが、このFDAがどのような機関かを簡単にご説明します。

FDAは「Food and Drug Administration」と正式には呼ばれています。

FDAでは食品、医薬品、動物薬、化粧品、医療機器などの安全管理を行う機関で、CBD医薬品のような薬を承認審査する部分をCDER(Center gor Drug Evalutation and Research)と言います。

日本で言うところの厚生労働省に似た機関であると考えれば間違いないです。

検査で止められたときの準備

アメリカの場合は国から出された法律の他に、州ごとにも規制があります。検査が通った後でも、州によっては疑いを掛けられてしまう可能性もゼロではありません。

まずは予め自分が向かう州の情報を調べておくとよいでしょう。州ごとに様々な情報を掲載しているサイトもあります。
参考 United StatesNORML

アメリカのサイトなので、言語は全て英語ですが、英語が苦手な方でも翻訳機能を用いればある程度の内容は理解出来ます。

また、日本ではTHC医薬品もCBD医薬品も承認されていないので、CBDオイルなどの製品についての品質を疑われるかもしれません。

アメリカにCBD製品を持ち込む際、THCが0.3%以上含まれていると違法になってしまうため注意が必要です。その場で濃度までを厳密に検査されることはほぼ無いですが、その品質を証明出来るような分析証明書や品質保証書などを持参していると安心です。

その他に少々面倒ではありますが、行き先に予めネットで購入したCBDを直送しておくという方法もあります。

この場合荷物の中にCBDを入れる必要がないので、FDAの検査で疑われることは絶対にありませんし、送り主を調べればその通販サイトが許可を得た販売元であるかも確認が取れます。

しかし、長期間の滞在には向いていますが、短期間の旅行ではあまりお勧め出来る方法ではないでしょう。

なお、日本ではTHCが微量でも含まれていると違法になってしまう可能性があるため注意が必要です。

クルーズ船にはCBDやCBDオイルを持ち込める?

飛行機のCBDオイルに対する規制は、その国における法律によって決まるということがお分かりいただけたでしょう。

クルーズ船においても同様のことが言えます。

船の場合はクルーズラインによって持ち込みの可否が変わってきます。飛行機とは異なり、船によっては様々な国へ寄港することがあるため、飛行機以上に入念な確認が必要になります。

その場で瞬時に対応するのは困難なので、出発前に予め確認を行い、それに応じて適切な対処をしましょう。

CBDやCBDオイルを飛行機やクルーズ船に持ち込む際の注意点は?

ここまでの内容からCBDやCBDオイルは必ずしも持ち込めない訳ではなく、場合によっては可能であることをご説明しました。

前の章で述べたように、持ち込みが許可されている場合でも、持ち込む容量によって制限されている場合もあります。

また、航空会社や国によっては事前に申請が必要なこともあります。

加えて、確かに持ち込むことが可能な場合は多くありますが、CBDオイルにおいて一番厄介なことは国によって規制の仕方が異なるということです。

持ち込めるかだけでなく、到着国の法律に反していないかということもセットで確認しなければなりません。アメリカでは州によって規制の内容が変わってくることもあります。

自分では大丈夫と思っていても、思わぬ所に落とし穴が潜んでいるかもしれません。心配なときは迷わず公式に問い合わせたり、詳しい人へ聞いてみることをお勧めします。

決して自己判断で準備しないようにしてください。

せっかくの楽しい旅行をトラブルで駄目にしてしまう、出張どころではなくなってしまう、ということが無いようにしましょう。

関連文献