CBDやCBDオイルをへそから摂取?本当に効果がある?

CBDやCBDオイルをへそから摂取?本当に効果がある?

CBDやCBDオイルをへそから吸収させるPechoti Methodという方法があります。本記事では、Pechoti Methodのメリット・デメリット、効果的だと考えられている理由、やり方、効果があるのかなどを説明しています。また、CBDの他の摂取方法についても解説しています。

CBDやCBDオイルとは?

大麻草には、よく知られている2つの成分があります。

一つ目はCBD(カンナビジオール)と呼ばれる大麻草の茎や種子などから抽出する化合物。もう一つは、THC(テトラヒドロカンナビノール)と呼ばれる大麻草の葉や花穂から抽出される化合物です。

大麻草と聞くと多くの人は、人をハイにさせる作用や陶酔作用を持つ植物だとイメージするのではないでしょうか。

この有名な大麻草の精神活性作用は、THCから現れる作用です。THCは精神活性を持つことから大麻取締法でも規制されていて、THCを使用・摂取することは違法になっています。

それに対してCBDは精神活性作用が一切なく、安全性の高い成分としても有名です。CBDを使用・摂取してももちろん合法ですし、最近はCBDの健康効果や疾患に対する治療効果も注目されています。

CBDは現在様々な製品で販売されていていますが、特に人気のCBD製品は比較的容易に摂取できるCBDオイルです。

ただし、容易に摂取できると言ってもCBDオイルには添加物などが原因で独特の臭いがあることがあるため、それが原因で摂取しにくい人も中にはいます。

口から摂取しづらい場合に、CBDをへそから摂取する方法を試すことがあります。一体どのようにへそから摂取するのか、またへそから摂取してもCBDの効果が期待できるのかなどをこの後の項目で見ていきましょう。

Pechoti Methodとは?CBDをどのように摂取する?

Pechoti Methodとは、CBDをへそから摂取する方法です。

インド大陸の伝統的医学であるアーユルヴェーダによると、へその後ろにある臍帯の末端にはPechoti腺というものがあります。Pechoti MethodではPechoti腺からCBDを吸収させ、全身への効果を期待します。

Pechoti腺って何?何故Pechoti MethodがCBDを吸収するのに効果的なの?

Pechoti腺は、出生後に臍帯(いわゆる、へその緒)が切れた後も残っている腺で、すべての人間がもっているものだと考えられています。

Pechoti Method がCBDを吸収するのに効果的だと考えれれている理由は次の2つが挙げられます。

  • Pechoti腺が7,000万を超える神経や組織、臓器に繋がっていること
  • へその後ろを通る静脈が約72,000もあり、この静脈が胃や大腸、膀胱、脳などの様々な全身の臓器に繋がっていること

このようなことからアーユルヴェーダ医学では、CBDオイルをへそに塗るとPechoti腺を介してCBDが全身に素早く行き渡り、効果を発揮できると考えられています。

Pechoti腺からCBDオイルを摂取する方法

Pechoti Methodでは、基本的にはCBDオイルをへそに垂らして時間を置き吸収させる方法ですが、最も簡単な方法の一つとして丸めたコットンを使う方法があります。

まず、丸めたコットンにCBDオイルを少量塗布します。次にへその中や周りを少しマッサージしながら、へその内側にコットンを置きます。

コットンの位置が決まったら、コットンが動かないように、またCBDオイルの蒸発を防ぐために絆創膏や医療用テープでコットンを固定してください。

そのまま約20分座っていると、Pechoti腺がCBDオイルを吸収します。全てのCBDオイルが吸収されたらコットンを取り外して破棄しましょう。

Pechoti Methodは本当に効果がある?

アーユルヴェーダ医学ではPechoti Methodは様々な利点があり、効果的な摂取法だと考えられています。

しかし残念ながらPechoti Methodに関する十分な調査が行われていないため、エビデンスが乏しく、本当に効果があるかどうかは示されていません。

Pechoti Methodを使えばCBDの不快な味を感じないメリットがあるからと、地域によっては多くの人がへそからCBDを摂取していますが、一般的な摂取法ではありませんし、CBDの吸収率も舌下摂取に比べると低いことが分かっています。

おすすめのCBD摂取方法は?

Pechoti MethodがおすすめのCBDの摂取方法ではないことは分かりましたが、CBDを摂取する際、どの摂取方法を選べばよいのでしょうか。

CBDやCBDオイルの摂取方法の選び方は?経口摂取がおすすめ?CBDやCBDオイルの摂取方法の選び方は?経口摂取がおすすめ?

経口摂取、舌下摂取、経皮摂取、吸入摂取を取り上げ、それぞれのメリットやデメリット、どのような場面・目的に適しているのかを見ていきましょう。

経口摂取

経口摂取の最大のメリットは摂取方法が簡単なことです。

CBDのカプセルなら医薬品と同じように水と一緒に飲み込んで摂取します。また、CBD入りのドリンクの場合はそのまま飲めばよいだけですし、CBD入りのグミならば普通のお菓子と同じように食べればCBDを摂取することができます。

このことから、経口摂取は手軽にCBDを摂取したいときに適している摂取方法と言えます。

経口摂取のデメリットは、吸収率が6~20%と低いことです。そのため、他の摂取方法と同じ用量のCBDを摂取しても十分な効果が得られない可能性もあります。

舌下摂取

舌下摂取のメリットは、吸収率が13~35%と比較的高いのにもかかわらず、特殊な器具を使わずに摂取できることが挙げられます。

デメリットは、舌を持ち上げながらCBDを摂取になければいけないため、スポイトの位置やCBDの滴数が確認しづらく、摂取するコツをつかむまである程度の時間がかかることです。

ただし、舌下摂取に慣れてくると簡単に摂取することができるようになります。

舌下摂取は吸収率が高めであることから、CBDの治療効果を期待する際に用いられることが多いです。また、CBDをサプリメントなどとして普段使いする際にも適した摂取方法と言えます。

経皮摂取

経皮摂取は皮膚にCBDを塗布することで吸収させる方法です。たとえば頭皮に塗布することで頭皮の改善ができるなど局所作用を期待する際に用いられます。

他の方法と違い、全身効果は期待できないことがデメリットと言えますが、全身効果がないからこそ全身の副作用が出る可能性もとても低く、それが経皮摂取のメリットにもなっています。

吸入摂取

ベイプとも呼ばれる方法で、CBDリキッドを蒸気にして肺の毛細血管から直接CBDを吸収させる方法です。

吸入摂取のメリットは、効果が出るまでの時間が数秒~10分と非常に短いことが挙げられます。つまり、即効性を期待する際には吸入摂取が適していると言えるでしょう。

デメリットは、CBDを蒸気化するために電子タバコやアークペンなどのヴェポライザーを購入しなければいけないということです。

また、吸入する際は肺の毛細血管からCBDを吸収させるために息をある程度とめたり、10秒ほどかけて吐き出すなど、摂取するのに多少の慣れが必要だということもデメリットの一つです。